鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴に効くのか?ビタミンC大量摂取.3

      2017/02/07


まだまだひっぱるビタミンCのお話しです。
気になる副作用や「過剰」の問題点と、ビタミンCの選び方。

異常な摂取方法ですから、どこか身体に負担をかけることになると思います。
やり過ぎには注意して、自分の体調と相談しながら、
お医者さんと相談しながら、が望ましいです。

■ ビタミンC大量摂取懸念点

今回はネットで流布している怪しいものも、拾ってみました。
とにかく、異常な方法なので、そのことを念頭に置いて欲しいのです。


・お腹を下しやすくなる。それも、かなり。


ビタミンCの大量摂取は、前回も申し上げましたが、お腹を下しやすくなるそう。
結構激しいピーになられている方もいらっしゃるようですよ。
お腹を下す=栄養がきちんと消化・吸収されない、ということですし、
日常生活にもさし障ると思います。

少量から始めるようにして見て、緩下症状が現れた摂取量未満で、、
個人の適正摂取量を決めるのが良いと思います。

櫻田は非常に胃腸が弱いので、その点いろいろ気を使ってビタCを選んでいます。
また後でお話ししますね。

・一旦摂取を開始したら、突然止めてはならない。

ビタミンCの大量摂取は、そもそもお肌のためではなく、
免疫機能が増強されることにより、あらゆる病気の抵抗力が付く、
っていうことで開発されたものです。

突然止めると、高く保たれていた免疫機能が突然落ちるので、
風邪をひきやすくなったり病気になりやすくなる、という意味のようです。

ホントかな。。。と思ったりしますが、
確かにどんな「急激な変化」も身体にとってはマイナスだと思うのです。
体内の栄養バランスが突然変わるって、、、、
導入も少しずつの方がいいのかもしれませんね。


・腸内ガスの発生が増します。


櫻田もそんな気がしています。
腸がごにょごにょして、よく喋って、バッハ君に笑われています。
余分なものを身体に入れるから、それを分解する腸での排泄物=ガスが、
増えるのかいなと思っています。

その分オナラも増えた、かな?
かな?程度です。

・ビタミンC摂りすぎると、葉酸不足になります。

葉酸
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/folic_acid.html

わざわざこれをサプリメントで摂る、
ということまでしなくていいかなと思っています。

ただ、こういうふうに知らないところで身体に変化が起きているかもしれません。
バランスを崩しちゃうんでしょうね。

■ 天然VS合成

ビタミンを手軽に摂るのにサプリメントは便利ですが、
やはり天然のものと比較した場合、全く同じ効果があるとはいえません。
実際野菜不足で肌荒れを起こしている人がビタミン剤だけを摂っても、
あまり改善されません。

(吉木先生:スキンケア基本事典)

ビタミン全般であり、ビタミンC限定のお話しではありませんが、
サプリメント信仰に対する、適切な警笛だと思います。
何かにハマる時は、逆の意見にも耳を傾けることがとても大切だと思います。
私たちって、劇的な効果を期待して、極端なものに飛びつきがちなので。

ちなみに、櫻田の栄養状態は大変良いので、(自炊・和食メイン・野菜豊富)
ビタミン剤を摂ったところでね、、、という気もしてましたが。。。
大量摂取、効く気がしてます。

で、ビタミンC限定だと、こんなことらしいです。

先生:まず飲む話をすると、ビタミンCに関しては天然も合成も一緒です。
ビタミンBやDは単一の物質ではないけれど、
合成で作ったものは単一のものなので、
天然に比べると効果が落ちるということはあります。

医学博士高岡先生とスキンケアトーク.2
http://keananobaka.com/blog-entry-425.html

ふんふん。ここでさらに、

質問 ビタミンCについて、天然か合成かで何か違いはありますか?

