鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

ビオレ「おうちdeエステ・洗顔ジェル」2ヶ月弱で使用中止【写真付】一瞬夢を見た

   

ビオレ「おうちdeエステ・洗顔ジェル」使い始めて1,2週間は、もしかしたら、もしかしたら?の、もしかしたらですかっ!?って思わなくもなかった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

【2018/05/19】ビオレ「おうちdeエステ・洗顔ジェル」まず2週間使ってみた結果【写真付】


やっぱり期待がないと、この汚毛穴人生とか、生きていけないじゃないですか。

溺れる者は何にでもすがります。

だってさ、こんな安価で特にダウンタイム等もなく、とりあえずそんな害もなさそうなモノ(化粧品であって医薬品ではないから、肌に「変化」が起きるようなことは、薬事法、今は薬機法?的にNGなワケで・・・)で毛穴が少しでも綺麗になったら、そりゃぁもう御の字どころか、大文字焼きレベルでしょ。

ということで、櫻田こずえが実際に自分の鼻に2ヶ月弱、旅行中も毎日使ってみた結果。

・目に見えて良くはならないが、手触りは良くなる
・結局界面活性剤かな・・・やっぱり肌が乾燥するし、肌がツラがる。
・顔全体に使っちゃダメ・・・鼻だけ使用。
・軽い角栓にはイケるかもしれないが、固く黒ずんだ毛穴には意味ないと言い切ろう
・皮膚が柔らかくなったような気もするが、それは将来の美肌と交換に得られるまやかしだ

#あくまで個人の感想です。
#本気出してビタミンC美容液とか、レチノールとか併用してるので、詳細はこちらで。
【2018/05/19】ビオレ「おうちdeエステ・洗顔ジェル」まず2週間使ってみた結果【写真付】

毛穴の変化はあったのか?ありました。

途中でなんか、いい感じかも?って思ったんですよ。

2018年4月13日の鼻の毛穴画像(使用前)

2018年5月11日の鼻の毛穴画像(使用中)

2018年6月20日の鼻の毛穴画像(使用中)

ん?まあ、変わったかな?5月が特に?

 

えっとですね、毛穴山脈がすごく顕著なんです。

2018年4月13日の鼻の毛穴画像(使用前)

2018年5月11日の鼻の毛穴画像(使用中)
#なんかちょっとフラットでしょ?

2018年6月20日の鼻の毛穴画像(使用中)
#でも、気のせいだったか、体調のサイクルだったのか、元に戻りましたw

でも、今も、それほど状態は悪くないと思っています。

凸凹が減った感じがして、手触りがちょっといいんですよ。ちょっとだけどw

 

さらにマイクロスコープ画像も見てみます。

2018年4月13日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像

2018年5月11日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像

2018年6月20日の鼻の毛穴新マイクロスコープ画像

悪くないと思うんですよ。角栓がおとなしい。

黒ずみもちょっと軽減されて、フラットになってるような気もする。

で、何がどう効いたたのか、成分を調べて、素人があれこれ考えてみました。

成分を素人が調べてみた:結局界面活性剤か・・・。

全成分:水
マンニトール、
アルギニン、
トレハロース、
トロメタミン、
ソルビトール、
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル (C10-30))クロスポリマー、
ミリスチン酸、
ラウレス-21、
ヒドロキシエチルセルロース、
ラウレス-4カルボン酸、
EDTA- 2Na
フェノキシエタノール、
香料

ラウレス-21、ラウレス-4カルボン酸、ミリスチン酸、

素人の推測ですが・・・・界面活性剤、特にラウレス-21が強力に界面活性剤、乳化剤として働き、

・角質層の間をつなぐ細胞間脂質(セラミド等)を分解して、古い角質を剥がすような効果を出し、軽いピーリングのような効果が得られた。

この絵の青いのを溶かすと、オレンジ色の角質をつなぎとめるものがなくなって剥がれる、という構図。
(熱いお湯でも、青い脂質が溶けてオレンジの角質が剥がれやすくなります。)

すっきりさっぱりする、毛穴の汚れも落とす強めの洗顔フォーム泡立たない版ってとこでしょうか。

だから、一瞬フラットになるのも、ガッテンできます。

しかし、アラサー以上は顔全体なんかに使ってたら、あっという間に乾燥肌&敏感肌になり、シワが増えるのでは?と感じました。

・角栓は皮脂分も多いと思うので、界面活性剤が、角栓を溶かして・・ということもある程度は起こるだろう。

ただ、固くなっちゃってる人(櫻田とか)の頑固な角栓自体には、界面活性剤程度じゃ、びくともしないと思います。

こういうのは、物理的に引っこ抜くとか押し出すとか、医薬品レベルの酸とか使わないと、取れませんから。

毛穴の角栓の硬軟に関する考察★固い角栓はほぼ角質で出来ている

花王さんのおっしゃる「角栓クリア処方」が何なのか素人には特定できませんが、推測する限り、普通に石鹸とか洗剤とかシャンプーに入っている洗浄剤である、界面活性剤のパワーだと思います。

