今週の櫻田9/13更新

医学博士高岡先生とスキンケアトーク.4

スポンサーリンク

皆さま、ハッピーホワイトデー♪
平日とは言え、きっとデートな方が多いからアクセスも少なそうな水曜日。

櫻田はひとりお家でブログを書いております。

バッハ君ね、今日も帰ってこないの。
今朝は一緒に会社に行ったけど、ホワイトデーのことなど、多分すっかり忘れてるの。
っていうか、バッハ君と一緒に通勤できるのが嬉しくって、
櫻田もうっかりホワイトデーのことを忘れていたんですけどね。

会社でマカロンやらキャンディやら頂いて、初めて気付きました(笑)
やべーっ、本命から頂いてねーっ(泣)

ということで、今日はスキンケアトーク最終日、参ります☆

—–

■ etvosと高岡先生

櫻田:ところで皆様、etvosってブランドはご存じですか?
おおっ、結構ご存じでいらっしゃいますねぇ。

もっとキレイに、もっと優しく。MMUとスキンケアの【etvos】

櫻田がセラミド美容液ジプシーをしていた頃、
まずはDSRの美容液を使ったのですが、
ちょっと安い似たような内容の美容液を発見してそっちも試したんです。
で、その商品のパンフレットに、、、高岡先生のお写真が(笑)

★HPにはイラストがありますが、全然似てませんw★

先生:私がetvosのスキンケアはすべて処方組んでます。
etvosの取締役でもあるんですよ。

櫻田:あぁ、一度でいいから社長とか取締役とか言ってみたい!

(先生のお写真の善し悪し談義w)

■ で、皮脂は、角栓は、どこまで取るべきか?

櫻田:時間がまだもう少しあるので、
皮脂の酸化についてお伺いしたいと思います。

皮脂は取り過ぎてもいけないし、とらなくてもいけないしってことで、
12時間おきに石鹸で洗顔するのが良いと聞きますが、正しいですか?

先生:肌の皮脂の量や汚れ具合にもよりますけど、
朝は石鹸洗顔の必要はないと思いますよ。ぬるま湯とかで十分です。

櫻田:お湯と水問題というのもあるんですけど、いかが思われますか?

先生:お湯を使うと皮脂が水よりはたくさん落ちますので、
肌質に合わせたらいいと思いますが、
朝なんかは水の方が目もさめますしいいんじゃないんでしょうか(笑)

櫻田:そういうこと言っちゃだめなんですよー先生。
科学者っぽくなくなっちゃうんで、威厳がなくなっちゃう。
42.2度がいい、、あ、熱すぎるな。。(笑) 33.5度がいいんです!とか、
モットモそうに言っといてくださいよ(笑)

まぁ、そういうところが信頼できるんですけどね。

で、角栓って洗顔の時にぬるま湯で洗った位じゃ落ちないから、
キューンと吸ってみたり、ベリッと剥がしたりするわけですが(笑)、
結局角栓はとった方がいいのか、
取らない方がいいのかどっちなんですか?
そして、取るならどう取ればいいんでしょうか?

先生:難しいところですね、、、取った方がいいけど、
刺激を与えちゃうと返って正常な角化に悪影響を与えてしまう。。。
やさしく洗剤で取るのが一番なんですけどね。

櫻田:やさしく石鹸で洗ったって、この角栓は断固落ちませんっ(怒)

皆様:オイルでポロポロ取れる系のクレンジングはどうなんでしょうか?

先生:オイルクレンジングは界面活性剤の入っているものがほとんどんで、
騙されちゃいますけど。。。

純粋なホホバやオリーブオイルでマッサージして、
石鹸で油分を落としてあげるのは良いと思います。

物理的に取ってあげてもいいと思うんですよ。

櫻田:じゃあ、角栓のピンセットで一本釣りはどうなんでしょうか?
先が極細のピンセットで角栓をねらい打ちしてひっこ抜くんです。

先生:すごい技術ですねぇ。

櫻田:いやそれほどでも(笑) 今やってみましょうか(笑)?