回答 まず、天然と合成の製法を簡単にご紹介します。
天然では、ビタミンCを多く含むローズヒップ(バラの実)
などを素材としてつくられています。

合成では、グルコース(芋・とうもろこしのでんぷん)を素材とし、
微生物の働きを利用することにより、
天然のビタミンCと化学構造が全く同じ物になります。

したがって、アスコルビン酸(ビタミンCの化学名)は、
天然と合成で、その吸収率や生理作用・薬理作用および副作用に
違いはないと言われています。

大塚製薬ホームページより
http://www.otsuka.co.jp/health/vitamin_qa/vitamin_c.html#02

ほっほー。
天然も合成もどちらでも良さそうな気がします。

■ 粉か固めたやつかカプセルか

固形の方が持ち運びに便利だし、飲みやすそうですが、
カプセルはそのカプセル自体、
固形物は固形にするための添加物が入っています。

大量摂取をするということは、
そのビタミンC以外のものも大量摂取することになります。

もちろん身体に安全なものが使用されていると思いますが、
大量摂取というのは、メーカー側の想定を超えて摂取する訳ですし、
その点、粉末だと純粋にビタミンCなので、若干安心かなと思います。

そこら辺、メリットデメリットを考えて選びたいですね~。


■ タイムリリース型


ビタミンCなどの水溶性栄養素は、摂取後2-3時間で排泄されてしまい、
体内に貯蔵しておくことができないので、こまめに摂ることがポイントです。

高岡先生曰く、2時間おきがよいと。↑から納得ですよね。

でも、2時間おきに摂取なんて、面倒くさくて続かなそう。。。
という、ズボラな私や貴方にぴったりなのが、タイムリリース型。

ビタミンCを特殊な混合基材と混ぜ合わせて、
数時間かけて吸収されるようにした処方のことです。

日本では薬事法等の関係なのでしょうか?
日本製のタイムリリースビタミン剤を見たことがないです。

■ どうやって選ぶのか

櫻田的ポイント

・粉末or固形orカプセル

粉は面倒だけど、固形やカプセルは携帯も摂取も楽チン。
その代わり、固形やカプセルは添加物が含まれている。
粉は計るのも面倒だしな。。。

・お腹にやさしいか

まずは「弱酸性」に調整されていると、胃腸にやさしいそうです。
調整されているものは、ほとんどがそれを「ウリ」にしているようで、
表記がなければ「強酸性」のものかな、、と、櫻田は判断してたりします。
詳しくは問い合わせるなど、ちゃんと調べましょう!

そういえば、すっぱーっていうのは「酸」ですよね。

また、タイムリリースは酸性のビタミンCが一気に胃腸に届くのを防ぐため、
お腹にやさしいと言うことができると思います。

結論:弱酸性&タイムリリースでお腹を守る!

・バイオフラボノイドが入っているか

バイオフラボノイドとは
バイオフラボノイドは、ビタミンPとも呼ばれるフラボノイド(野菜や果物から発見された水溶性の植物色素)の一種です。
フラボノイドは、カテキン、ルチン、イソフラボン、アントシアニンなど知られているものだけで400種類以上あります。

バイオフラボノイドの効果
バイオフラボノイドは、老化や様々な病気の原因である活性酸素を除去してくれる抗酸化物質です。
ビタミンCといっしょに摂ることでビタミンCの酸化を防ぎ、吸収を助けてコラーゲンの再生にも重要な機能を果しています。
また毛細血管を強化し、血液の循環やコレステロール値を安定させます。

サプリメント屋さんからのコピペなんで、アレなんですけど、
http://www.australiakara.com/australiakara/htm/vitamin/bioflavonoids.htm
なんか働いてくれそうじゃないですか!
ま、サプリの説明って、どれも!!!って思うんですけどね(笑)

引っ張りすぎてすみません。
次回は具体的なビタミンC購入ガイドです。早めにアップします。

毛穴に効くのか?ビタミンC大量摂取.1 (08/12)
毛穴に効くのか?ビタミンC大量摂取.2 (08/15)
毛穴に効くのか?ビタミンC大量摂取.3 (09/01)
毛穴に効くのか?ビタミンC大量摂取.4 (09/04)

 - ビタミンC