鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

角栓よ毛穴から旅立て!(1)

      2015/10/29

Pocket

最近文字ばっかりで、毛穴画像マニアの皆さんは退屈でしたよね。

すみません。

某巨大掲示板サイトにも掲載頂き、恐縮です。

かなりしょげましたが、今は元気です。毛穴も相変わらず元気です。


ということで、角質培養のメインイベントとなります、

「育てに育てた巨大角栓が毛穴から旅立ち、さらに角栓が育っては旅立っていき、

いつしか毛穴が小さくなる」

のかどうなのか、レポートしていきたいと思います。


下側の、毛穴からにょきっと毛穴の直径そのままに飛び出してるヤツがターゲット。

毛穴画像20090507旅立1
この画像は下の矢印の毛穴角栓部分の拡大図です。

毛穴画像20090507旅立0
これは、多分今日のお風呂時の洗顔で、毛穴から旅立つと思われます。

ということで、また明日。。


補足説明: グダグダな説明ですが、ご容赦を。。

毛穴の角栓を無理やり抜く、はがす。

=すり鉢状の部分の毛穴の角質もむりやりもって行かれる

(すり鉢理論はこちらから「今日の角質培養毛穴」)

=準備のできてない未熟な角質が仕方なくデビュー(不全角化

=でも潤いが足りなくてよわっちくてやせてるので、

(角質の潤い成分:セラミドとか は、角化の過程で生成されるのだが、

急いで無理やり角化が進む場合その時間がない。)

=すり鉢さらに広がり、刺激に弱く炎症したりはがれやすい。。。

ということで、悪循環。


角栓を育てるということは、下でスタンバってる角質の子供たちを、

十分に成長させ(自分で潤う機能を持たせ)てから世に送り出すことなんですな。

十分に潤った皮膚は、汚れをよせつけにくく、

またふっくらしているので、毛穴を目立たなくさせるわけです。


だから、こすったり、ケミカルしたりして刺激を与えず、

十分に保湿(化粧水で水浸しにするのは逆効果だそうです)して、

次の世代の美肌予備軍をせっせと育てているんです、櫻田は。

表面は汚いですけどね。。。


いくつかコメントいただいたのですが、

現在の櫻田には、やはり石鹸洗顔はちょっと刺激が強すぎるかも。。。

これについてはただいま皆様のコメントを元に再考しております。

コメントくださった皆様、ありがとうございます★


また、「櫻田はこれからどうすべきか投票」で、

ヨーロッパで櫻田の角質培養を応援して下さる方から投票頂きました。

毛穴の櫻田、世界デビューを予感させる、衝撃的な事件でした。

ありがとうございます♪ (もちろん日本人の方と思われます)

--------------------–

一番目の毛穴画像がエラーになってしまって見えないというコメントを頂いたので、

もういっこ別に毛穴画像をあげておきます。

クリックすると同じ画像が別ウィンドウで出ます。

毛穴画像20090507旅立2

これで見れるといいのだけれど、私のPCからは見えるので、

原因が分からず。。。ごめんなさい。


 - 今日の毛穴