最盛期にはしばしばやってたんですけど、角栓だけ取ってるつもりでも、
結構いろいろ刺激にはなってるんですよね。
ピンセットが肌にあたって刺激になっているということだけではなく、
角栓を引っこ抜くこと自体が刺激になってるんですよね。。

あぁ、どうすりゃいいんだよ。。。

先生:たまにで。。。

櫻田:そんなの答えにならないっ(笑)

皆様:角栓って皮脂だけじゃないんですよね。

先生:ゴミとか古い老廃物とかも含まれていますね。

■ 結局やっぱり基本に戻る! 保湿!保湿!保湿!

櫻田:いろいろクリアにならないですよねぇ、毛穴もクリアにならないし。
もう一回言いますけど、結局どうすりゃいいんですか。

3年間追い続けた結論は、最高の毛穴対策は「気にしなきゃいい。」
ま、そんなことブログに書けませんけどね。

先生:ヤケにならないならない(笑)
魔法のようにすぐにキレイにはならないですけど、
やはり角質層をきちんと保湿するという地味なことが大切なんだと思います。

櫻田:結局そこに戻りますね、やはり。つまらないけど(笑)それが真実なんですね。。

先生:やはり大切なのはセラミドですね。
最近「ナノ化したセラミド」なんていうのが出てきてますが、
保湿には何の意味もありません。
セラミドがちゃんとラメラ構造を作ることが大切なんです。

ちゃんと保水しバリアを作り、水分が蒸発するのも防ぎ、
さらにバクテリアなどの進入も防いで炎症の原因も防ぐ。
保湿は本当に大切です。

セラミドは、油分の層|水分の層|油分の層|水の層、、、
というミルクレープのような構造で水分をがっちり抱え込み、
さらに、水の層のところにNMFがいて、水を掴んでいる、
というのがきちんと保湿された肌です。

NMFは天然保湿因子のことです。
化粧水を使っていても、単なる水のようなものだとむしろ乾燥してしまう。

櫻田:化粧水なんて使わなくていいじゃん、どうせ原価10円だろーみたいな。
ほとんと水じゃん。NMFも美容液に入れてくれば1本で済むのに。

先生:うちの化粧品の場合は美容液がメインで、
そこにセラミドがたっぷり入っているんですけど、
そこにNMFを入れちゃうと結晶化しちゃうんですね。
(注釈:結晶化しない程度に少しは入れています^^)
だから化粧水を別に作ることにしました。

櫻田:へーそうなんですね!
実は2年近くDSRの美容液を愛用していますが、
一度も化粧水は買ったことないんですけどね(笑)

だって高いんだもん(怒)

先生:えーー、だから値段下げたでしょー(笑)

櫻田:なんか痴話喧嘩みたいになってきましたね(笑)

ところで、よしき先生の本に、保湿で重要な因子は3つあって、
その貢献度はだいたい以下の通りだと。

セラミド(細胞間脂質):80%
NMF:17-18%
皮脂膜:2-3%

そんなものなんですか?

先生:だいたいそんな感じですね、正しいです。
だから、保湿にはセラミドに投資するのが一番効率的なんです。

#投資はこちら(笑)→http://dsr-skincare.jp/(櫻田割引中)
#っつかーここら辺で自社商品の宣伝すりゃいいのにと思っていたのですが、
#一切されないんですよね。。。商売する気あるのかーーーっ(笑)

また、皮脂の多い人が油分の多いものを補う必要はないですしね。

櫻田:皮脂を補うっていうと、最後に油分をやらないと意味がないのかなーって思う。
「水分を入れてフタ」っていうのが刷り込まれていて。
でも、美容液にも油分が入っていますよね。
油分がそれなりに入っている美容液だったら、
油膜的なものを最後に補う必要はあるんですか?
それとも美容液一本でOKってことなんですか。

先生:美容液一本でOKです。最後に油分でなくとも問題ありません。

櫻田:DSRからはいろんなアイテムがいっぱい出てますよねー、
美容液以外買ったことないけど(笑) しつこい(笑)

先生:うちはスタートは美容液と皮脂膜の2つだけだったんですが、
お客様からの要望で、化粧水やクリームも作るようになり、
さらに美容液のセラミドの濃度も当初の4倍ほどになりました。

皆様:角質層のバリアが吸収できるセラミドの量に限界はあるんですか?

