鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

おでこの脂肪腫を手術で切除した件のQ&A★何科?病院選び等

   

Pocket

おでこの目立つ脂肪腫とおさらばしてとてもすっきりしたけれど、実はもう一つ不動のこぶを持っている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

#このおでこのこぶ(脂肪腫)は切除し、傷跡も殆ど残りませんでした。

こぶ取りじいさんを文字って、こぶ取りこずちゃんって打ったら「小太りこずちゃん」って変換されました・・・うるさいっ、今気にしてるんだっつーの。2017.04.01 (美人ブログ) 1ヶ月体重を量り続けた結果

で、不動のこぶは直径1cmくらいで頭にあるんですが・・・上手に撮影できず。

美容師さんにはいつも心配されたりびっくりされたりしますが、お医者さん曰く悪性の可能性は低いということで、放ってます。

さて、脂肪腫に関してしばしばお問い合わせを頂きます。気付いたらコブが出来ていて気になり始め、気になり始めたらすごーく気になっちゃう・・・んですよね。

素人ならではの視点ということで、あくまでご参考まで。

おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ1★摘出編
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ2★抜糸編
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ3★2ヶ月半経った
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ4★摘出2年後・傷跡や再発は?

1)何科にいったらいいですか?

「形成外科」をオススメします。

皮膚科の先生に「これは骨が変形したものです」と言い張られたことがあります・・・どこの科が専門というのは良く分かりませんが・・・調べる限り形成外科の先生が一番良さそう。

ちなみに、整形外科と形成外科は別もので、さらに美容外科との関係を表すと。

なんかいろいろかぶってると思いますが、こんな感じ?
#全て櫻田の妄想で、また、円の大きさに意味はありません。

・形成外科は主に体の表面や形の治療
異常や変形を治したり、失った機能や体の一部を新たに作る治療。
火傷や傷跡を目立たなくしたり、乳房切除後の再建、ほくろやイボ切除等。

・美容外科は形成外科の一分野

・整形外科は、骨、関節、筋肉などの病気の治療
歩く、座るなどの日常運動をする上で支障となる病気を治す。
骨折、打撲、ねん挫、腰痛などなど・・・。

で、脂肪腫は「形成外科」がいいっぽいですが、そもそも形成外科は整形外科から派生したとか、形成外科の治療も行っているとか、治療範囲が被ってるとかあるようで、口コミ等で整形外科がすすめられていたり、脂肪腫で外科から整形外科に回された、という話もあがっていました。

また、皮膚科でも(きっと)このような手術を得意とされる病院もあると思います。

さらに、形成外科は数が少ないそうなので、近くに無い場合は、皮膚科や整形外科に相談されてみては。

参考:
弘前大学病院 形成外科とは?
湘南鎌倉総合病院 形成外科・美容外科
Inami Clinik整形外科と形成外科の違いは?

2)放っておいても大丈夫ですか?

気付いたらいつの間にそこにあって、大きくならない系のこぶなら、悪性の可能性は低いそうで、切除せずそのままにしている方も多いそうですが、特に、急に大きくなるものは悪性の場合があるそう。

MRIで見ても良性か悪性か完全には結論できないらしく、組織を取って直接検査することが必要らしいです。

精神衛生上も、まずは病院に行って見てもらうのがいいと思いますよ。

ちなみに、脂肪腫は保険適用(健康保健に入っていれば3割負担等で済む)ので、自費(美容目的などの治療で全額負担)ではないので、費用の面でもそれほどビビらなくて大丈夫だと思います。

料金について参考になる:しむら皮膚科クリニック(グロ画像若干注意)

櫻田は、塗り薬や痛み止め、術後の受診料も含め、トータルで15,000円も行かなかったと記憶しています。

参考:
日本形成外科学会:脂肪腫
東京逓信病院:脂肪腫について
日本クリニック:脂肪腫について
AllAbout脂肪腫とは何かを医師が解説!脂肪の塊の手術方法

ちなみに、切除を検討しているなら、早めをオススメします。なぜなら、脂肪の固まりが入っている分皮膚が伸びているので、その伸びている期間が短い方が、元に戻った時のダメージ(シワになっちゃうとか)が少ないからだそうです。少しずつ大きくなっている場合、傷もそれだけ大きくなりますしね。

3)顔のすっごい目立つところにあるんです(泣)

