鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

角化の異常の原因と対策.2

      2015/10/29

Pocket

毛穴に悩む全国津々浦々の乙女の皆さま、毛穴のデカさなら誰にも負けねー、
ご存じ毛穴アイドル櫻田こずえです、ごきげんよう。

本日も毛穴研究発表会です!

毛穴が広がる原因は「角化異常」
角化異常の原因は様々な「刺激」
最も大きな刺激は「変質した皮脂」
その他、「紫外線」「過剰なお手入れ」
刺激を受けやすい「肌の過敏さ」も原因

毛穴が広がる原因となる「角化異常」の、
主な原因である「変質した皮脂」をどうにかしたい。

前回は「皮脂」そのものを減らせることができれば、
「変質した皮脂」の量も減らせるよね、というお話しでした。

今回は、「皮脂が変質するのを防ぐ」ことができれば、
「変質した皮脂」の量を減らせるよね、というお話しです。




皮脂は優秀な天然のクリームですし(汗と混ざって乳化してるんです)、
お肌の表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を絶妙にコントロールするという、
肌にとって大切な成分なんです。

でも、それが様々な理由で変質してしまうと、
返って肌に悪さをしてしまうので、その「変質」を防げばいいんですね。


■ 皮脂の酸化を防ぐ

・紫外線対策をする

皮脂と言わず、肌の細胞を酸化させる諸悪の根源は紫外線。
徹底的に紫外線から肌を守って下さい。
紫外線を浴びた皮脂は、あっと言う間に酸化して、
肌の刺激物質になってしまいます。

かと言って、SPF値の高い日焼け止めを一年中塗り続けるのは、
別の意味で肌を刺激し、むしろ毛穴目立ちを悪化させます。

正しい紫外線対策を!

さらに、紫外線は真皮層のコラーゲンも破壊しますから、
表皮を支える肌の弾力が衰えて毛穴がより目立ち、さらにたるみ毛穴を作ります。

とにかく美肌になりたかったら、紫外線は徹底的に防ぎましょう。

毛穴の紫外線対策
http://keananobaka.com/category/ultraviolet


・抗酸化物質を塗る

ビタミンC、アスタキサンチンなどの抗酸化物質を塗る。
抗酸化物質ってなんだろうなーとぼやっと考えていたら、
高岡先生が「他のモノが酸化する前に自分が酸化して、酸化を防ぐんです。」

へぇーーーっ、納得。
皮脂が酸化する前に、身代りで自分が酸化してくれるとな。

しかし、サッポー先生曰く、効果はそれほど持続しないし、
その影響力は全体の2%に過ぎないらしい。
その2%よりも、紫外線を防ぐことに全力を注げと!

ま、2%に期待して塗ってます(笑)


・抗酸化物質を摂る

食べることでも抗酸化の力を発揮することができますが、
これは、皮脂云々というよりも、皮膚の細胞そのものの酸化を、
防ぐという形になるのでしょう。

鮭やブルーベリー、パプリカ、ブロッコリーなどの、
抗酸化物質を多く含む食品を積極的にとり、糖類や炭水化物などは控えめに。

また、ビタミンCなどの抗酸化物質を、
サプリメントで手軽にとるというのもありですね。


■ 皮脂の遊離脂肪酸が悪さをするのを防ぐ


皮脂の中にある不飽和脂肪酸(主にオレイン酸)が、
角化細胞内の炎症系サイトカイン濃度の上昇をもたらし、
このことが毛穴周囲の角化異常をを引き起こしていると。

そんなお話は毛穴フェチの皆さまなら、
どこかで読んでいらっしゃると思います。

2012年3月の「ためしてガッテン」でも取り上げられた、資生堂の研究結果ですね。

ためしてガッテン「毛穴の目立つ人必見!キレイに消す最終ワザ」
http://keananobaka.com/blog-entry-431.html

で、その不飽和脂肪酸が悪さをするのを抑える効果がある、
「グリシルグリシン」を使う、という手があります。

効果が出るのは、何度もターンオーバーを繰り返した後だろうな。。
速攻性は無いと思います。

なぜなら、グリシルグリシンは、毛穴が角化異常を起こす原因の一つである、
皮脂の刺激を防ぐ効果があるだけで、毛穴そのものを直接小さくするとかいう、
なんとなく私たちが勝手に期待している効果はないと思うからです。

