今週の櫻田7/5更新

VIOレーザー脱毛初日一部始終その1@みずほクリニック(池袋)

スポンサーリンク

いやー、ちょっとヤラセ記事になっちゃうんじゃないか?ってくらい、これからみずほクリニックを褒めようと思っている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
アフィリエイトとか、紹介料とかないので、純粋によかったからです!
・安い
・明朗会計
・受付の感じがいい
・看護師さんも感じがいい上に、テキパキ、親切、丁寧
・院内超キレイ
・個室が広くてキレイ
・ヤグ・アレキサンドライト・ダイオードのフルセット揃っている
・先生が気さくでいい人っぽい
・ターミナル駅池袋徒歩2分
なのに、最初に戻りますが、安いんです!
ありえん。
なんだろう、すごい満足して帰ってきました。
順を追って解説して参ります。

なぜみずほクリニックを選んだのか

VIOレーザー脱毛:アレキサンドライト・ダイオード・ヤグどれがいいの? 
で出した結論は、
「ヤグも用意されている・麻酔アリ・安い」
でしたので、それに沿ってあらゆる脱毛クリニックを調べた結果
VIOレーザー脱毛予約しました!★レーザーと硬毛化の関係 
・アレキサンドライト/ダイオード/ヤグ有
・Vは全体をカバーしている(ようだ)
・VIOは麻酔代無料
・1回ごと都度払い料金が基本で安い!
・パーツ(ほとんどが3,000円/1回)料金体制がシンプル
ということで、みずほクリニックを選びました。
みずほクリニック:脱毛

池袋駅西口からとっても近い&改装したばかりでとってもキレイ!

脱毛は通いやすさも大切なポイント。
JR池袋駅の西口から、2分くらいで着きます。
みずほクリニック:アクセス
C6出口直結で、紫外線NGの方にもおすすめ。

事前に時間を潰すなら、カフェド巴里がおすすめです。
カフェ・ド・巴里 池袋西口店★ゴージャスでカオスで落ち着く不思議な空間

ということで、池袋駅からパリ経由でみずほに到着。
平成26年にできたクリニックだそうですが、最近脱毛フロアを増床したそうで、ほんと、お手洗いも施術室もピッカピカでした。
みずほクリニック:当院について

受付の方の対応がとてもよかった!

おそらく、これまで通って来た、リーズナブルな美容皮膚科の受付の対応が相当酷かった、という経験があったからだと思いますが・・・。
今回も、たとえ横柄な態度を取られても気にしないぞ!なんて構えていたからかもしれません。
電話での問い合わせも、受付での対応も、とにかく親切で丁寧で、リーズナブルな美容皮膚科でありがちな「あーめんどくさ」「上から目線」みたいな態度はみじんもありませんでした。
「受付の対応」って、実は結構大切だと思うんです。
それは、そのまま看護師さんの対応、医師の対応を表すものだと思うからです。

全パーツ1部位3,000円って安すぎ!シンプルすぎ!

VIOレーザー脱毛予約しました!★レーザーと硬毛化の関係
でもお話ししましたが、とにかく分かりにくいんですよ、脱毛の価格設定って。
簡単に言えば「全身全部お任せします!」のオールパックが、クリニックとしては一番儲かるから、そこに向けて、面倒くさくしているんじゃないかって気がします。
受ける方としても、オールパックが一番お買い得だし確実なのですが、櫻田のような特殊中途半端パーツ野郎(クリニックとしては上客ではない)にとっては、単発とか、個別パーツって、割高になっていることが多いし、とにかく分かりにくい。
そこを、全パーツ3,000円は嬉しい♪
もちろん、全身脱毛のプランもありますが、そちらも明朗で安いですよ。
みずほクリニック:医療レーザー脱毛
VIOなら、3ヶ所で9,000円+税ですよっ!
Vの中もOKですよっ!
医療レーザーですよっ!
それも、3回だとセット割引とか、入会金とかそういうのがないから、迷いなく、無駄なことを考えずに通えるのも嬉しいです。

初回全身脱毛し放題の落とし穴

櫻田はVIOしか興味はなかったのですが、初回限定でこんなお得なプランが!
みずほクリニック:初回全身脱毛し放題(30分で10,000円)
早速こちらで予約したのですが、ちょっと気になって事前に電話で問い合わせをしました。
櫻田:初回全身脱毛し放題でVIOは選べますか?
受付:はい、お選びいただけます。
よかった〜。
受付:ただ、麻酔をご希望の場合は脱毛時間は20分となります。
麻酔クリームを塗ってから、10分ほど置かなくてはいけないからです。
櫻田:なんとーーーっ!←心の中の声です VIOは20分で終わりますか?
受付:おそらく時間は余ると思いますよ。
櫻田:ほっ。
よかったー♪
だって、VIOで全部時間使っちゃうなら、VIO単品で9,000円の方が安いから、脱毛し放題10,000円の意味ないじゃーん、と思って。
どこまで施術していただけたかは、また追ってレポしますね。

