鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴のために運動をしよう1

      2015/10/29

Pocket

忘年会シーズン突入で体重が気になる今日この頃、

皆様ごきげんよう、櫻田こずえです。

身体のラインを保つために必須の運動、実は肌のためにもとっても重要です。

でも、それってなんでだっけ?って思ったので、少しまとめてみました。


■ 毛穴のために運動が必要な理由

角質培養について以前整理したことがありますが、
2009.04.30 毛穴人生を角質培養に賭けてみる宣言

この認識については今も変わりはありません。
スキンケア(以下のAに当たります)をしているだけではダメで、
身体全体として健康にならないと、肌も健康=美しくならない、と。

なぜなら、皮膚は独立したものではなく、
皮膚は身体の一部である臓器として役割を持ち、生きているからです。

★角質培養4つのアプローチ★

A)角質を守る
 A-1.刺激を減らす。
 A-2.刺激から守る。

B)角質を育てる
 B-1.栄養を与える。
 B-2.新陳代謝を上げる。



B-2の新陳代謝を上げるを更に分解すると。
 B-2-1.血液、リンパの流れを良くする。
 B-2-2.規則正しい生活を送る。

となりますが、B-2-1のために必要なのが「運動」です。

 肌が育つための栄養は、口から取ることが必要。

 口から取った栄養は消化され、血液に乗って肌へ運ばれる。
 不要なものは、リンパ、血液に乗って運ばれる。

 血行が良いと、栄養分の供給、排泄がスムーズに行われる。
 血液の流れが良くなると、消化器官にも栄養が行きわたり、
 元気になった消化器官は、さらに栄養をよく吸収する。

 血液やリンパの流れは筋肉の収縮によって行われ、
 筋肉は運動することで鍛えられる。

あら、運動しなきゃ。


■ 有酸素運動か無酸素運動か

物凄く簡単に言うとこういうことになるそうです。

・有酸素運動=脂肪を燃やす

長時間ゆったりと続けるような運動。例えば、水泳やランニング、ウォーキング等です。
脂肪を燃やす効果のほか、心肺機能が強化される効果もあります。

・無酸素運動=筋肉を作る

瞬発的な運動。例えば腕立てふせ、腹筋、背筋、スクワット等。
筋肉をつけることができ、基礎代謝を増やす効果もあります。

また、有酸素運動の後に無酸素運動をするのが良いと言われています。

無酸素運動をすると、成長ホルモンが大量に分泌され、身体に蓄積された体脂肪が分解され、
血中に「遊離脂肪酸」という形で放出されます。

血中に放出された脂肪酸は、有酸素運動により燃焼されやすくなります。
つまり有酸素運動における体脂肪燃焼量を増やすことが出来るということだそうです。

しかし、有酸素運動の代表格であるウォーキングだけでも筋肉は鍛えられます!

正しいウォーキングは、腹筋、背筋、全身バランよく鍛えてくれます。
心筋の強化は血液の流れを直接的に上げてくれますしね。

何もしないより、ストイック過ぎて運動が嫌になって続けられないより、
ラクに楽しく続けられる運動をするのが良いと思います。

ま、無酸素運動系の筋トレが嫌いだからしたくないだけなんですが(笑)


■ 運動がもたらす効果

・身体を内部からあたため血行を良くする。(有)
・自律神経を安定させる効果があるので、質の高い睡眠、冷え性の予防になる。(有)
・肌の修復やコラーゲンの生成を高める成長ホルモンの分泌が活発化される。(無)
・運動によって心肺機能が高まると、血液の循環がよくなる。(有)
・筋肉が増えて基礎代謝量が多くなり、熱を生みやすい体になる。(無)

なんだか運動する気になるような記述を拾ってきて、
有酸素・無酸素運動どちらが大きく貢献するかを付けてみました。
若干風が吹けば桶屋が儲かる的なものもあるかもしれませんが。。


ところで、皮膚は排泄器官であって吸収器官ではありません。
皮膚の栄養は食物からとるものです。

ビタミンCが皮脂分泌をコントロール、的な効果はあるのかもしれませんが、
肌の正常なターンオーバー、肌が育つために必要な栄養は、肌からは補えないのです。

ちゃんと食事を取って、適度な運動をすれば、
その栄養分を肌まで行き届かせる、健康な身体と肌を得ることができます。


ということで、次回は櫻田の具体的な運動プログラムをご紹介します。
プログラムって言うほどのことではありませんが。。。


 - 毛穴体内美容