先生:壊れていたら壊れている分だけ補うことが大切で、
それ以上に補ってもあまり意味はありません。

櫻田:あー時間ですっ!これから大切な恋バナ女子会ですから、
ここで先生には帰って頂きます(笑) ありがとうございました☆

先生:そっちも聞きたかったな。。。

櫻田:ダメですっ!男子禁制ですから、早く帰って下さいっ(笑)

—–

と言って会から追い出しちゃいましたが、
さり気なく私達のコーヒー代を支払って下さるところが、素敵っ☆

高岡先生、素晴らしいトークと、そしてコーヒー代(笑)、ありがとうございました!

DSR社長(医学博士高岡先生)との「スキンケア・トーク」@神戸

1)https://keananobaka.com/blog-entry-424.html
・ 毛穴の開き・黒ずみの原因
・ ターンオーバーの正常化
・ ピーリング・レーザートーク

2)https://keananobaka.com/blog-entry-425.html
・ 角質層の正常化にはポスカ?タイトジャンクション?
・ 応用スキンケアといえば、ビタミンCのイオン導入♪

3)https://keananobaka.com/blog-entry-429.html
・ 皮脂の酸化 ~活性酸素とDNA~
・ IPS細胞であなたも赤ちゃん肌に!?
・ 紫外線吸収剤って肌に悪い?コーティングって本当にできるの?

4)https://keananobaka.com/blog-entry-435.html
・ etvosと高岡先生
・ で、皮脂はどこまで取るべきか?
・ 結局やっぱり基本に戻る! 保湿!保湿!保湿!

■ シェルシュールDSRの櫻田紹介5%割引購入方法

以下DSRさんのサイトで購入時に、櫻田紹介5%割引クーポンコードをご入力下さい。
http://www.dsr-co.jp/

クーポンコードは3ヶ月毎に変わりますので、
最新のクーポンコードは以下記事にてご確認下さい。
https://keananobaka.com/blog-entry-565.html

また、新規会員登録の際「よく読むブログ」で、
「櫻田こずえ様のブログ」を選択することで、
櫻田ブログ読者様限定の闇市へのご招待や、
限定販売、限定クーポン等のご案内を頂けるそうです!

■ 関連リンク

DSRオフィシャルサイト
http://dsr-skincare.jp/

DSRのシェルシュール選びに迷ったら
→セラミド美容液シェルシュール全種レポ
https://keananobaka.com/blog-entry-455.html

櫻田のシェルシュール関連の記事
https://keananobaka.com/category/cherchoeur

 

コメント

  1. 困ったさん より:

    私は

    ピンセット派です。(涙)

  2. kana より:

    ものすごく有意義な会だったんですね!!
    私も行けばよかったと思います。
    詳細なレポありがとうございます。

  3. みるっち より:

    そうそう!角栓て、けっこー汚いんですよね…

    私もそれはかなりきになっていました!
    だって、日々の化粧品の成分なんかは、
    角栓以外のお肌は優しい洗顔で落ちてそうだけど、
    どう見たって角栓はいろんなものがこびりつきやすそうだし
    落ちにくそう…

    肥大化する角栓を見て、もしかしたら落ちきれない汚れも付着しながら毎日おっきくなってるのか?

    とまで思いました。

    そうでないにしても、少なからず化学成分が付着しているだろうものを
    ずっと毛穴に置いておくのも…

    悩ましいですね(´・ω・`)

    ということで、早速ホホバオイルで3分の2ほど洗顔の前に取っちゃいました(笑)
    だって、先生がとってもいいって言うのなら(笑)
    でも、やっぱりやりすぎには注意ですよねっ!

