鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴に優しくしっかり落とす:クレンジング研究2

      2015/10/29


今度は激しい下○に襲われた櫻田こずえです、皆さんごきげんよう。

もう、超ごきげん悪いです、櫻田の身体。(のっけっからすみません。。)

何を食べても急降下でトイレ直行。夜中も2,3度起きてトイレへ。。。

ウィルス性だったらしく、治療してもらって治りましたが、

痔、口内炎、脂漏性皮膚炎、咳喘息、カンジダ、下○、、、、、。

しばらく微妙なレベルの病気が続いていますが、さあ、お次は何じゃー。

。。。あまり無理をしないよう、低出力で生きてます。



ところで今回は「石鹸で落ちる」ファンデが、本当に石鹸で落ちるのか試してみます。

常日頃、「石鹸で落ちる」訳が無いと思っていたと言うか、

実際、「石鹸で落ちる」ファンデーションでしっかりメイクすると、石鹸じゃ落ちない。

正直、全然落ちないと思って、いつもクレンジングしていました。

ファンデを顔に乗せた瞬間に、これは石鹸じゃ落ちねぇだろう、って感じる。


しかし、そんな「感じ」だけじゃ説得力がないと、今日も櫻田こずえは実験に没頭。

ブランド名は伏せて置きますが、、、。


ちなみに、このブランドのファンデは「24h落とさなくて良い」という触れ込みなので、

24h落とさなくても良い位いだから、文句を言われる筋合いはないのかもしれません。

だがしかし、「石鹸で落ちる」と言い切っているし、
(合成防腐剤や合成ポリマーなど化学成分を含まない、辺りが根拠のよう。)

櫻田個人的には、酸化した油分や酸化チタンをずっと肌に乗せておくのは嫌だし、

ミネラルファンデだって、何だって、付けたらきれいに落としたいと思っています。


ということで、「石鹸で落ちる」ファンデの実験を開始しまーす。

#この実験はファンデを塗った量やくるくるの回数や圧力等、条件はすべて
#「櫻田の感覚」による恣意的なものであり、メーカーの想定とは違うと思います。
#ですので、櫻田がやったら石鹸で落ちない場合があったけど、
#落ちる場合も多々あると思います。


■ まずはスティックタイプのいかにも落ちなそうなファンデから。

櫻田はコンシーラー的に使っています。

また、ココゾというときの短期決戦ではこちらのファンデが欠かせません。

いかにも塗った感じに仕上がります(笑) きちんと感がでるんですよね~♪

毛穴はイマイチ毛穴落ちします。頬の辺りの目立つ部分を美しく見せてくれます。

あ、実験、実験。


まずは腕にぐりぐりと塗って、軽くティッシュオフします。
左は石鹸用にそのまま、右はサッポーのクレンジングでくるくるします。
soapdeochiru2.jpg

そして、石鹸(サッポーの)をガシガシ泡立ててから腕に乗せ、
クルクルと泡で洗います。2-30回クルクルしたと思います。肌はこすっていません。
soapdeochiru3.jpg

ぬるま湯で流し、ティッシュで肌をこすってみます。わー。
soapdeochiru4.jpg

つーか全然落ちてないじゃん、つーかサッポーでも落ちてないじゃん orz…
ちょっと分厚く塗りすぎたかな(CMのマリエちゃんも相当厚塗りだと思いますが)
と思うので、薄く塗って石鹸だけで実験もしてみました。


soapdeochiru5.jpg
うーん、ファンデ部分が断固として石鹸やお水をはじいている感じがします。
油分が多いので、致し方ないといえば仕方ない。


結論:石鹸で落ちるスティックファンデは、石鹸では落ちませんでした。

あくまで櫻田による超個人的な実験では、ですが。。。




油汚れって、石鹸で理論上は落ちることになっているじゃないですか。
石鹸は界面活性の力があるので、油分と水分を乳化させて、洗い流すと。
でも、頑固な油汚れって、凄くこすったり、2度洗ったりしないと落ちませんよね。

なんかそんな感じかなぁ、と思いました。
このスティックタイプは油分が多くて重すぎるんです。
えぇ、理論上は石鹸で落ちるんだと思うんですよ。




じゃぁ、オイクレなら落ちるのか?と思って、早速実験。
また腕に塗りつけて軽くティッシュオフして、オイクレとマルティナでくるくる。
soapdeochiru6.jpg

マルティナ超非力(笑) しょうがないです。オイクレ流石!結構落ちてます。
soapdeochiru7.jpg


しかしなんと、塗るのが厚すぎたのか、オイクレ若干残りました。
もう少し薄かったらPerfectだったと思います。
soapdeochiru8.jpg#超うっすらですが、クレンジング後に肌をこすってこうなったらぎょっとします。。


学んだことは、厚塗りをしたら、パフやコットンでふき取る必要があるのでは、
っていうことです。
クレンジングによる化学的な洗浄力よりも、こすり取る物理的な除去力、
その力は相当大きいのでは、と思いました。ま、肌が痛むんですけどね。

つまるところ、間違っても厚塗りはするなってことです。



■ お次はパウダリー。

気を取り直して、普段使いでもう3個目に突入のパウダリー。
スティックタイプよりさすがに油分も少なく、超軽い付け心地でお気に入りです。
これも落ちていなかったら泣きます。


左は石鹸だけ用、右側は念のためサッポーを手配してみました。
soapdeochiru9.jpg

今までの実験と同じように、サッポーの石鹸でくるくるくると。。。


良かった、石鹸でも落ちてた!
soapdeochiru10.jpg

一安心です。パウダリーは油分が少ないので大丈夫だったのでしょうかねぇ。


結論:石鹸で落ちるパウダーファンデーションは、石鹸で落ちました!


実験後の残骸。。。
soapdeochiru11.jpg


■ 石鹸で落ちなくったって良いんです。

最後にフォローしておきますが、このファンデーション、肌にはやっぱり優しくて、

落ちなかったスティックファンデも含めて、これからも使います。

櫻田、気に入っているんです。

酸化チタンがコーティングされてないとか、ナノは嫌だという方も多いと思いますが。


「石鹸で落ちる」という言葉から、消費者が勝手に抱くイメージを利用していて、

天然成分だけを使った、無着色無香料、パラベン不使用とか、そういうのの一種。

マーケティング=商品を売る方法論としての、キャッチコピー。


でも、商品として櫻田は良いと感じているので、これからも使いますよー。

しかし、スティックはリピするか、ちょっと迷いますねぇ。


次回の実験室は、「じゃあこすったら落ちるの?」に迫ってみたいと思います。

毛穴ってこすれないから、こすったら落ちます、じゃしょうがないんですけどね(笑)


 - クレンジング