鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴に良いファンデ:ミネラルファンデ5

      2015/10/30


ミネラルファンデ研究所所長、櫻田こずえです、ごきげんよう。
ちょっと言ってみたかっただけです、所長って。

本日ご紹介いたしますのは、前回シルクパウダーで紹介した、
etvos (エトヴォス)エトボスじゃありませんからね。
MMUとスキンケアの【etvos】

ここのグッドなポイントは、
・200円位でサンプルを取り寄せることができる!
・単品買いが気軽にできる。
・MMUで問題視される、オキシ塩化ビスマスが入っていない。
ベアミネラルには入っている)
オキシ塩化ビスマスは刺激がある場合があるらしい。
(立派な天然素材だそうですが、天然だからと言って安全とは限りませんよねぇ。)

・これまたMMUで問題視される、ナノ粒子は使用されていない。
(一部使用、ベアミネラルもナノ粒子不使用らしい)
ナノ粒子は肌のバリア機能をすり抜けて体内に入り、悪さをする可能性あがるらしい。
(しかし、現代社会はナノ粒子に溢れているらしい。排気ガスとかプリンタートナーとか。)

ググればいくらでも情報が出てきますが、それを素人が判断できるわけないし、
その情報は、誰かが意図的にその人の得になるように流されてるわけだし。
いろんな立場の人の情報を仕入れたら、自分の肌に聞いてみるしかないです。

でね、櫻田がここ最近鼻に炎症を起こしているのは、ひょっとしたらオキシ塩化ビスマスのせい?
いや、最近甘いものヤケ食いしすぎだからだろ、、、と、少し悩んでいます。

で、etvosは オキシ塩化ビスマスを含まないので、いいかなと。

サンプルで取り寄せたものの一部です。
etvos.jpg
分かりにくいですが、一番右端のシルクパウダーを下地に、
右から2番目の、ルースミネラルファンデーション#3を使いました。

■塗布前
etvos_before2.jpgetvos_before1.jpgetvos_before3.jpg


■シルクパウダー
etvos_silk2.jpgetvos_silk1.jpgetvos_silk3.jpg


■ファンデ塗布後
etvos_after2.jpgetvos_after1.jpgetvos_after3.jpg
ひっひどい。ひどい毛穴落ち。。。。
なんか、もう、いやになる。ベアミネラルも、etvosも、どっちも変わりない気がします。
ベアミネラルにはオキシ塩化ビスマスが入っている分、艶がある感じかなぁ。

ここで問題になるのが、etvos にはコンシーラーがないことです。
で、実はベアミネラルのファンデとコンシーラーって、成分一緒なんです。
成分表示の順番が違うから(入っている量が多い順に書くルールがある)、
配合割合が違うだけなんですね。

サマービスク:酸化チタン、酸化亜鉛、マイカ、オキシ塩化ビスマス、酸化鉄
ファンデ:オキシ塩化ビスマス、酸化亜鉛、酸化チタン、マイカ、酸化鉄

はい、ということで、etvos のファンデをベアミネラルのコンシーラーブラシで、鼻の毛穴に塗りこめてみました。
conseal.jpgけっこうコシがあるブラシです。

■etvos のファンデを鼻の毛穴に塗りこめる。
etvos_double2.jpgetvos_double1.jpgetvos_double3.jpg
これがどうして、結構いい感じなのよ、奥様。

■参考:ベアミネラルのサマービスク(コンシーラー)を塗りこめる。
silk_conseal3.jpgsilk_conseal1.jpgsilk_conseal2.jpg

毛穴カバー力はベアミネラルのサマービスク(コンシーラー)の方が上です。
赤みや色ムラをカバーする能力も高い。
でも、心配な成分が入っていなくて、ファンデとコンシーラーと両方買う必要がないって、
魅力的だと思うんですよね~。

ちなみに、etvosにも、コンシーラーブラシがあります。


ただ、会社のお昼休み、ちょっとげっそりしました。
サマービスクを塗りこめたときより、ヨレがひどい。。。
カバー力を捨てて薄めに塗るか、マメな化粧直しが必要かな。。。原点1。

うーん、一長一短。

あとね、ミネラルファンデって、くすみやすいと思うんです。気のせいかな。。。
だから、少し明るめの色を買ったほうがいい気がします。
etvos はサンプルを取り寄せられるからいいですね。
普通なら買わない明るい色のファンデが、ちょうど良い気がします。

しかし、鼻の毛穴を塗りこめるときは、白鼻になっちゃうので要注意です(笑)

とりあえず今日はこんなところで、おやすみなさい★


 - ファンデ探し