鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

      2015/10/29

Pocket

今週は出ずっぱりで更新できてない櫻田こずえです、皆さまごめんなさい。
しかし昨日、友人のお医者様を介して有名美容皮膚科医に人脈ができましたっ!
インタビューをさせてもらおうと画策中ですっ、頑張りますっ!

で、今回から、シリーズで深く考えてみたいと思います。

「毛穴の黒ずみつまりに本当に効く方法はあるのか。」

もうずーっとこのブログやってるから、
ほぼ毎日毛穴のこと考えて生きてるわけですよ。

なんで毛穴って赤ちゃんの頃は見えない位だったのに、
広がって詰まって汚くなるんだろうって。
そして、どうすればきれいになるんだろうって。


やっぱり黒ずみやつまりを取ることは対症療法に過ぎません。
つまりを取る事で毛穴が小さくなるなんて、なるんだったらとっくに小さくなってます。
また同じように詰まるだけです。
黒ずみやつまりを取っても何の意味もないというより、
肌を痛めてさらに毛穴を広げる原因になるだけです。


角栓ばかりに心を捕らわれていてはいけません。
毛穴に詰まっているもの(結果)ではなく、毛穴自体の異常(原因)を治さなくては。

とにかく広がった毛穴を小さくしないと始まらない。
そして、小さくするには、大きくなった原因を洗い出さないといけない。

現在毛穴界(笑)で主流となっている「角化異常」を原因とした上での、
櫻田の毛穴がデカくなった原因あれこれをぎゅっとまとめてみました。

ミクロの視点で肌の外から「原因」を考えると

毛穴が広がる原因は「角化異常」
角化異常の原因は様々な「刺激」
最も大きな刺激は「酸化した皮脂」
さらに「紫外線による酸化」「過剰なお手入れ」
そして、それらの刺激を受けやすい「肌の弱さ」も原因


マクロの視点で肌の内側から「必要なもの」を考えると

毛穴が広がる原因は「角化異常」
正常な角化には口から摂る「栄養」が必要
それを肌まで届けるために
「消化器官」「血管・血の巡り」の正常化が必要
さらに ホルモンバランス・精神状態も加えた
身体全体の健康が必要。


あー、また、バランスの取れた食事・運動・睡眠・ストレスのない生活、
とか言う、平凡で全然ツマラないお説教ですか?(笑)

現在、櫻田はこれらの「原因」をできるだけ排し、
「必要なもの」をできるだけ取り入れるようにしています。
状況は少しずつですが良くなって来ていますが、
毛穴が「フラット」になるには、まだ時間がかかりそうなのは、
「今日の毛穴」ファンの皆さまならご存じだと思います。

201208261.jpg

そこで美容外科のレーザーに頼ることも常に考えていますが、
それが本当に、10年スパンで考えて肌に良いことなのか未だに結論できず、
結論できないならやって皆さまに結果を見てもらうのが一番かな?
とも思っています。

レーザーは根本的・永続的な解決はしてくれません。
上に挙げた「原因」ある限り、それは繰り返されるからです。
尊敬する宮田先生も、1回やればそれでよしではなく、
継続的に施術することが必要だとおっしゃっています。

また身体・細胞は、一度覚えた状態をなかなか元の状態にしてくれないよう。
傷口と毛穴の角化異常は次元が違うお話しかもしれませんが、
傷口は何度ターンオーバーを繰り返しても、凹凸が残ります。
同じように、無理矢理一度フラットにしても、
角化異常の伝統は受け継がれるのだと思うのです。

じゃあ、スキンケアだけなら、もっと難しくね?
うぅ~ん。。。お金もないしなぁ。。。

レーザーをやった場合と、レーザーをやらない角質培養の場合。
こんなに単純には言えないけれど、こんなんじゃないかなーって、
どっちも経験している櫻田は思ったりします。

kireikitanaikyokusen.jpg#曲線じゃなくて直線じゃん

でも、レーザーをやることは、やっぱり肌にとっては不自然。
ホントに右肩上がりなのかなーって思います。

でもでも、美肌限界値っていうのも、櫻田はあると思うんです。
角質培養では、持って生まれた美肌度以上に、キレイにすることはできない、
っていう悲しい限界値の妄想です。

美肌限界値理論と角質培養
http://kakushitsubaiyo.com/blog-entry-18.html

kireikitanaikyokusen2.jpg
自分の美肌限界値は低そうなので、
だったら、積極的にレーザーしたほうが良い気がします。

いやしかし、ずーっと信じていた幅広足が、実は幅狭足でトラブっていた、
ということもあるのだから(最近の櫻田実話)、
自分の肌の美しくなろうとする力はまだ活かし切れていないのかも。

いやしかし、レーザーで限界値を超えられるかといえばそうではなく、
どんどん良くなるのではなくて、
やってもやっても限界値に戻ってしまうのかもしれない。

いやいやしかし、結婚式も控えているので、
ここはイッチョ無理矢理フラットにしたいところです。

ということで、これから数回は櫻田教授の毛穴授業が続きます。
なぜ角化異常が毛穴を大きくしているのか、その原因、正常な角化に必要なものを、
一つ一つ詳しく紹介して参ります。

夏の自由研究発表会ですよ、9月ですし。
この前の「毛穴を小さくするためのスキンケア」の徹底解説編です。
凝り性の方、一緒に考えましょうw☆

合間に今日の毛穴や恋する毛穴も挟んで参りますので、
しばらくお付き合いくださいませ。


 - 毛穴論/毛穴情報