鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

これまで毛穴に捨てたお金はいくら?2015年11月まで版

   

Pocket

もしもこの鼻の毛穴を、目視で一つ一つ数えられないレベルにしてくれるなら、
100万円払っても構わないわと憤る、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

本日は、この毛穴山脈を撲滅するためにつぎ込んで来たお金を、
改めて計算してみたいと思います。

あぁ、そのうちいくらが、山脈をより強固にするために使われてしまったのだろう。

■ ブログを始めるまでの〜2008年

まずは、このブログを始める前からの累積を計算しておきます。
自己紹介でもやっていますが、あれは脱毛なんかも入った美容全般だったので、
改めて、鼻の毛穴オンリーに絞ってみました。

>美容皮膚科関係:307,000円

みやた形成外科:30,000円(鼻だけDP5回、カーボン1回)
赤須医院皮膚科:180,000円(顔脱毛+α4回)
タカミクリニック:30,000円(スポッツピール鼻メイン2回)
渋谷美容外科クリニック:17,000円(毛穴お試しコース+ピーリング)

交通費でも結構掛かってるはずだし、他にも行ったし、
初診料とか、軟膏や塗り薬代ははしょってます。
ということで、安く見積もって+50,000円

>その他毛穴グッズ等:92,000円

毛穴すっきりパック30ケース(もっとかな)12,000円
シーバムクイックリムーバー5セット 15,000円
角栓吸引機(きれいなお姉さん系だったような)5,000円

母に買ってもらったCACの洗顔剤とか 30,000円
収斂化粧水とか、酵素洗顔とか、角栓取る系グッズとか、
埋める系化粧品とか、まあ、いろいろあるよね 30,000円

計:399,000円(税はよく分からない)

こう見ると、赤須先生の180,000円が突出しているのが分かります。
あそこはお金持ちとかモデル系の人が行く所だったのかなと、
(客層がそうだった)今になって思います。

自然な流れで二重整形もすすめられ、ドクターの紹介まで頂いたなぁ、そういえば。

■ このブログを始めてからの、2009年〜2015年

最初の3年間くらいは角質培養だったので、
化粧品はむしろ節約できていたし、病院にもかからず、お安く済みました。
培養で治ってたらよかったのになぁ(ため息)

美夏クリニック:103,750円

ピーリング〜トーニング、イオン導入 5回で61,950円
最初は単発 x 2回で、15,900円×2
+ジールやディフェリン等の薬代 5,000円くらいか?
さらに交通費とかその他もろもろ 5,000円

みやた形成外科:125,750円

ダイヤモンドピーリング 5回 x @5,000円=25,000円
ダイヤモンド&Gカーボンピール 5回 x @10,000円=50,000円
フラクショナルレーザー2回 x @20,000円 = 40,000円
115,000円+税5% =120,750円
さらに交通費とかその他もろもろ 5,000円

>その他:37,200円

パントテン酸購入 1,200円×6 7,200円
ビタミンC購入 5,000円
その他サプリメント 10,000円
イオン導入器 5,000円
導入用の成分や手作り化粧品材料系 10,000円

あとちょこちょこ皮膚科行ってるけど、アトピーのついでだったりするし、
ペリコーンも、まあ、食事療法だから普通に食費だし、まあ、こんなものかな?

計:266,700円

■ 毛穴対策総コスト:665,700円

これを多いと見るか、少ないと見るか、人それぞれかもしれません。
思ったより少なかったと一瞬思いましたが、60万よ、60万っ!
はあぁ、これで何が買えたんだろう・・ため息、はうぅ。

これで毛穴が小さくなった、遺伝に抗うことができた、毛穴に勝利した!
と言えるならば、納得もできるものですが、永遠のモグラ叩きよろしく、
いまだに角栓が毛穴からひょいひょいと顔を出すわけです。
櫻田をあざ笑うかのように。

domo#どもー♪

これだけの金額を毛穴に、いや、ドブに捨てたわけですから、
憤る気持ちを抑えろという方が、どだい無理な話というもの。

さらに言えば、汚毛穴の原因は爆裂する皮脂腺であり、
その根本原因はホルモンバランスの悪さ、そう、敵はホルモンにあり!

ホルモンが櫻田にもたらしている災難は毛穴に留まらず、
・生理不順(今まで何粒のピルを飲み、何本の注射を打ったのだ?)
・多毛(脱毛に軽く60万はつぎ込んでます、今度計算します)

まあ、トータルとしてざっくり130万円ほど掛かったと推測されるワケです。

さらに、汚毛穴による精神的負担や、機会損失←?、
必死でパイナップルローションを作った労力、
剃り忘れた時の恥ずかしさ等を勘案すれば、
その損害たるや、200万円を越えるに違いありません。

もしもこの鼻の毛穴を、フォトショ加工した女優さんの肌(化粧品の宣伝ポスター)のようにしてくれるなら、
200万円払っても構わないと改めて思う、櫻田こずえでした。

良い週末を〜・・・

 - まとめ記事