鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴に優しくしっかり落とす:クレンジング研究4

      2015/10/29


小麦粉シャンプーの研究を進めております、櫻田こずえです。

手作り系はどこか宗教がかってて、なんか嫌だな~と思っちゃうのですが、

これが肌に良いという実感があるので、しょうがない!


ところで、最近ある料理家の本を読んでいたら、

 パスタを茹でた水は取っておいて、お皿を洗うのに使う。油汚れも落ちるんですよ。

などとおっしゃるじゃないですか。そうだよなぁ、パスタ=小麦粉=吸着成分あり、だし。


----------------

小麦粉に含まれるでんぷんやタンパク質なんかがゆで水に出てくるんです。
サポニンという界面活性剤の一種も出てくると言われることもありますが、
小麦粉のサポニンはよく分かっていないようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/yasashii/diary/201103080000/

↓料理好き櫻田、目からウロコ!そういう理由でゆで汁を入れてたんだっ!

界面活性剤が、水と油を結び付けてくれるという性質を利用して、
パスタソースを作るときにも、ゆで汁を少し加えることで、
パスタとソースがじょうずにからみあって、料理も美味しく出来上がるそうです。
http://www5.famille.ne.jp/~zerbina/pastafan/pastabeginers/pbeginer2_16.html

----------------


やっぱり小麦粉シャンプー、色々使えそう♪ 

ということで、クレンジング実験してみました。


■ 小麦粉シャンプーdeクレンジング実験

用意したもの。
komugii1.jpg#落ちない口紅は次回。
いつものメンバーですね。

小麦粉シャンプーの作り方:
http://keananobaka.com/blog-entry-246.html

そして、いつも通り腕にファンデとアイシャドウを塗り、クレンジングを置きます。
komugii2.jpg

くるくるなじませます。それぞれやさしく20回位なでました。
komugii4.jpg

ぬるま湯でこすらずがーっと流して(5秒位)ティッシュで拭き取った後。
komugii5.jpg#手でなでながら流したら、もっと落ちると思います。

以下の順番で落ちました。
 サッポー
 小麦粉シャンプー
 マルティナ

やっぱりマルティナ落ちない(笑)
写真で分かりにくくて申し訳ないのですが、アイブロウの残り具合でも顕著に分かります。

そして、小麦粉シャンプー、落ちるんですね。若干ですが。

ミネラルファンデ等の軽いメイク+ノンケミのアイブロウ、チーク等だったら、
肌の調子が悪い時、角質培養を頑張りたい時は、
石鹸はやっぱり皮脂を奪い過ぎるので、小麦粉クレンジングも良いかもです。

部分メイクが濃い時は、ホホバオイルをコットンに垂らして乗せる→ぬぐう→小麦粉、
というのも良いかもしれません。ああ、それも実験すればよかった。。。

実際に使ってみたいのですが、ホホバオイルが必要な程、最近メイクをしないので、
さらに実験を重ねてみたいと思います。


★小麦粉クレンジング★

1.乾いた顔に小麦粉シャンプーを乗せる

小麦粉シャンプー作り方:

ポイント:
固めに作って、使う時は軽くあったかい状態だと、
肌に乗りやすいし、汚れも落ちやすいと思います。熱いのはダメですよ!

2.肌をこすらないようにくるくるする。クレンジングと同様です。
  超敏感肌なら、そのまま乗せて2,3分待って洗い流すのも刺激がなくて良さそう。

3.ぬるま湯で洗い流す。乾燥が気になる方はお水で。

→お肌しっとり♪


★朝の小麦粉洗顔★

朝は洗顔に界面活性剤を使うか否か、非常に迷いますよね。。。
特に乾燥が激しい秋~冬は悩みます。

 界面活性剤を使う(洗顔フォーム、洗顔、クレンジング剤)→皮脂落とし過ぎ。
 お水・ぬるま湯だけ→酸化した皮脂が落とせない気がする。

その答えがこれだーーーーーっ!小麦粉洗顔っ☆

穏かな吸着作用で、皮脂や汚れを落としつつ、つっぱらせない。
吸着作用といえば、クレイが有名ですが、あれは粒子が粗いし吸着作用が強い。
小麦粉洗顔は、刺激を与えないお手入れの最終兵器な気がしてきました。

ちなみに、いつも実験で最下位のマルティナも朝洗顔に向いていると思います。
でも、マルティナ高いんだもん。。。リピするか悩み中です。
香りも良いし、ハーブ成分が合えばアンチエイジング効果も期待したいし。。


ちなみに、使い方は小麦粉クレンジングと一緒。
季節によって温度を変えて使うと、気持ち良いかもしれませんねぇ。





ところで、いろいろと実験を重ねていて気付いたのですが、

当たり前といえば当たり前なんだけれど、石鹸とクレンジングでは得意分野が違うんですね。

ミネラルシャドウみたいな粉物は、石鹸の方が良く落ちるし、

落ちない口紅みたいなケミ&油分多めは、クレンジングじゃないと落ちないよう。。

そこらへんの事も実験したのですが、うまく写真が取れず。。。


自分のメイクに合わせて、「最低限のクレンジング」をすることが、

角質培養、肌を育てるには大切なことだと思います。

そこらへん、まだまだ実験を続けて参りますね☆


しっかし、小麦粉シャンプー、ニオイが嫌だ。。。ここも研究の余地アリですね。


 - クレンジング