真面目な皮膚科医のサイトを見てみると、辛抱強く続けることが大切と書いてあり、
即効性がないことを示唆しています。
適当なコピーや体験談に踊らされないようにしましょう。

「肌を引き締める効果がある」ということが、
グリシルグリシンの販売サイトに書いてありますが、
ウソではないけど、風が吹けば桶屋が儲かる程度に考えた方が良いと思います。

そうなんです、化粧品のコピーはウソは言っていないんです。
しかし、ほとんどが知識のない私たちの勝手な妄想、早ガッテンですから、
批判している暇があったら、正しい知識を身につけましょう←櫻田

ちょっと否定的なコメントが続きますが、しかし櫻田は使ってます(笑)
アミノ酸の一種なので、特に刺激もないし、安いし、辛抱強く使えば何かあるかなーと。



■ 変質した皮脂はきちんと取り除く

皮脂が悪さをする前に、取り除いてしまえばいいんです。
しかし、例えば3時間おきに洗顔をしていたら、肌の保湿成分が奪われ、
カッサカサになり、肌は過敏になってあらゆるトラブルを招き、
さらに毛穴は開くでしょう。


・12時間置きの適切な洗顔

1日2回を最近どこも提案しているように思います。
そして、皮脂の変質を最小限に留めるためにも、
偏って長い時間皮脂を放置しないよう、12時間おきに洗顔、がベストです。

朝7時に洗顔したら、夜7時に洗顔、、、、ってまだオフィスにいたり、
居酒屋でビールを飲んでいる頃でしょうが。

「洗わない」系ケアがやり過ぎ美容のアンチテーゼのようにちょいちょい流行りますが、
やはりこちらも度が過ぎる=洗わなさすぎると肌には良くないように思います。

なぜなら、皮脂やほこりなどの汚れは、やはり肌に刺激になり、
やはりきちんと取り除くべきだと思うからです。

特に皮脂分泌が盛んだったりすると、
お水だけの洗顔等では刺激物質を取り除けないと思います。
もちろんそれでOKの方も沢山いると思いますが。
(=皮脂分泌の少ない方、肌が非常に痛めつけられ弱っている方等)

もちろん皮脂の取りすぎ、界面活性剤の使い過ぎは問題ですが、
どちらにも行き過ぎないように。


・「適切な」あぶらとり紙やティッシュの使用

サッポー先生も太鼓判を押して下さったので安心しましたが、
あぶらとり紙を使用して皮脂を拭うこと自体は問題ありません。
問題なのは、何度も言いますが、その取り方!!!

親の敵を取るがごとく、ぎゅーごしっ、ぎゅーごしっとしていれば、
当然肌に刺激となり、これまた角化異常を促進しますよ。

あぶらとり おすな こするな のせるだけ:1
http://keananobaka.com/blog-entry-464.html

あぶらとり おすな こするな のせるだけ:2
http://keananobaka.com/blog-entry-466.html




ところで、肌、特に、皮脂分泌の多い鼻周辺、炎症してませんか?
毛穴自体、毛穴の周りが赤くなってません?

炎症は肌にとっては緊急事態。角化の亢進が大いに進みます。
次回はそんな「肌の炎症」と「毛穴」についてお話ししたいと思います。

ちなみに、毛穴研究の仕上げに、じゃあ具体的にどうすするか、
何を買うかどれがいいか、櫻田は何を使っているかをまとめますので、
少々お待ちくださいませ~。


 - 毛穴論/毛穴情報