鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

お誕生日ステイレポ

      2015/11/10

Pocket

37歳になった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

結末だけサクッと知りたい方は、「続きを読む」を押して、一番下から読んでください(笑)

毛穴の話は一切出てこない、櫻田こずえの誕生日レポです。


今年のお誕生日ホテルはこちら。
インコチに決めた理由は、クラブフロアが充実しているから。
普通のお部屋の倍くらいするけど、
birthday201110.jpg↑この空間でドリンクも常に飲み放題だし(セコイw)、滞在時間も長い。
ペニンシュラとほぼ同額で迷ったけれど、なるべく長くいたかったのでこちらに。

お誕生日前日は美容院行って、エステ行って、買い物して、チェックイン。
(この時点で疲れ切ったw)

友人をクラブフロアに招いてシャンパンを3杯呑んで酔っ払いつつ、
(一人も二人も同じ値段で、二人で予約してあったので。)
20時からはお部屋で一人の時間。

birthday20114.jpg広くはないけど、清潔で贅沢な空間。

birthday20111.jpgお部屋から東京タワーが見えました♪

birthday20112.jpgbirthday20113.jpgあぁ、切ないチビ櫻田。

ひとりホテル滞在の一番の目的は、都会のいい女を気どりたい、というのが本音だけれど、
建前上は、36歳の一年を振り返りつつ、37歳からの人生を妄想してこの一年に落とし込むこと。

birthday20119.jpg
このノートに、昨年と同じフォーマットで、いろいろ書き込んで行きます。
ひとりの空間で長く時間を取らないと、最近の小さなことに心を囚われてしまう。
心を開放するには、この1日がとっても大切なのです。

その中に「1年で最も感謝した5人」を挙げる項目があるのですが、
そこに「毛穴ブログを読んで下さる方々」をランクインさせて頂きました。
カメラ君に振られた時、壊れそうな自分を支えてくれたのは、間違いなく皆さまなのです。

いつもそこにいてくださって、ありがとうございます!!!

指差したところに皆さまへの感謝の気持ちを書きこんであります。
ちなみに、1番はやっぱりバッハ君です、えへ。


birthday20115.jpg朝ごはんはバイキングでしたが、サケを見ると、からだが反応してしまい、大量にゲット。
しかし、炭水化物もとりまくりりました。ケーキ、ブリオッシュ、クッキー etc….

来週はまたストイックペリコンします(笑)

birthday20116.jpg
クラブフロアから見下ろした風景。
ちょっと流行った「ミニチュアに見える」写真。クリックすると拡大されます。

来年はペニンシュラか、念願のパークハイアットに泊まるぞ!


そして、誕生日当日。
近所で働く毛穴友達(笑)とランチをした後、ホテルに迎えに来てもらって、向かった先は、、、、

birthday20118.jpghttp://www.lecringinza.co.jp/lecrin/

うふふ☆高級フレンチの大御所、レカン♪

一般市民な二人は、四丁目交差点からミキモトのビルを地下に降りるまで緊張しっぱなし(笑)
でも、一流メゾンはそんな「おのぼりさん」な二人も、とてもあたたかくもてなしてくださって、
お料理も、お酒も、会話も、雰囲気も、リラックスして愉しむことが出来ました。

レストランを出てからしばらく歩いて振り返ったら、まだお店の方がお時儀をされていてびっくり。
「また来たくなるお店って、こういうお店のことを言うんだね。」ってバッハ君がぽつり。

結局プロポーズはありませんでした。
でも、このお店で誕生日をお祝いしてもらって、ほんと幸せだなーって涙が出てきました、隠したけど(笑)



ホテルでの夜、誕生日になった瞬間に、バッハ君は電話をかけて来てくれました。
電話なんてかけてくることはほとんどないし、メールもほぼ事務連絡しかない彼。

#注意 以下いつもの妄想劇場フォーマットですが、これは妄想ではなく現実です。

 バッハ もしもし、こずちゃん? お誕生日おめでとう!

 こずえ 嬉しいーーーーーっ★ どうして電話かけてきてくれたの?

 バッハ こずちゃんも僕の誕生日にそうしてくれて、とても嬉しかったから。

 こずえ わーーーうぅ。。嬉しいーーーっ☆

ちゃんと覚えていてくれて、自分がされて嬉しかったことを私にもしてくれたことが嬉しい。
やたらと喜んでいると、さらに畳みかけるように。

 バッハ 喜んでくれてよかった。こずちゃんを喜ばせることが僕の人生のタスクだから。

バッハ君は言葉少なめだし、「女性が喜ぶツボ」を心得ていない(笑)
だからこそ、彼の言葉は、彼が本当に思っていることであって、ウソがなく彼そのものなのだ。

彼の「愛してる」は、永遠に続く安らぎや安心であり、
それを惜しみなく与えようとする思いやりなんだなって感じました。
自分の感情ありき、ではなくて、相手への思いやりが先に来る、愛。

そんな愛に包まれて、とても幸せで充実した誕生日になりました☆
プロポーズなかったなぁ、残念だったなぁって、ちょっぴり思うには思うけどね(笑)
ステーキ上司にも報告せねば。

ということで、大方の予想通り、Road to Ring はまだまだ続きます(笑)

 - お誕生日ステイレポ