櫻田の場合、ある形成外科の先生にこんな提案をして頂きました。

おでこの真ん中に傷が残る可能性が怖いなら、おでこの端を大き目に切って、そこから器具を使って脂肪腫を取るという方法もあります。

もちろん、その分、血管や神経を切ってしまうリスクは高まりますよ。でも、傷跡はおでこの端なので、髪でほぼ隠れます。


なるほど、いろいろやり方がありそう。

形成外科の先生って、こう、人のコンプレックスみたいなところ(顔のパーツのや手の先天的な形の異常や、失ってしまった乳房の再建等)を、職人的な技術でどうにかしてくれるスーパーマン、ってイメージがあり、天職の方なら、なんかこう、闘志が涌くというか、こんなのもある、こうもできるって、提案してくれるんじゃないかなと、勝手に期待してます。

ということで、まずはお医者さんに相談だ!

4)傷は絶対残したくないんです

お気持ちは分かりますが、傷が絶対残らないと言える手術なんてないです。櫻田は結果として殆ど残らなかったというか、傷跡消えたと言って良いくらいだと思いますが。

「僕がやれば傷は残りませんよ。」(ニヤリ)

って言う医者だけは信頼しない方がいいと思います。その上で、納得行くまでお医者さんとお話し下さい。

櫻田脂肪腫レポの抜糸編にて、傷跡が残りにくい裏技をご紹介してます。これも傷跡がなくなるわけではありませんがご参考まで。

5)どうやって病院を選びましたか?

素人の我々が病院を選ぶって、すっごい難しいいですよね。情報が無さ過ぎる。脂肪腫限定の口コミなんてそうそうないし。

まずは「形成外科」ならある程度大丈夫というか、もう、正直判断のしようがないと思います。

敢えていうなら・・・

・手術の件数が多そうな所が良さそう

お医者さんの国家試験をパスしたから、形成外科医だから、肌の縫合が上手なのではなく、経験を重ねるからこそ上手になるものですよね。

そういう意味では、手術数とかそういうの競ってそうなイメージがある(ドラマの見過ぎか)、大学病院の形成外科が一番と思いましたが、大学病院の形成外科医の知り合い曰く「脂肪腫は形成外科医にとっては朝飯前的な手術だよ。」とのこと(私を安心させようとしてくれた意図もある)それって「風邪で大学病院に行く」的な雰囲気なのかな(とは言われていないが)とちょっと思いましたが、顔の目立つ位置なら是非堂々とこだわってください!

なお、大きな脂肪腫の場合は手術に全身麻酔が必要なので、小さな病院に行くと、大学病院等を紹介されるそうです。

で、個人のクリニックでも、形成外科を掲げていて、手術系の治療案内などある、手術得意そうと感じられれば良いのではないかと思います。何だよそれ・・・ふわっとしててすみません。

先生のブログがあれば、手術好きですとか、今日はオペが多くてとか、そういうことも書いてあったりしますよ。マジで。

・美容系の女性患者多い所(敢えて言うならば)

特に、あなたが女性で顔回りの場合、我ら女性特有の無いものネダリや、医者からしたら「どうでもいい」ようなことに拘る心理を理解し、その扱いに慣れている先生の方がいいと思います。

でも逆に、チャラいレーザー(すみません)とかヒアルロン酸注入とかしかやっていなくて、切ったり縫ったりが得意でないお医者さんでも困るので・・・。

特に美容皮膚科で、手術は二重くらい、というところはあると思いますので、労をいとわないのであれば、2,3件回ってみても良いと思います。

櫻田は、当時通っていた美容皮膚科が形成外科でもあり、先生は業界でも有名な方で、手術の経験も豊富そうで、相談したら脂肪腫朝飯前ですって感じが伝わって来たので(笑)、その形成外科知人のお墨付きもあり、みやた形成外科・皮ふクリニックの宮田先生にお願いしました。(個人医院で手術は全て宮田先生が担当されるはずです。)結果はレポートの通りです。

脂肪腫治療をアピールする形成外科もありますので「脂肪腫・形成外科・お住まいのエリア」などでググってみて下さい。



以上、ご参考になれば!

#素人櫻田の個人的な推測で書いているので、ほんと、まずは病院でお医者さんに相談して下さいね!

 - 脂肪腫摘出