受付→先生のカウンセリング

#写真はイメージです
さて、初回の脱毛し放題では、希望部位を書いて、順番に、時間のある限り照射、というシステムになっています。
・第一希望:VIO
・第二希望:あご+顔全体
って書いたかな、多分。
で、それをもとに小松先生のカウンセリングです。
みずほクリニック:院長紹介
気さくで、話しやすく、しかし程よくドライで、どちらかと言うと職人系の方だと思います。
・アレキサンドライト/ダイオード/ヤグのあるクリニックはあまりない
・VIOはヤグっきゃない(語尾はイメージです)
とのこと。
VIOの毛や色素沈着の具合をお見せしながら話した訳ではないので、おそらく、こちらではVIOはヤグ一択っぽいです。
望むところだっ!
あまり脱毛結果が芳しくない場合は、途中でレーザーの種類を変えるとおっしゃっていました。
あごについては、アレキサンドライトとの説明。
この値段で3種類レーザーがあるというのは、ほんと素晴らしいですね。
その他、注意事項やリスクについて通り一遍の説明を受けて、トータル5分未満かな。いよいよ施術です。

麻酔クリームを自分で塗って、紙パンツ履いて、待つ

カウンセリングが終わって待合室で待っていると、看護師さんに呼ばれてお手洗いへ案内されます。
お手洗いの前で白い麻酔クリームがたっぷり塗られたガーゼを2セット、そして紙パンツを手渡され、
・Vに1枚、IOに1枚ガーゼを貼り付け、その上から紙パンツを履いて下さい
・待合室でそのままお待ちください
との指示を受けます。そっ、そのままっ!?
いえいえ、つまり、クリームを塗った後、紙(不織布)パンツを履いて、それからデニムを履いて、そして待合室に戻ることになります。
スカートの方がいいかもですね。なんか、はみ出したクリームがデニムについたらいやだなー、みたいな気持ちになりました。おそらくそれほどつかなかったと思いますが。
そして、10分くらい経過すると、先ほどの看護師さんに呼ばれて、上の階の脱毛フロア?へ連行されました。

個室は広くて殺風景でとてもキレイ、そしてスタンバイ完了

個室はちょっと広すぎじゃない?ってくらい広くて、清潔です。
そこで看護師さんは一度退出され、下は全て脱ぎ、おなじみ、前ボタンの腰巻タオルに身を包んで、声をかけ(多分、着替えの最中は扉の外で待ってくださっているようです。)、いよいよ施術スタート。
櫻田:ヤグレーザーをVIOに打つの、初めてなんです、痛いですよね。
看護師さん:そうですねぇ、ちょっと痛いかもしれませんが、出力は調整できますよ。
櫻田:いえっ、いえいえ大丈夫ですっ!
出力弱めてもらって、抜けにくくなるくらいなら、どんな苦痛にでも耐えます!とにかく早く毛が抜けて欲しいのです!それだけなのです!
ということで、ベッドの上に仰向けに寝て、まずはVの照射となります。
テキパキと腰巻タオルのボタンが外され、露わに・・・キャッってもう、脱毛で10回以上、赤の他人にそこを露わにしてるので、羞恥心はこれっぽっちも残っていません。
「おばさんになること=羞恥心を失うこと」らしいです。
櫻田のVIOは立派なおばさんですね。
さて、20分のタイマーがセットされ、マシーンのスイッチが入り、ピッという電子音が個室に鳴り響き、いよいよ脱毛が始まります。
ドキドキ・・・・痛くて耐えきれなかったらどうしよう・・・

い、痛くない?

まずはVの端っこを、お試しのように1発照射してくださいました。
バシッ!
看護師さん:どうですか?大丈夫ですか?
櫻田:全然痛くないです、大丈夫ですっ!
音は派手ですが、これが、全然痛くないんです。
いやもう、ほんと、ゴムで弾かれるというより、伸び切ったゴムがちょっと当たったくらいの、いやもう、蚊に刺されたくらい(それは言い過ぎ)の衝撃の痛くなさでした。
多分、Vの端っこで、毛も少ないからだと思いますが、それにしても痛くない。
麻酔のおかげ?

ということで、長くなってまいりましたので、続きはまた次回!
次回は、IやOでのヤグレーザーの痛みについてや、痛みを和らげる工夫、痛み以上に辛かったこと、そして、前代未聞の衝撃のポージングについて、語り明かしたいと思います!
https://datsumo.sakuradakozue.com/vio-laser-mizuho3/
 
 

マニアック脱毛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?