鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

なぜ櫻田にパントテン酸が効いたのか?及びその安全性

      2016/01/28

Pocket

パントテン酸の到着を心待ちにしている、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

えぇ、しばらくサボっていたので、ブログ再開に当たって慌ててポチるも、
個人輸入なので届くの時間がかかっているという状況です。
櫻田は効果が出るまでにタイムラグがあったので、クリスマスまでには・・。
#広瀬香美が「クリッスマッスま〜で〜には〜」と脳内再生中
#いやぁ、もう、早いもので年末ですね。。

さて、だいぶ前に健康ブログをオープンして更新をしていない櫻田ですが、
自分の健康について、ないがしろにしていたかも・・・と反省。
健康な身体あっての、美肌なのに!

と、ふと気になって健康診断結果を見てみました。そうしたら・・・・


■ 櫻田は脂質の代謝がちょっとダメらしい


脂質代謝:B(軽度異常:異常を認めますが異常は軽度で日常生活に支障はありません。生活習慣に注意して下さい)

Dまで行くと検査指示というレベルらしいし、
Bの中でも限りなくAに近い値ですが、
とにかく、脂質の代謝が上手く行っていないようです・・・・

なるほどっ!そうか、だからパントテン酸が効くのか?

もう、全部推測の領域の素人恐らくなんですが、
櫻田は脂質の代謝が若干上手くできていないので、
その脂質代謝を助けるパントテン酸が効いているのかと思いました。

つまり、脂質の代謝に全く問題ない方がパントテン酸を摂取しても、
なんら変化がないのかもしれません。

ということで、代謝側の努力はパントテン酸に頑張ってもらって、
そういった、脂質の摂取を食事で意識して行きたいと思います!
ドーナツ、ドーナツ食べちゃだめ!

いいことあるぞーーーぉっミスタドーナッツ!
https://www.misterdonut.jp/
#やっぱりオールドファッション派

お肉より魚、肉ならささみや胸肉等の脂質の少ないもの、を選ぶ。
揚げ物もできるだけ避け、砂糖も減らす。
ささやかな運動もまた始めました。

パントテン酸摂取再開に伴って、気合いが入っております。


■ パントテン酸って、ホントに、ホントに、大丈夫なの?


これからしばらく(1年〜)摂取を続けたいなと思っているのですが、
やはり、不自然なものを摂取するというのは、
ちょっと心配だったりするもので、
できるだけ公共機関のデータが欲しいなと思っていました。

(内閣府)食品安全委員会資料
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc2_hishiryo_water_vitamin_5_250129.pdf

#食品安全委員会HPはとても良いサイト♪
http://www.fsc.go.jp/

パントテン酸が飼料として投与され、それが蓄積してヒトに影響するか、
を調査するものなんですが、
パントテン酸の大量摂取の影響について、ラット等だけでなく、
人間についても記述があり(むしろそれがメインか)、参考になったので。

ストレス緩和及び白髪の予防に関する試験において、
10,000~20,000 mg/ヒト/日の用量で散発的な下痢及び水分貯留がみられた。


→こんな程度の影響だから、

すべての摂取源からの現在の摂取量を相当に上回る摂取が、
一般集団に対する健康のリスクとはならないことを示していると結論した。


的な欧州食品科学委員会の研究結果が引用されていたり、
まあ、パントテン酸大丈夫でしょ、っていう根拠がいっぱい書いてありました。

でももちろん、2gとか3gとか5gとか、そういう量を1年以上摂取したら、
ということは書いていないのでが。

ということで、このパントテン酸が届き次第、
今度は年末くらいまでもう少しグラム数アップで摂取してみたいと思います。


2016年1月版
パントテン酸コスパ比較〜何をどこで買うのがお買い得?〜

 - パントテン酸