鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

みやた形成外科で鼻の毛穴をカーボンピーリング.21 5回目打ちました

      2015/10/29

Pocket

宮田形成外科・皮ふクリニックでカーボンピーリングとうとう5回目を打って参りました、
櫻田こずえです皆さまごきげんよう!

■ これからどうしましょうか・・・


宮田先生にカーボンオイルを塗って頂きながら、お話。

 櫻田:とうとう5回目が来ました・・・
 先生:そうですねぇ、どうですか?
 櫻田:うーん、なかなか期待するような変化を感じられなくて・・
    実は友人が3回目で「もうやっても意味がない」と言われたので、
    その一言をずっと待ち続けて来たんですが・・・
 先生:はははは

えぇ、軽く笑顔で流されましたことよ。

 先生:ここからは患者さん本人がどこまでやりたいかという意思次第ですから・・
 櫻田:うーん、まだ満足してませんっ!

えぇ、こんな毛穴で満足してませぬ。
今日もダイヤモンドピーリング、なかなか取れませんねーって、
何度もしつこくされてしまい・・・まだまだ毛穴が小さくなっていないことを実感しました。

 先生:次回はカーボンではなくフラクショナルレーザーの方がいいかもしれません。
    (本当はレーザーの名前だったが、エコツーだったか、コアだったか覚えておらず)

おおっ!こんなところでフラクショナルをすすめられ、びっくりする櫻田さん。
先生の説明を櫻田的にまとめるとこんな感じだったかと。

Gカーボンピーリングは毛穴を焼いて、毛穴の深さを浅くする治療だが、
表面の凸凹にはあまり効果がない。

フラクショナルは毛穴の深さを浅くするするのは難しいが、
毛穴の表面の凹凸をフラットにすることが期待できる。



 先生:櫻田さんの毛穴は浅くなった「という前提で」←さり気なく言われました
    フラクショナルに移行したほうが良いかもしれませんね。

は?は?「という前提」って?つまり、浅くなってないってこと???
まあ、あんまりなってないですけどねぇ・・・

 先生:次回は必ず診察してから施術を受けて下さいね。

つまり、5回目の成果を見てから判断ってことですね!らじゃ!




みやた形成外科での「Gカーボンピーリング」は、美容皮膚科で一般的にされている、
ダウンタイムのほとんどないカーボンピーリングとは相当違うと思います。

みやた形成外科・皮ふクリニックHOME >
毛穴のレーザー治療
http://www.toracli.com/keanalaser.html


■ 写真で見るGカーボンピーリング

Gカーボンピリング受けた直後
20140611miyata1.jpg
赤みがヒドイです。火傷です、ほんとに。
両端上の方の、地肌の色との境目がくっきりしているのが分かるでしょうか。

Gカーボンピーリング受けた当日の夜9時位
20140611miyata2.jpg
でも、その色は4,5時間も経つとかなりおさまります。
サスガに当日デートはできません(笑)

2014年6月11日の鼻の毛穴画像(カーボンピーリング5回目当日)
201406112.jpg201406111.jpg201406113.jpg

今回炎症が多いのが気になります・・・もう肌が限界なのではないかと思ってしまう。
確実に肌というか、角質層は薄くなって行っていると思うので。

2014年6月11日の鼻の毛穴画像(カーボンピーリング5回目当日)
20140611.jpg
2014年1月23日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像(カーボンピーリング1回目当日)
20140123.jpg

浅く・・・・なっている毛穴もあるけれど・・・・・うーむ。
そして、なんだか肌が悲鳴を上げているようで、やはり不安になってしまう今日この頃。
まずは今回の経過を見守って行きたいと思います!


 - みやた(毛穴レーザー治療)