鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

アトピーが時折こんにちはする時のスキンケアレベルダウン〜メンソレータムAD〜

   


季節の変り目は肌ゆらぐもの・・・と、期待に応えて肌がゆらいでいる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

お前(肌)はトレンドに乗らなくていいっつーの。

と、最近アトピーがちょっと出しゃばって来たので、そのスキンケアについて(身体メインです)。

一生アトピー性皮膚炎は治らないと思っています。上手に手なずけて、仲良く生きていくしかありません。

通常時の身体のスキンケア

基本的に「取らない」スキンケアです。汚れや皮脂はほどほどに取ります。

・頭は湯シャン
「ノープー」という言葉を知らなかった湯シャン歴5年以上の櫻田の洗髪方法

・身体はタオルも石鹸を使わず、シャワーを浴びながら手のひらで撫でる。

頭皮、身体共に、べたつきが気になるときはDSRのジェルクレンジングを使います。石鹸より圧倒的に肌に優しいので。
#ボディーラインが出るそうなのでそれを首を長くして待ってます。コスパ悪いんで。

背中も手を使って撫でてます。

また、シャンプーとリンス、さらに強い石鹸やタオルゴシゴシを止めると、背中のニキビはなくなる可能性がかなり高いと思います。

で、入浴後は、

・軽く水気を取って、ヴェレダのオイル等をうすーく塗ってマッサージ
・踵と足の爪にアルガンオイルを摺り込んでシルク5本指靴下をはく


踵も角質って削ったり落としたりする必要は殆どないと思います。手のひらで少し擦るとか、タオルで拭くくらい。

それよりも、オイルをすっと染み込ませた方が、スベスベの踵を維持出来ると思います。(肌の強い方はガンガン削って頂いていいのだと思っています)

ちなみに、ワセリンより植物性オイルの方が肌に染み込んで、より滑らかになると感じて最近変えました。個人的な感想ですが。

「アトピー発症10秒前」の合図

具体的には、足のすねや太ももに、こんな2cmくらいの炎症ができ、痒くなるのがサインです。

すねには恒常的にポツポツとできるのですが、これが3,4ヶ所にできたら黄色信号です。


この炎症は大した痒さでもないのですが、ナウシカで言うところの羽虫で、この後王蟲がやってくる合図なんです(わかんねーよ)放っておいてはいけません。

よくよく肌を観察していると、肌全体が乾燥していることに気付きます。


バリア機能が肌全体で落ちている証拠で、今まで大丈夫だった刺激でも、簡単に炎症に繋がって痒くなります。

かくことで肌はさらにバリア機能を落とし、そういった炎症が肌に増えると、アトピー性皮膚炎の本領発揮で、免疫系がやたらとしゃしゃり出て過剰反応するようになるので、今まで大丈夫だった化粧品でかぶれるようになります。

お前ら落ち着け。

と、愚痴ってもしょうがなく、スキンケアのレベルダウンが必要です。

「アトピー発症10秒前」のスキンケアのレベルダウン

身体と髪の洗い方は一緒です。

ポイントは、皮脂の酸化も刺激になるので「落とす」作業のレベルは変えない、気になる部分はむしろ積極的に洗います。

もちろん刺激の少ない顔用のジェルクレンジングで。石鹸とか櫻田は超ダメ。バリアがさらに落ちて炎症します。

そして、身体の保湿として塗るものを、刺激になりやすく、さらに酸化しやすい植物オイル系や、オシャレで香りのするボディークリーム等は全て止め、身体の保湿は全てこれにします。

ロート:メンソレータム ADクリームm


 

非ステロイド系なのも嬉しい。(第二類医薬品で、副作用の可能性はあります)作用の詳しい説明はオフィシャルサイトで:メンソレータム ADクリームm


人生で軽く20個は買ってますが、問題を感じたことは櫻田はありません。むしろいつも「ステロイドを使う程ではないが、痒い」から救ってくれて、本当に感謝しています。

テクスチャはとても柔らかくて伸びが良く、ワセリンのように塗り広げること自体が刺激になることもありません。


 

すーっと肌に馴染んでくれます。べたつきも控えめですよ。全身すぐ塗り終わります。


そしてすごく嬉しいことに、超保湿してくれるので、これ一本で痒みと保湿のケアができるんです。超ラク!

通常、尿素入は苦手なんですが、これは大丈夫です。

さらに安い!(145g入で1,000円しません)そして、ドラッグストアや通販で気軽に買える!

なんか、メンソレータムADの宣伝記事になってきました(のでタイトルに入れた)が、通販で買って送料かけるより、近所のドラッグストアで買った方がいいと思います。

ただ、春夏は大きく取り扱っていなかったり、高かったりすることもあるので、冬に春夏分も買いだめておくことをお勧めします。
身体の保湿はいつもこれでもいいのかもしれませんが、痒くもないのに医薬品を使うのは良くないと思うので、痒みが消えて来たら、部分的な使用に留めます。

また、こういうものより、ヴェレダのボディオイルとかの方が「アガる」じゃないですか。薬を塗っているのか、化粧品を塗っているのかって、気分が全然違うと思います。


#お気に入りのハンドクリームは、保湿力より香りとパケ優先です。

短期間なら医薬品や無骨でも「効く」ことを重視するけれど、一生アトピーと付き合って行くことを考えたら「Quality of Life」も大切で、華やかなパッケージとか、香りとか、気分とか、そういうものも大切だと思うんです。

アトピーのせいでいろいろ制限したりストイックになり過ぎると、アトピーに対する嫌悪感が増して、人生を辛くしてしまう傾向があると思います。

(毛穴も一緒よ〜!汚毛穴のせいで行動を制限しちゃだめよ〜!)



ということで、延々と喋っていたら長くなってしまいましたすみません。

さて、ここでおさまってくれればいいんですが、さらに進行した時のアトピー発症5秒前合図や、その時の対処法についてはまた改めて書かせて下さい!

 

 - アトピー