鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

今日の毛穴

   


2週間くらいじゃ何の変化もないよねぇ・・と思いつつ、
生存確認的に今日の毛穴をアップいたします、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今日も毛穴は元気です。

2016年4月24日の鼻の毛穴画像
201604242
201604241201604243


2016年4月24日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像
20160424
(一年前)
2015年4月21日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像20150421
うーむ。うーむ。何か変わっているんだろうか?
2013年はレーザー治療してたので、あまり比較にならず。
昨年比較に留めておきます。



最近思うのは、ディフェリンもパントテン酸も、
一時の気休めに過ぎなかったのかな・・・と、
考えたくもないのですが、考えてしまいます。

女子の美容あるあるは「一定期間使い続けると効果を感じられなくなる」
ですが、そういうものなのでしょうか?
あれは、飽きっぽい女子の浮気を正当化するため、若しくは、
コスメを何種類も買わせようとする業界が流布した都市伝説・・・。

2016年中はとりあえず飲み続けて塗り続けてみたいと思いますが、
ディフェリンは何と言っても「薬」なので、ちょっと心配。
皮膚科の先生に相談したら、怒られるな。



ここまで毛穴と戦っていると、もはや戦友のような感じで、
その存在に落ち込んでしまうようなことはもうありませんが、
ここまで来たんだから、絶対小さくしてからマイクを、
いや、マイクロスコープを置きたいよね。

でも、そんな目処は全く立っておらず、
やはり、80歳になっても潤沢な油田をさらして、
毛穴が、毛穴が!と、騒いでいそうな気もします。
もう、墓場まで持って行きますか。

数年前に密かに考えていたのは、
3枚ものの今日の毛穴をパラパラマンガにして、Youtubeにアップし、
毛穴が消えて行くパラパラマンガとして話題になり、激烈再生され、
ユーチューバーとして余生を左うちわで過ごす、
というプランだったんですが、企画倒れです、まったくもう。

そんなアホなことを考えている櫻田に、時折頂く、
「毛穴が汚くてつらかったけど、同じ位汚い人がいてホッとしました。」
みたいなメール、本当に嬉しいです。
大丈夫です、毛穴が汚くても人生楽しめます。

また、「櫻田さんより私の方が汚いです。」と言われると、
「絶対負けない!鼻貸しなっ!」って思いますけど、
見ず知らずの方からライバル視して頂いて、光栄です。
実際、櫻田より鼻の毛穴の汚い人、見た事ありませんから。

日本の、いや、世界の汚毛穴の基準として、
(若しくは、コンプレックスを個性に変えるポジティブ度)
1sk(イチサクラダ)が認定される日を夢見ながら、
今日の毛穴をアップさせて頂きます。


この本大好きだったのよねぇ。

 - 今日の毛穴