鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★1

      2015/11/19


このブログを始めてから、もう6年の歳月が流れたのか・・・
と感慨深い、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そういえば、婚約破棄とかあったなぁ、KSP事件とか・・・と、
来し方を振り返る方が楽しくなるお年頃。

もうすぐ、40歳!人生折り返し地点です。

って、いやいや、あと7倍くらいブログを書き続けるわけですよね。
まだまだヒヨッ子、攻めて参りますわよっ!

で、毛穴研究は過去に何度かやっていたと思うのですが、
レーザーなど、この身体で、毛穴で勉強させて頂きましたので、
ここは一つ改めて勉強しなおしてみようかと、粛々と勉強してました。
↓本とかネットとか。

benkyoshi.jpg
#先ほど宇津木先生の本もポチりましたよー。

アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★1←今ココ
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★2
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★3
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★4

■ 結論:とにかく皮脂が悪い!さらに手遅れ!

ま、分かり切ったことですけどね。改めて。

毛穴の開きが目立つ一番大きな原因
→毛穴がすり鉢状になっているから

suribachi1.jpg suribachi2.jpg

suribachi3.jpg ね、あり地獄みたいになってるわけよ。

ksp26.jpg 角栓が取れるとこう。ろうと状なワケさ。


すり鉢状毛穴になる原因
→皮脂の不飽和脂肪酸の刺激による角化異常

皮脂が出る原因
→男性ホルモン←神の領域←はい手詰まり

さらに、すり鉢状毛穴は「不可逆性」が高いと推測される。もう、傷。
クレーターか毛穴かって言うくらい!(治療方法がないお肌の悩み筆頭)
すり鉢状であることが「新常態」になってしまうので、
例え原因(皮脂)を除去、皮脂腺を焼いても、ホルモンをどうにかしても、すり鉢が残る。
すり鉢は削ってもダメ(と色濃く推測される)。

つまり、奇跡でも起きない限り治りませんよね、ってこと。
手遅れって言ったって、20年くらい手遅れですと。

今、選択肢は3つかなと思っています。

・何もしない
・根本的な解決ではなく、スキンケアとして美容皮膚科を続ける
・奇跡を信じてハードに行く

1つ目何もしないは王道です!

2つ目は美夏クリニック的な。レーザートーニング&イオン導入程度とか。
何て言うの、できるだけキレイに現状維持、みたいな。

3つ目は、もう、皮脂腺凝固&アブレージョンしかないかなぁ。
いやでも、それで治ってたら、今頃みんなやってるよね(笑)

後は、今までずっとなんだか信じきれなかった、サプリや塗り薬系もねぇ。
改めて検討&今までの結果というか、感想も。
髪の毛で分析するヤツもこっそりやってみましたので、そのご報告も。

ということで、若干自虐的にスタートしました、春の自由研究発表会です♪
どんな展開にしたいのか、自分でも良く分かりません。


■ 一般的に言われている、毛穴の開きが目立つ原因リスト

まずは基礎知識として、これくらいは理解しておきます。

お肌の3層 -表皮・真皮・皮下組織-
お肌のバリア機能
角質層のターンオーバー

皮膚の構造


はい、それで皮脂が目立つ原因リスト

(1)皮脂(不飽和脂肪酸)が角化異常を起こしすり鉢状に
(2)KSPやスクラブ等のし過ぎでこれまた角化異常
(3)そこに角栓がたまって目立つ、毛穴を押し広げる
(4)タルミ等による加齢
(5)濃くて太いうぶ毛
(6)毛穴の周りの色素沈着
(7)穴だから目立って当然

一つずつ見て参りましょう。
まずは大本命の(1)むしろこれだけで十分かと。
そう、この毛穴油田が悪いのさっっつーかすべてコイツのせい。
あとはオマケとか、原因ではなく結果であり。

(2)も大きな原因だと思いますすが、もう論外、出直しましょう。


 皮脂(不飽和脂肪酸)が角化異常を起こしすり鉢状にってどういうこと?

2004年 FRAGRANCE JOURNAL に掲載されて、
ためしてガッテン毛穴特集でも取り上げられた、すり鉢理論。
これ以上の説明、更なる解説って、どなたかご存知じゃないでしょうか?


角化というのは、通常、細胞が核を失い死んで平たくなって、角質になる、
ターンオーバーの最終過程で、角質層が形成されるプロセスです。

ターンオーバー
#真ん中の黒い「核」が、角質層になると、なくなっちゃうのよね、本来。


皮脂が常に溜まっているような毛穴では、
皮脂の中のオレイン酸等の遊離不飽和脂肪酸が、
角化細胞のカルシウムイオンの濃度を変化させ、
それが毛穴周りの角化に異常を来たします。

それは不全角化と言い、角化の過程で本来核を失うはずななのにそれができず、
ゴワゴワと肥大化した角質が残ってしまうというものです。

kakukaizyou.jpg

一番左の細胞の列だけ、真ん中の黒い核が残り、ぺちゃんこにならず、ごわごわ、もこもこしてしまい、
ゆえにこのように↓ぼこっと盛り上がっているワケです。

keanasanmyaku.jpg 毛穴山脈!

くっきり!拡大!(同じ部位の違う時期)
201503082.jpg


ほんと、落ち着けよKEANA!


■ すり鉢論、角化異常意外で、何か有力な説はないのか?

櫻田がリーチできた説明としては、一番筋が通っていると感じますが、
でもこれ結局、資生堂がナヴィジョンを売るためのものですよね?
グリシルグリシンで解決できる部分にフォーカスしているわけで、
もっと原因は多くあるはずだし・・・。

美容皮膚科の毛穴の説明で使われている「すり鉢」画像が共通しているのは、
資生堂が提供した、ナヴィジョン販売のための画像を皆盲目的に使っている訳で。

あぁ、分かり易い!
(資生堂)女性の肌悩みNo.2の「毛穴の目立ち」は、解消できる!?
https://www.shiseidogroup.jp/rd/ifscc/13.html
#ちなみに、グリシルグリシン以外にもいろいろ開発してるみたい。

ねつ造とか言いたいのではなくて、出来れば何の商品とも結びついていない、
中立情報が欲しいと思うのだけれど、そういうものが見つからないのよ・・・誰かっ!

いあ、まぁ、やっぱり解明できないんでしょうね・・・。
この6年間、何度か本気で医学部に入りたくなったわよ。
あんたらが解明できないなら、櫻田先生が解明してやるっ!的な。

ま、高校生3年生の化学の成績は、2でしたけどね。

そもそも病気じゃないから研究の対象にならないんじゃろなぁ。
解明したところで、儲らないから、予算も付かないんじゃろなぁ。
そういう意味で、やはりナヴィジョンには感謝しないといけません!

資生堂ナヴィジョン
http://navision.shiseido.co.jp/


#グリシルグリシンの話はまた改めて。

使い易い液体も(しかし腐り易いでしょう、水だから)
持ちが良さそうな粉もある。
既出のお話しばかりですみません。
次は、男性ホルモン→皮脂分泌 の「→」の部分をどうにかできないかというお話を延々と。
ま、あと十年もすれば枯渇するはずなんですけどね。

それにしてもさ、楽しみにしてた楽天マラソン「9倍」って何よっ!なんで「10倍」じゃないのよっ!

アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★1←今ココ
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★2
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★3
アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★4

 - 毛穴論/毛穴情報