・そして、2ヶ月弱使ってみた限り、クリアできる角栓は「柔らかい角栓」に限定されると思いました。

もちろん、強い界面活性剤の効果で、肌が薄くなっていく可能性も考えられるので、念入りにやり続ければ、相対的に毛穴は浅くなり、詰まらなくなるかもしれません。

でもそれって、あんまりお勧めできることじゃないのは、皆さまならお分りだと思います。

明日の美肌のために、将来の美肌を犠牲にするようなものです。

ちなみに、ミリスチン酸は石鹸を作る時の飽和脂肪酸で、これも洗浄剤、界面活性剤として働いているものと思われます。

櫻田は合成界面活性剤=悪だとは思いませんが、界面活性剤である石鹸でも、ちまたで合成界面活性剤と言われるものでも、肌を乾燥させることは間違いないので、使う量や強さを間違えれば、十分悪になると思います。

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル (C10-30))クロスポリマー、

ジェル状にするための高分子ポリマーですね。

透明度の高いこういうジェル製品にはよく入ってるものらしいです。

今さら「合成ポリマーは顔にラップをかけるようなもので肌が呼吸できなくなる・・うんちゃら」とかいう話しは信じませんよね?

これ自体特に悪ではないと思いますが、泡を肌に乗っけているより、ジェルを乗せている方が、長く乗せてしまう=界面活性剤との接触時間を長くしてしまう=刺激が強くなってしまう、ということになりがちかと。

ただ、かなり固いテクスチャーなので、角栓に刺激を与える効果はあると思います。

マンニトール、トレハロース、ルビトール、

保湿力の高いアルコールや糖で、製品に占めるその割合がかなり高いようですね。

ゆえに、使用感はとてもおだやかで保湿を感じるから、安心感があるんだと思います。

安心感があるから、ついつい長くマッサージしてしまう・・・。

調べて見ると、マンニトールは油性物質となじみがよいようで、多少は「角栓クリア成分」として寄与しているかもしれません。

もちろん、それであなたの頑固な角栓が小さくなるかといえば、砂漠に水をまくようなものだと思います。

あ、あと、EDTA- 2Naが入ってますね・・・ミスチリン酸が入ってるからなんでしょうか? エデト酸は旧指定成分だし、アレルギー起こす方もいらっしゃるし・・・この手の製品にはよく入ってるみたいですが、あんまり肌に乗っけたくないなと思いました。

結論:昨日できっぱり使用をやめました

毛穴が綺麗になるなら、多少のアレルギーリスク(エデト酸塩)や乾燥(界面活性剤)など、他の手段でどうにかしますが、大して綺麗にならないんで・・・。

肌を、こういった強い洗浄剤で常に軽くピーリングしていれば、肌が柔らかくなったと感じたり、綺麗になった、凸凹が軽減されたと感じると思います。

でも、使い続ければ、肌が乾燥し、敏感肌になる可能性が高いと思います。

鼻の毛穴は皮脂の分泌があるので、インナードライになっていることに気づきにくいですが、角質層が薄いので、乾燥しやすい場所なのです。

オブラートに包まず言えば、こんなデリケートな場所に、こんな刺激の強いものを使って良い訳がないです。

ほっぺに使ってみて強いな、と思ったら、鼻の毛穴にだって使っちゃいけないんです。

でも、短期的に使う、週に1,2回使う、 という使用方法ならアリかと思いますが、それは角栓がやわからい(ピンセットで角栓がつまめないタイプの方)方のみで、固い角栓のお持ちの方は、びくともしないから意味ないと思うので、他の物理的な方法か、しっかりとしたピーリングを、適切な間隔(医者に聞いてー)でやる方がいいと思います。

重ね重ね申し上げますが、これは一個人の感想であり、他の方が使えば違う感想だったり、オススメだったりすると思うので、あくまで参考程度にお願いしますね。

ま、安いし一回使ってみてもいいとは思いますよ。

でも、ちゃんと肌がどう言ってるのか、耳を傾けてあげてくださいね。

悲鳴を上げてたら、即、使用をストップしましょう。

繰り返しますが、アラサー以上は頬の毛穴なんかに使っちゃダメだからねーーーカッサカサよーー!個人の意見だけどーー!

 

 - 酵素洗顔・クレイ洗顔