鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴の紫外線対策:日焼止め実践編2

      2015/10/29

Pocket

週末=カメラ君に会える で浮足立ってる櫻田こずえです、皆様ごきげんよう♪

で、今朝日傘をさして歩いておりましたら、日差しの方向、右斜め前に構え過ぎ、

前方視界不良でそのまま電柱に激突しました。


さて、5回目となる紫外線特集。

タイトル名から、計画的な長期連載でないことが推測されます。

基礎編、具体策編、実践編と、3回で終わらせようとしたんですが。。

5/23 毛穴の紫外線対策:基礎編
5/26 毛穴の紫外線対策:具体策編
6/1 毛穴の紫外線対策:日焼止め編
6/5 毛穴の紫外線対策:日焼止め実践編


日焼け止め実践編(1)では、
 1. 外出は通勤程度のOL,やお買物程度の主婦の方の日常編。

をお届けしましたが、書き切れなかった以下2つの場合についてお届けします。
 2. 日傘、帽子を着用できない場合の外出編。
 3. 海や運動、テーマパーク等でのアウトドア編。


■ 2. 日傘、帽子を着用できない場合の外出編。

忍者のように、日影を選んで、にんにんっと移動するという方法もお勧めですが、
若干見苦しいので、いい女、いい男である皆様には不向きです、はい。

日傘や帽子を着用できないということは、大抵化粧直しも難しい事が多いので、
パウダーだけでは落ちやすく、お勧めしません。

日焼け止め下地+日焼け止め入りパウダーorファンデで櫻田は対応しております。
下地が落ちにくく、さらにパウダーでさらさらお肌が保てますから、ベスト♪

数値としては、SPFは15-20弱、PAは++で十分だと思いますが。

 塗る量を厚めに
 下地とパウダーのコンボで
 できる限り塗り直し



・日焼け止め下地

化粧下地、乳液タイプの日焼け止めのポイントは、塗る量と頻度です。
前々回もこの表を出しましたが、SPF20からSPF30になったからといって、
紫外線を防ぐ強さが1.5倍になるわけではありません。

SPF.jpg
また、SPF値の検査をする時の標準塗布量と、私達が塗布する量は、かなり開きがあるそう。
1平方センチメートル当たり2mgが標準だそうですが、かなり白くなる量だそうです。
白浮を恐れて、薄く塗り過ぎては、日焼けしてしまう。。。うーぬー。

薄過ぎれば紫外線錯乱剤が均一に肌をカバーできず、紫外線を防ぎきれません。
白浮きが気になるなら、ルースパウダーではなく、色つきのファンデを重ねましょう。
気持ちだけでも違います(笑)

今年はおなじみ、24hファンデ(ナチュラルピュリファイ)の下地を買いました。
SPF15 PA++


去年買って使ってたのは、廃番になってしまってWeledaの日焼け止めと、
こちら、パックスナチュロンの日焼け止め。

なんてったってアーイドール、いやいや、安い!Yeah!
SPF15 PA++
こちらは、定価だけど送料無料だから、お得!


これらの下地と以下のパウダー類を合わせて、紫外線さらし度に合わせて調整しましょう。

 パックスナチュロン or 24hの下地 +

Level1.
 セリサイト+α(前回紹介したコーンスターチや、オーガニック系のパウダー)
 #ちょいUVBを遮る能力が低いので、注意。
追記:セリサイトの紫外線防止効果は、何も付けないよりはマシ程度です。

Level2.
 前回ご紹介したSPF15 PA++のミネラルファンデ or 24hファンデ

Level3.
 さらにSPFが強化されたSPF25 PA++ミネラルファンデ

SPF25 PA++


酸化チタンや亜鉛はやっぱりやだなと思われる方は、
下地はWeledaのクリーム等にしておいて、
上からUVカット効果のあるファンデ等を重ね、まめに塗り直すのが良いと思います。
下地にUVカット効果がない分、上のSPF25位のミネラルファンデ位が良いかもしません。


■ 3. 海や運動、テーマパーク等でのアウトドア編。

これは、ウォータープルーフ、SPF30~、PF+++、ウォータープルーフに頼りましょう。
こまめに塗りなおすって、言葉ほど簡単にできるものではなく、
灼熱の太陽の下では、注意一時間、シミ一生、ということにもなりかねません。

折角の海デートが、真っ白オバケになったらダイナシというのであれば、
紫外線吸収剤入りの白くならないタイプだってアリです。

その分いろいろな刺激が肌を襲いますが、紫外線よりマシ、
さらに、真っ白オバケで積極的になれないよりマシだと櫻田は思います。


ところで、櫻田は海やプールに10年以上行っていません。
もちろん、ドライブして海を見て、とか、BBQならありますが、
水着を着て海に行くのは、多分、高校生以来。。。。うぅ。。

7月にはカメラ君と南の島に旅行なので、
今からあれらの処理や、水着の購入やらなんやらで、頭が一杯ですが、
ベストな日焼け止めも探し中なので、見つかったらまた記事にします。

今のところのターゲットは以下。


水に塗れたら一発アウトなんだけど、タウンでのお買い物には、これに注目。

ミネラルファンデで SPF50(PA+++)!!

ミネラルのみでコーティングし、ナノ粒子不使用だそうで、
白っぽくなるし、口コミだと毛穴落ちもするそうだけど、、、使ってみたい。


これに、成分良好派大絶賛の、この日焼け止め下地をセットで使いたい。
SPF25 PA++

合成界面活性剤を使わず、レシチン乳化。合成ポリマーもナノ粒子も、

合成防腐剤も紫外線吸収剤もなし。なのに、白くならずべたつかないそうです。

しかし、高いな。。いいものは高いのだよね。。。

------

明日から週末はカメラ君の家だから、ちゃんと記事書かなきゃって、、、思っていたら、
今メールが入って、体調があまり良くなくて疲れているから週末は一人でいさせてって。

しょうがないって頭では理解できても、心が駄々をこねていて、涙が出てくる。。

ネガティブな妄想まで、むくむくと湧いて来て、
スパイラルにはまってしまいそうだ。。

いやいや、彼の体調をまず考えてあげようよ、櫻田、子供じゃあるまいし。。

そして、折角の自由な週末なんだから、
図書館にこもってお肌の勉強したり、ショッピングしたり、
おいしい朝ごはんを食べに行ったり、読みたかった本を読もうよ、ね!!

はぁぅ。。。


 - 毛穴の紫外線対策