鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

舌の吸盤化★定着してます→口は微妙に開いたままだが

      2015/10/29


舌の吸盤化がまさかこんなに早く定着するとは思っていなかった、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

睡眠中などは完璧ではないと思うのですが、
日中はほぼ舌を上あごに貼付け、吸盤化できている自分を発見するにつけ、
「人の無意識の習慣も変えられるっ!」と興奮しております。


■ マウスピース、実はそのまま使っている・・・

カスタマイズに失敗したマウスピース、
2015.04.23 (Thu)舌の吸盤化★絶賛吸盤化進行中!

実はしかしそのまま問題なく←問題ないと思っているだけかもしれませんが・・
使っております。
とにかく、これは舌のトレーニングをする装置なんだし、
位置さえ合っていれば、それが達成できていいかなと。

マウスピースを口に入れ
keepupsoft5.jpg
#前歯の部分がハマっていないのはあまり気にしません。気になりますけど(笑)

マウスピースの上辺の突起部分に舌先を当て
keepupsoft8.jpeg

10回以上装置を舌で押し上げます。結構大変ですよ。

keepupsoft9.jpg
#撮影のためにちょっとキープアップをずらしてます。

この奥の部分が下に垂れてきているような形をしているので、
舌の根元辺りで上にぐいぐい押すワケです。

もの凄い口の中というか顎というか顔全体が疲れます。
相当「茎突舌筋」という舌の筋肉が鍛えられている感じがします。
#舌の吸盤化には茎突舌筋を鍛えることがマストだそうです!

余談ですが、このトレーニングをした後は、脱力してても舌が自然と上にぺたっと張り付くような感じがします。

これは何か思い出すな・・と思ったら、
小学生の時に流行ったこれじゃない?

・気をつけ!の感じで立つ
・他の人が腕を身体側に押さえつけるように固定する
(後ろから抱きつくみたいなことしてました)
・立っている人が、腕を開きながら上げる感じに腕に力を入れる
・押さえつけてた人が離れ、たっている人は脱力する
・すると、力を入れていないのに手が上がる!

わーーーー催眠術だ!幽霊だ!霊感だ!とか騒いでました(笑)
生理現象としてなんか説明されてたと思いますが、懐かしくこれを思い出しました。

いや、それがどうって話じゃないんですけど、
それくらい、ぐぐーーーーっと、舌に力を入れるトレーニングをすることができますという意味で。
っていうか、舌の芯から力を入れざるを得ない。

これは確かに、器具なしでは鍛えられなそうな筋力ですね!




■ 舌のトレーニングと同時に、意識をする訓練もしました

訓練って程じゃないか(笑)
家のいくつかのポイントにポストイットを貼って、
それを見たら「舌が上にあるか確認する」というルール。
これは効いたと思います。

pinkfusen3.jpg

pinkfusen2.jpg

これで、90%以上は舌が上に付いてます。

今、舌を上から剥がしてみたんですが、そうすると、なんか、落ち着かない!
そんな「当たり前の状態」を変えられたことが嬉しい♪


■ しかし、口は若干開いたままなので・・・

舌を上に付けることができると、
だらしなく口が開いてしまうことはある程度回避することができるんですが、
だがしかし、きちんと口を閉じる、というのは、また別の話なんですよね。
開咬なので、自然にしててはダメ、意識して唇を閉じないと。

口元の筋力アップっていうことで、歯磨きした後とか、
お風呂出た後くらに、舌を唇の外側辺りに押し当ててぐるぐるさせる運動をしてます。
口で舌を押し返すようにすると、舌も口もすっごく疲れます。

kuchinotaiso1.jpg

kuchinotaiso2.jpg

タダでできるのが何より♪

さらに、ピンク付箋を見たら、舌を上につける、じゃなくて、
口をそっと閉じる!腹式呼吸する!というルールに変えて頑張ってます!
見慣れたのか、しょっちゅうスルーしちゃうので、付箋の色でも変えようかな(笑)

ということで、さっき黄色に変えて来ました。





健康目的での「鼻呼吸」は、ほぼ実現されたと思います。
舌が吸盤化されて上にあるので、口呼吸を塞いでますから、鼻呼吸をせざるを得ない。

後は、口腔内を乾かさない、そして、審美的な意味でも、
口をしっかり閉じる、でも、閉じ過ぎてブルドックラインが目立ったり、
なんか歪んだ顔にならない程度に・・・・加減がむずかしぃーーーっ!!!

今週のプライオリティは「口をそっと閉じる!腹式呼吸する!」です。



舌の吸盤化の動画による分かりやすい説明がアップされてます!


キープアップの使い方もありますよ~。


その他、関連動画で出て来るので、いろいろ見てみて下さい!
動画は「舌の吸盤化」を提唱していらっしゃる、この本の著者、
歯科医の宗廣先生が作られたものだそうです。



 - 舌の吸盤化・鼻呼吸