鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴と頭皮とシャンプーと

      2015/10/29


本日はノーメーク。本日はノーメーク。

脂漏性皮膚炎がぶり返して来た櫻田です、皆さま、ごきげんよう。


今回は、鼻の頭と、手指の毛が生える部分! あと、いつもおなじみ眉毛。

そこだけ赤くなって、炎症ばりばりと起こしています。ほんとやっかいですねぇ。

まぁ、誕生日前後に美味しいモノを食べまくったのと、

月曜日にウォッカを飲んで踊りまくったのがいけないのでしょう。。。反省。

ということで、なぜかシャンプー特集。


■ 顔の皮膚も、鼻の皮膚も、頭皮も、一枚皮。

そうそう、そんなこと言ったら、全身で畳2枚分の一枚の皮なのです。
洗顔剤は肌にやさしいものを、、、とこだわっておきながら、
シャンプーはマ○モトキヨシの詰め替えで一番お得なやつ!では、切ない。

シャンプーには毛嫌いされる、いわゆる合成界面活性剤が入っていますが、
だから絶対悪者という訳ではありません。
まずはそれぞれの特徴を捉えて、自分の髪質や整髪剤の使用料、
好みに合わせてベストな洗髪剤を探すべしー。

ちなみに、顔の皮脂テカには洗いすぎや擦り過ぎがいけないと分かっているのに、
頭皮は別モノとばかりに、ゴシゴシやり過ぎ、皮脂とり過ぎていませんか~?
頭皮だって同じ肌ですからね。

だいぶ前にもまとめましたが、洗髪剤の種類をまとめてみました。

櫻田流にマッピングすると、こんな感じ。
shampoo.jpg#大変非常に櫻田の感覚値です。クレイだって種類があるし。


■ 洗髪剤の種類

・湯シャン

はい、お湯ですすぐだけです。
洗顔もお湯洗顔派の方がいらっしゃるのと同じですね。
櫻田はどうしても耐えられないのですが。。。

良:刺激成分が一切入っていない。コストゼロ。
悪:頭皮がべたつく。整髪料が落ちない。夏場は臭いが。

参考:秘密の化粧品
http://himitsu-cosme.com/archives/2007/03/post-14.php
↑怪しいタイトルですが、必見です!読んで損なし!

・小麦粉シャンプー

小麦粉を水に溶かし火を加えたもの、を頭皮に塗ってマッサージするタイプ。
湯シャンより頭皮のべたつきが減ります。

小麦粉に水を加え練っていくと、「グルテン」が形成され、
その、結着性、乳化性、抱脂性辺りが、皮脂や汚れを落とす力になっているようです。
ま、小麦粉ノリみたいなものです。

良:刺激成分が入っていない。コスト安い。
悪:やはりべたつく。整髪料が落ちにくい。臭い。作るのが面倒。

参考
フケに毛穴に小麦粉シャンプー1.作り方(お鍋編)
http://keananobaka.com/blog-entry-157.html
毛穴のためにも小麦粉シャンプー(電子レンジ編)
http://keananobaka.com/blog-entry-246.html


・クレイシャンプー

様々な種類の「クレイ」、いわゆる土を、水に溶かして頭皮に塗って流すタイプ。
小麦粉シャンプーより頭皮のべたつきが減り、
髪もさらさら(クレイの種類に寄る)になります。

クレイですから、擦らないようにしてます。
また、吸着作用が高いので、あまり置き過ぎないよう、櫻田は1-2分です。

良:刺激成分が入っていない。
悪:コスト高い。慣れるまで難しい。お風呂が汚れる。

クレイといえば、ガスールですよね。

ちなみに、櫻田が使っているクレイはこちら。送料無料時を狙えば、相当安い!
Now Foods, European Clay, 5 lbs (2268 g) iherbで$32.22
http://www.iherb.com/Now-Foods-European-Clay-5-lbs-2268-g/611?at=0&l=ja
モンモリオナイト100%なので、ガスールとほぼ同じくらいの吸着力らしいです。

こちらで写真つき使用ガイドと、お得な個人輸入ガイド書いてます。
http://import.sakuradakozue.com/now-foods-european-clay-iherb/


・アミノ酸シャンプー

洗浄剤にアミノ酸系界面活性剤が使われているもの。(これも合成シャンプー)
純粋にアミノ酸系のみのものと、石油系と混ぜているものとあり、カオス。
洗浄力がおだやかなのですが、なかなか泡立たない。だからと言って使い過ぎればNG。

製造会社の腕次第では、ほんと、良いシャンプーが出来るのでしょうね。

ちなみに、泡を作る容器を使うといいですよ。

櫻田は石鹸シャンプーよりは、アミノ酸シャンプー(生協の安いやつw)の方が、
荒れ方が少なくて、よかったです。

良:洗浄力がおだやかで刺激が少ない。
悪:コスト高め。泡立ち悪く、使い過ぎる傾向が。ベタつきが若干残る。


・シャンプー(いわゆる普通の)

洗浄剤に合成界面活性剤が使われているもの、とか、まあ、ほんと、いろいろ。
シャンプーは汚れを落とすのが主目的。
やけにしっとりするのは、シリコン等が入っているから?
汚れを落とせれば、それでいい。余計なことはしなくていいんです、シャンプーは。

普通のシャンプーを止めたら、背中のニキビが治った、
髪の生え際のニキビが治った、ということもよくあるようです。
後でリンスの話もしますが、リンスもしない方が、良い。

良:バラエティ豊富。きめ細な泡立ちが良く、使用感がなめらか。
悪:肌に刺激となるものが多い。


・固形石鹸

脱脂力が強く、アルカリ成分が刺激となる人もいるが、すっきりして気持ち良い。
界面活性剤ではなく、石鹸成分が洗浄剤となることから、
肌に悪い成分が含まれていなくて人気ですよね。

やはりここは、赤星先生にお世話になったので、ぺたり。
写真付きのやさしい石鹸生活ガイドです。
http://www.akaboshi.com/eco/sekken-shasinkan/shanpoo/index.html

櫻田はアルカリ成分がやっぱり気になるので、
サッポーの石鹸を使います。
サッポーピュアマイルドEX

sappo2.jpg


石鹸のクセに超マイルドなのは、アルカリの刺激を抑えてあるから。

皮膚が丈夫な方なら、普通の石鹸でよいと思いますよ。
身体を洗うのに使っているのは、なるせのせおと、です。


・ねば塾 なるせのせおと
肌が健康なら全身これでOK。200円だしまずは買っとけ(笑)
【送料380円】ねば塾 なるせのせおと 180g



良:安い。合成界面活性剤が入っていない。
悪:刺激が強い。


・液体石鹸シャンプー

櫻田の大好きな皮膚科のおじいちゃん先生は、液体石鹸禁止派です。

石鹸の分類には脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムとがあって、
カリウムはあんたには刺激になるだろうから、ダメだと言います。

 脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)固形や粉の石けん
 脂肪酸カリウム(カリ石けん)液体の石けん

しかし、ネットで調べると、
カリウムよりナトリウムの方が肌に優しいという記述は確かにあるが、
ナトリウムよりカリウムの方が肌に優しいという記述も同時にある。
さらに、肌への刺激は製法や脂肪酸の種類で決まる、との記述も。うーん。

櫻田のアトピーの起爆剤になったかもしれないシャンプーは、液体だったし、
なんとなく、避けていますが、根拠はこんなものです。

良:安い。合成界面活性剤が入っていない。
悪:刺激が非常に強い。





まだ洗髪についてはお話したいことがあるので、また次回♪


 - 小麦粉シャンプー/頭皮