今週の櫻田11/10更新

植物由来VS石油由来~それでも植物性神話を信じますか?3.漢方薬なら大丈夫?

スポンサーリンク

アレとかコレで美肌になれるってホントですか?

毛穴ブロガー櫻田こずえが、巷に溢れる「美容都市伝説」のウソ・ホントに翻弄されながら、医学博士の高岡先生から美容皮膚科学を学ぶシリーズです。

#この記事は、2014年に別のブログに掲載したものを、高岡先生の許可を頂いて本ブログに統合したものです。
#皆さまに改めて読んで頂きたく、新しい記事に書き直しさせて頂きました。




高岡先生
高岡先生

「漢方薬」というと効果がマイルドで副作用がないというイメージはありませんか?

櫻田
櫻田

あるあるっ、ありますっ!

高岡先生
高岡先生

一方、西洋医学の「医薬」は即効性があって副作用があるというイメージはありませんか?

櫻田
櫻田

あるっ、あるあるっ、ありますっ!

高岡先生
高岡先生

そして「漢方薬」が天然・植物性のイメージ、「医薬」は合成化学物質のイメージはありませんか?

櫻田
櫻田

あ、はい、もう、その通りです・・・。

 

西洋薬は「対処療法」で、漢方薬は「体質改善」だから、できれば漢方薬で治療したい、みたいな頭です。

 

漢方なら飲み続けても漢方だから安心とか、西洋薬は飲み続けると危険みたいな。

 

でも、そんなふうに質問されるということは、そうじゃないという事なんですよね・・。

実際、漢方薬は天然物ですね。

しかし、効果はマイルドなものばかりではなく、即効性のものもあり、また副作用もあるのです。

漢方薬は長い歴史の中で、トライアンドエラーによって、どの生薬の組み合わせが最も効果が得られて、副作用が少ないかということが研究され、体系化されてできあがったものなのです。

個々の薬草は実はパワフルで、効果もあれば、逆に副作用もあります。

西洋医学の医薬品は、もともとは天然物の薬効を研究してその有効成分を純品化したものです。

低価格化したり純度を高めたり、効果を高めるためには、有効成分を化学的に合成したり、類似の分子を設計して化学合成することが多いので「化学合成」というイメージが強いのかもしれません。

櫻田
櫻田

漢方薬も「薬」なんですよね。

 

なんだか天然だからマイルド、っていうイメージがあるんですけど・・・違うんですよね・・・。

 植物には様々な有効成分だけでなく毒性成分も数多く存在する

植物は動物と違って移動することができません。そのため天敵から逃げることができないのです。

したがって、植物は天敵から身を守るために体内に毒素を作ることを覚えました。

そうすることで、ある種の動物から食べられることを防いでいます。

また日光(紫外線)も植物にとっては光合成に必要な大切なエネルギーであると同時に、活性酸素を発生させたり遺伝子を傷付ける危険な光線でもあります。

しかし日光から逃げることができません。

そのため種子のまわりの花などには紫外線を防ぐポリフェノールなどの物質が作られています。

逆に植物は繁殖のためには花粉や種子を遠くまで広める必要があります。

そのため綺麗な花や甘い蜜、薬効成分などで、ある種の(役に立つ)動物を引き寄せる術を手に入れました。

櫻田
櫻田

植物は逃げられないから、体内に毒素を作る・・・おお!なるほど!

 

そしてその毒素が、役に立つ時もあれば、もちろん、毒になることもある・・・

 植物由来成分には不純物が多い

植物はこのように多くの物質を体内に作り、蓄えています。

植物は動物と違って器官や組織の分化が厳密ではありません。

動物の場合は、たとえば脳や心臓、皮膚などといった器官や組織で分化が進んでいるため、その組織ではある限られた一部の遺伝子しか発現していません。

そのためあまり多くの物質が組織の中に存在していません。

一方、植物は根、葉、茎、花などおおざっぱな分化はしていますが、細かく分化が進んでいないため、遺伝子も数多く発現していて、多くの物質が存在しています。

そのため植物由来の抽出物などには不純物が多く、有効成分を精製するのは非常に困難な場合が多いのです。

植物由来の最も大きなデメリットは、不純物が多いということではないでしょうか。

不純物の中には刺激や炎症などを起こす成分も含まれます。

そのため、化粧品では植物抽出液(植物エキス)類が1%以上の濃度で使用されることはほとんどありません。

高濃度で使用すると刺激や炎症などのトラブルが起こることが多いのです。

そのため、通常は非常に微量しか使用されません。

そのため植物成分はマイルドで効果が低いようなイメージが持たれているのかもしれません。

櫻田
櫻田

高濃度で使用すると刺激や炎症などのトラブルが起こることが多いとなって!

植物性成分の名が廃ります・・・。

 

イメージって本当に怖いですね・・・。

今日の講義まとめ

植物はパワフルで、様々な効果のある成分が含まれている反面、炎症や刺激などの副作用も多く、お肌にやさしいイメージとは異なる。

また、植物由来成分には不純物が多く、それがトラブルの原因となることもある。

植物由来VS石油由来~それでも植物性神話を信じますか?シリーズ全4記事

1) 化学物質って何?
2)鉱物油/天然VS合成
3)漢方薬なら大丈夫?(本記事)
4)オーガニックは何にやさしい?

スポンサーリンク

化粧品は浸透させるべき?させちゃダメ?シリーズはこちら

この記事について

この記事は、2014年に別のブログに掲載したものを、高岡先生の許可を頂いて本ブログに統合したものです。

皆さまに改めて読んで頂きたく、新しい記事に書き直しさせて頂きました。

髙岡先生

元アトピーの櫻田の敏感肌がお世話になっている、セラミド美容液の「シェルシュール」を生み出された医学博士で、DSRの経営者でいらっしゃいます。

高岡幸二:DSR代表取締役, 大阪府出身。神戸大学卒。医学博士。
元神戸大学バイオシグナル研究員、元奈良女子大学非常勤講師。
バイオテクノロジーの研究員、化粧品・健康食品の開発、化粧品原料の営業などを経験。
その過程で従来のスキンケアのあり方に疑問を感じ、皮膚のバリア修復に注目した新しい
スキンケア理論を開発。スキンケアで困っている方々に少しでも力になりたいと思い起業。

敏感肌のためのセラミド配合スキンケア:DSRオンラインショップーコンセプト

免責事項

この記事では、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。

また、予告なしに、本サイトに掲載されている情報を変更することがあります。

本サイトは、読者の方がサイト内に含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで、直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。