鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

パントテン酸大量摂取でアトピーも治る気がして来て困惑する櫻田

   

Pocket

パントテン酸が製造中止になるなら、一生分買い溜めることを誓う、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
#保存どうしよう

何って、アトピーが治ってきちゃったんですよ・・・ちょっと困惑してます。

いやまぁ、ネット上の適当なコピペ情報や、怪しいサプリメント情報では、
アトピーに効くという記述がありますが、所詮、都合の良い適当なコピペ・・・
と思っていましたが、ここまではっきりと症状がなくなってしまうと、冷静さを失います。

たまたま体調が良いだけ?

櫻田は夜泣き(笑)する程のアトピー症状を、人生で数回発生させてきました。
痒くて眠れなくて、結局かきむしってシーツが血だらけになり自己嫌悪する、的な。
大爆発は、20歳前後と、30代半ば。

atopi0831#これは30代半ばの脇画像 背中一面こんな感じでした。
#櫻田は顔に出にくいのが救いです。多分毛穴が汚いから遠慮してるのでしょう。

櫻田こずえアトピー記事一覧
http://keananobaka.com/category/kozuesakurada/atopy

後は、お守り的ステロイドと、アンダーム軟膏と、ワセリンでなだめなつつ、
体調やストレスで、良くなったりちょっと悪くなったり、を繰り返しつつ、
常に痒くなる左の脇は、永遠に治らないとしても、
まあ、それはお付き合いしていきましょう、と思っていました。

が、ワセリンすら塗らない日が来てしまいました!
何も塗ってないのに痒くならない。暖房が強くても、夕方疲れて来ても痒くならない!
何それナニコレ珍百景?#深夜帯の時見てました


主婦湿疹がなくなり、素手で料理できる日が来るのかもしれません!

#手袋なしで料理すると、こうなります。

■ パントテン酸は副腎皮質ホルモンの生産を促進する?

アトピーは、副腎皮質ホルモンの一つである「糖質コルチコイド」が不足することが、
原因の一つだそう。「抗炎症、抗アレルギー」作用があるようです。

詳しくは、ググってみて下さい。
信頼できそうな資料を見つけられませんでしたが、
それ系の情報は、サプリやアトピー療法の宣伝目的で、沢山コピペされているので。

そして、その「糖質コルチコイド」は、
「コレステロール、ビタミンC、パントテン酸」が、材料になってるらしいんですね。
だから、パントテン酸を大量摂取したら、糖質コルチコイドも大量生産されて、
アトピー症状が軽減された・・・??

納豆で血液サラサラ的安易さを感じます。

そんな身体の構造は単純じゃないですから、
工場に材料を送り込んだって、指令が来なかったり、工場が機能していなければ、
ぱっと分泌してくれるワケないと思うんですよ。

困った時の中立情報は、やはりこちら。
「健康食品」の安全性・有効性情報(国立栄養・健康研究所)
https://hfnet.nih.go.jp/

うーん、そんな効果は認められず。やっぱり夢物語かしら、偶然かしら。

でも、現に身体中の皮膚が健康を取り戻しているし、
皮脂の分泌など、あからさまに減ってるし・・・信じるしかない状況。

■ ほんっとに大量摂取し続けても大丈夫なの?

ということは、1日5グラム摂取しているので、ずーっと気になっています。
「健康食品」の安全性・有効性情報サイトでは、
なんだか大丈夫そうな記述があるものの、
(動物実験でで過剰障害が認められたことから)
「ヒトにおいてもパントテン酸の過剰摂取による健康障害が現れる可能性がある」
と記述されている資料もありました。

滋賀県立大学柴田教授の研究
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H20-II-09.pdf(PDFファイルです)

柴田先生に、伺ってみたい・・・なんで皮脂が抑制されるの?アトピーが治るの?これはパントテン酸の効果なの?ほんとなの?1日5g、1年で1,825g、10年で18,250g=18kgのパントテン酸をとっても大丈夫でしょうか?

とりあえず櫻田は元気です。それも、以前より元気です。
10年後、2何が起きるか分かりませんが、
とりあえず毎日5g(飲めてない日も多いが・・)食べ続けます!



副作用がない保証は全くありません。
誰にでも効くワケではありません。あくまで櫻田の個人的体験です。
櫻田の皮脂やアトピーに効いたのは、パントテン酸以外の何かもしれません。

そこんところ、よろしくね!

 - パントテン酸