鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

櫻田はなぜレーザー治療に踏み切り、効果が微妙ながらも続けているのか

      2015/10/29


今日も暑いぜ皮脂腺全開、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

これまで5年間の今日の毛穴を並べてうんうん唸る日々ですが、
まずはこれまでの毛穴治療方針について語ってみたいと思います。

で、なぜ今レーザーしてるのかというと、

・正しいスキンケア、特殊成分による化粧品程度の毛穴対策では、
 櫻田の頑固な毛穴はどうしようもならないことを4年間で理解した。
 
・櫻田の汚毛穴はホルモンバランスと体質でできているので、
 根本治療は通常の方法では不可能であることも悟った。

・他に何があるの?って、もうレーザーしかないんじゃない?

・レーザーは一度トライしたことのある治療だが、
 その時は正しいスキンケアも知らず、また、続けることができなかったので、
 正しく続ければ効果があるかもしれない。1年単位で。

・毛穴ブロガーとしても、レーザーが効くのか効かないのか証明したい。

なんだろう、不治の病末期の患者が、通常の治療では光が見えず、
多少寿命が縮まったり、リスクがあったり、十分な根拠がなくても、
新しい治療法に一縷の望みをかける!的な。
いや、むしろ、新興宗教にハマル!的な。
ぶっちゃけた心理状況の説明は、これが一番正しい気がします。

ご理解頂けるかなぁ。。もすこし詳しく。


■ 思春期〜ブログ開始直後「除去」

ありとあらゆる毛穴グッズに手を出して参りました。
毛穴すっきりパックに始まり、酵素洗顔、スクラブ、オイルクレンジング、
角栓吸引マシーン、まゆ玉、ピンセット・・・

さらには、ケミカルピーリング、カーボンピーリング、マックスピール等、
大金をかけて美容外科の治療にも手を出しつつ、
すぐ角栓がにょきにょき生えて来ると、KSPしてしまうという、
何て言うんでしょう、もう、肌のイジメみたいな!

イジメ、ダメ絶対!


■ 2009年春〜角質培養「育成」

ブログを始めてしばらくは、吸引したりKSPしたりと、
「除去」を続けていましたが、ネットでいろいろと調べるなかでに、
「角質培養」という概念に出会い、違う世界があることを知りました。

肌を育てるという考え方です。

えぇ、それまでは「除去」に何の疑問も持っていなかったし、
汚い角栓を引っこ抜いて何が悪い!
削れば、剥がせば、キレイに肌が出て来る、万歳!くらいに思っていました。
工業生産品じゃあるまいし、ねぇ。

そして、肌や化粧品の勉強を始め、その通りにスキンケアするようになりました。

ここでの成果は、「鼻の毛穴以外の肌がキレイになった」ことです。
いつか毛穴パーティーで見に来て下さいね。鼻以外は結構肌キレイになりました。
しかし、依然として鼻の毛穴は汚いまま・・・

間違ったスキンケアが汚毛穴の原因だったら、
ここである程度治っていたのでしょうけど・・・


■ 2013年春〜レーザー「攻撃しつつ育成」

角質培養を続けながら、肌の変化を追い、勉強を続けて行くうちに、気づきます。
何度かお話している、「美肌限界説」です。
人によって肌の「最善の状態」のレベルは違う・・・まあ、
簡単に言うと、汚肌の人は何をやっても無駄ってことです。

美肌限界値理論と角質培養
http://kakushitsubaiyo.com/blog-entry-18.html

じゃあもうそれって、通常のスキンケアでは無理だよね?

50を越えた女優さん、とってもお肌がキレイなのは、
照明やメイクのせいもあるけれど、とってもお金かけてるからですよね?
そういった年齢や体質の限界を越えるため、美容皮膚科にお金を積めば、
ある程度はどうにかなるのかもしれない。。。という一縷の望み。

で、どこに行っても聞いても、とりあえずレーザーを勧められて、始めました。

それでも再び思うのは、美肌限界説です。
レーザー治療についてもかなり勉強しましたが、全ての毛穴系レーザー治療の基本は
「肌を効率的に痛め付けてその肌が回復する力を使って肌をキレイにする」
ということはつまり、その回復は「美肌限界説」の範疇のままなのだと思うんです。

肌のイヤのところを削ったり焼いたりしても、
結局復活した肌は、そのイヤなところを作った遺伝子や構造を持っているわけで、
自分の個性(高岡先生語録:毛穴は個性ですから・・・)なわけで、
その系譜を覆すことはできないんです。

そんなことは薄々気づいていながらも、でも、もしかしたら!

美容皮膚科のレーザーの効果に十分な証拠がない・・・そうですね、証拠はないです。
でも、キレイになった人もいます。理屈ではなんとなく理解できます。
そして、他に可能性のあって、手の届く範囲で、リスクの低いもの、がない。

あぁ、もしかしたらっ(笑)





もう、肌をごっそり張り替える意外に方法はないじゃろーっ!
そんなふうに思いながらも、しかし、小林メソッドやら、水光とか、何やら、
試してみようかと思う、39歳櫻田こずえです。

もう、こうなったらね、やれるものはすべてやってみるしかないでしょっ☆

皆さまも知りたくないですか?本当のところがどうなのか。
ネットの口コミ(スポンサーの金が入ってること多数)や、
美容皮膚科の光の当て方が嘘くさい症例とか、
芸能人がタダで受けるために書いた体験談とか、
もうそんなの信じられないじゃないですか。

でも、櫻田の毛穴だけは、信頼して頂けると思うのです。
ずーっと写真撮り続けてきたからね、誤摩化しようがない。

すでにあんまり効果がないことを証明しつつあるんですけど(笑)、
レーザーって繰り返してこそであって、数回で効果が出るものでもない。
だからこそ、毎回メゲて、毎回お優しい皆さまに励まして頂きながら、続けている訳です。
効果が出ないって言い切れる回数やらないと、やった意味がないですから。

これからも櫻田の毛穴で証明して参ります!!
#でも、櫻田の毛穴に効かないからといって、全ての方に効かないワケではないですよ☆


 - 毛穴とレーザー治療