    そういえば、今回の記事とは関係ないのですが、ガッテンで優しい洗顔を始めた方の中に
    角栓がとびでて真っ青になる人がでてくるのではないか、と思いました。
    でも、おそらく多くの人はKSPなどでとることに夢中になってしまうのでしょうね(>_<)

    こずえさんが前回の記事で言うように、もっと優しく洗うことの意味など
    もっと掘り下げないとあれではほんとに優しい洗顔を提唱したことにはならないですよね…

    私としては、義務教育課程で必須教育にしてほしかったな、と思いますが(笑)

    毛穴との共生は難しいです!

  4. こずえ より:

    困ったさんへRe: 私は

    コメントありがとうございます☆

    > 私はピンセット派です。(涙)
    涙笑涙笑www涙

    分かっちゃいるけど、ですよね~分かります、、痛いほど(笑)
    そんな自分もそんなに責めちゃダメですよ☆

  5. こずえ より:

    kanaさんへ

    コメントありがとうございます☆

    > ものすごく有意義な会だったんですね!!
    > 私も行けばよかったと思います。
    東京でも是非開催して頂きましょう♪

    > 詳細なレポありがとうございます。
    こちらこそ、長いながーい記事を読んで下さってありがとうございます!

  6. こずえ より:

    Re: タイトルなし

    みるっちさんへコメントありがとうございます☆

    > そうそう!角栓て、けっこー汚いんですよね…
    そうなんですよね、角栓抜くと、黒っぽくなってたりするんですよね。。。

    > どう見たって角栓はいろんなものがこびりつきやすそうだし
    > 落ちにくそう…
    > 肥大化する角栓を見て、もしかしたら落ちきれない汚れも付着しながら毎日おっきくなってるのか?
    そう、なんか、心配になりますよね、ほんとに。。。それを、

    > ずっと毛穴に置いておくのも…
    そうなんですよ。。
    ずっとずーっと、回答のない悩みなんですよね。。。

    鼻の毛穴右半分は抜きまくって、
    左半分は抜かないで取っておいて、半年後の状況を見るとか(笑)
    半年とはいえ、乙女の鼻をそんな実験台にするのはツラ過ぎる(笑)

    > ということで、早速ホホバオイルで3分の2ほど洗顔の前に取っちゃいました(笑)
    > だって、先生がとってもいいって言うのなら(笑)
    > でも、やっぱりやりすぎには注意ですよねっ!

    何でもバランスだと思うんです。
    やり過ぎ、やらな過ぎのケア方法って、とてもセンセーショナルで注目を浴びやすいけど、
    (KSP=やり過ぎ、垢ため=やらな過ぎ)
    吉木先生もどこかの著書でどっちも怪しいと。

    取るべきか、取るべきでないのか、どっちかが正しいというわけじゃない。
    どうしても白黒つけたくなっちゃうけど、美容の世界はグレーゾーンばっかりです。

    > そういえば、今回の記事とは関係ないのですが、ガッテンで優しい洗顔を始めた方の中に
    > 角栓がとびでて真っ青になる人がでてくるのではないか、と思いました。
    > でも、おそらく多くの人はKSPなどでとることに夢中になってしまうのでしょうね(>_<)
    あぁ、、、悪循環。。。
    KSPはより毛穴を刺激して、正常な角化を妨げてしまうはず。。。

    > こずえさんが前回の記事で言うように、もっと優しく洗うことの意味など
    > もっと掘り下げないとあれではほんとに優しい洗顔を提唱したことにはならないですよね…
    ニキビの話はいいから、そこらへん掘り下げてほしかったですね、ほんと。

    > 私としては、義務教育課程で必須教育にしてほしかったな、と思いますが(笑)
    爆笑wwwwwwwwwwwwwwwww大賛成wwwwwだけど大爆笑wwww
    くーーーーっ(笑)
    保健体育か化学の授業でやるべきですっ!
    これこそ、本当に役に立つ授業だ!