鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

櫻田がみやた形成外科皮ふクリニックを選んだ理由

      2015/10/29


> 色々クリニックに行かれたようですが
> 今何故宮田クリニックに 落ち着いたのですか?

という質問を頂いて「あ”ーーーっそれいい質問っ!」と興奮した、
宮田先生ファンの櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

では、またいつもの通り、しつっこく、回りくどく説明しますが、

 主観:お人柄が信頼できるから
 客観:その道で一流っぽいから

我ながらアンニュイな回答ですが、
えっと、主観的に見ても客観的に見ても信頼できると判断したからです。

今回レーザーに踏み切ることを考えたとき、
Gカーボンピールでも、スポッツピールでも、フラクショナルでも、
どれでもいいと思うけど、宮田先生がGカーボンと言うから、それを選択しました。

毛穴治療でコレが絶対!というコンセンサスが無いのは、
毛穴が広がる原因が人それぞれとか、肌質がどうのこうので、
合う合わないがあるからだとは思いますが、
一番の原因は「効果も似たり寄ったりだから」なんだと思います。
そもそも効果が出る仕組みとしても、似たり寄ったりで、
えぇ、さらに言ってしまえば、効果はどれもあまり芳しくない・・・・(涙)

では、回りくどい説明、スタート!





クリニックを選ぶとき、その施術内容で2つに分けます。
まずは「安いとこでもいいのか、高くてもいいから信頼できる所を選ぶのか。」

・古くからある方法でどこでも受けられる施術
・リスクが低い施術

→どちらも満たす場合は安いところで受けます。
 リスク=ダウンタイムと考えて頂いても良いかと思います。

・比較的新しい施術、または限られたクリニックで受けられる施術
・リスクが高い施術

→どちらか一つでも該当する場合は、
 高くても「信頼できる先生のクリニック」を選びます。

G-カーボンピーリングは、限られたクリニックで受けられ、リスクが高いです。





その「信頼できる先生のクリニック」を選ぶ理由や基準をお話します。

■ 「信頼できる感じ」はなぜ必要で、それをどう判別するのか

医者のやることは、素人にはよく分かりません。
どんなに勉強しても調べても、本当の仕組みの部分は良く分からない。
だから、自分がしてもらった施術が本当に成功なのか、正しいのか、最適なのか、
素人は結果を見て判断するしかないけれど、それも他と比べることはできない。

ホームページで施術内容を見た位では、何も分からない。
先生に説明を聞いたって、理解できたとか言うより、儀式みたいなもの。
仕組みまできちんと理解することはできません。

だから、この施術がいい!とかいう素人の判断なんて役に立たない。
良く分からないけれど、悪いようには絶対しないよね、という意味で、
医師としての信念があるな、という「人」にお願いしたいんです。

化粧品も一緒です。成分見たって素人が判断できることなんてたかが知れてます。
だから、信頼できる人が作る化粧品を使いたいのです。



美容外科は結構儲かるらしい?=儲けたい人が集まって来る?=金儲け主義かも?

儲かる、は、勝手な推測ですが・・・
医者も商売人です。大きな病院なら売上目標があったりするかもしれません。
個人の病院なら、家や病院のローンが残っているかもしれません。
経営者ならなおさら、売上が気になるはずです。

高いレーザーを使い、その場限りで成果を出して両者丸くおさまっても、
長期的な視点で見て、適切でない処置というのもあるかもしれません。

だから「全面的に信頼できる人」に「全面的に託したい」のです。
「価格」よりも「病院の知名度」よりも「HPの充実度」よりも、
「人」「人柄」「誠実さ」「正直さ」が優先です。



これはもう、著書を読んだりブログを読んだりしつつ、
実際に会いに行って話をするしか、それを知る方法はありません。

大手美容外科のキレイな女医さんのブログ、
この人にお肌をお任せしたいなとは思えません。ゾッとすることも多いです。
美容雑誌に出て来ることと同じようなことを言ってるような、そんな女医さんはご免です。
美容雑誌、あれは、我々の肌のために存在するのではなく、
スポンサーである化粧品会社やクリニックが商品を売るために存在しています。

また、過度に期待をさせるような、煽るような表記をするところも避けます。
最近の流行り言葉を使ったキャッチコピーや、
美人モデルが沢山出て来るようなサイトも、避けたくなります。

一方、患者さんに厳しいことを言うような先生は信頼できると判断します。
櫻田がマゾというのもありますが、その筆頭は京都のあいこ先生ですね。
厳しいから正しい、ワケではないと思いますが、一度お会いしてみたいものです。

美容外科開業医の独り言(宮田先生ブログ)
http://ameblo.jp/miyatakeisei/
美容医療とは人間愛!だそうです。

京都四条 あいこ皮フ科クリニック 院長ブログ
http://www.aiko-hifuka-clinic.com/mt/

美夏クリニックブログ
http://mika-clinic-blog.com/

リスクを最大限に開示すること、効果には限界があることを明確に言うこと、
患者の努力も求め、甘い夢を見させるようなことはしない。
HPの施術例の写真に悪意を感じないもの
(施術後は光がキレイに当たっている等、撮影環境を故意に変えているとかがない)

話してみて、誠実さを感じること、人の話をしっかり聴く姿勢があること、
求めればきちんと難しいことも、分かりやすく説明してくれること。

それを強く感じたのが宮田先生でした。


■ その道で一流っぽい、はどう判断したのか

・専門家が宮田先生を知っている

今まで多くの美容外科・皮膚科を渡り歩いて来ましたが、
毛穴の話をして、みやた先生の存在を知らない方はほとんどいませんでした。
(美容系に限る・町中の皮膚科医にはそもそも毛穴の話はあまりしないので・・)

さらに、知り合いに大学病院に勤める形成外科医がいるのですが、
みやた先生なら安心、と言われた、というのもあります。
個人的に好きな美夏先生も、みやた先生をご存知でらして・・・

・ 医者といえども、その道の、その機器の素人はゴロゴロいるけれど・・

レーザーって物理学や工学?かな。医療って医学ですよね。
その仕組みを理解せずに、効果だけを業者から聞いてホイホイ使ってる医者、
結構いると思います。

でも、それを知る手段って、私たちにはありません。
施術例なんていくらでも作れるでしょうしねぇ。

宮田先生は、新しい機会を日本に導入する際にアドバイスされたり、
その著書でも非常に勉強・研究されていることがよく分かります。

専門家向けの本ですが・・・・

また、学会での発表や大学等研究機関での取り組みなどを見ても、
内容は良く分からないまでも、第一線で研究されているんだなと、
なんとなく伝わって来ます。


以上、客観的と言っても、主観が入り乱れたものではありますが、
伝聞やウワサや口コミではなく、直接専門家の口から聞いたというのも大きいです。
専門家から見ても評価の高い先生なら、間違いない、と思ったワケです。





結局何が言いたいかというと、やっぱり宮田先生信頼できるし、ってこと、それだけなのです。
長々と失礼しました!


 - みやた(毛穴レーザー治療)