鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

ご質問にお答えします★砂漠でクマ出没

   

Pocket

あまりにも「あなたは私ですか?」な質問を頂いて、生き別れた妹の存在(いません)を感じずにはいられない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ブログに頂くご相談に、今まで何度も感じています「お主は私かっ!」と。

ということで、お返事を書いておりましたら、皆さまにもお伝えしたいことが沢山ありましたので、念のため許可を頂いて公開お返事をさせて頂くことにしました。ガサガサクマ子さん、ありがとうございます!

そして、お返事、メチャクチャ長いです、すみません。

毛深い女子なら猛烈に頷ける、こんな過去の過ち・・・

毛穴に悩める女子の、毛深い率の高いこと高いことっ!

これは、明確に「毛穴トラブルの根本原因はホルモンバランスにある」ことを物語っていると思います。櫻田も超剛毛。

アラフォーなのに無尽蔵♪この毛穴油田が悪いのさっ★2
<体毛が濃い、生理不順、毛穴が汚い かつ or または ニキビ>

この前バッハ君にちょっと話したら、びっくりされました。え?剛毛だったの?全然そんなことないじゃん?←後ろを向いてガッツポーズ

いやだって、こんなにお金をかけて脱毛したんだもの!

櫻田こずえの赤裸々脱毛履歴書はこちらから

だから、分かり過ぎるのその苦悩・・・ということで、ガサガサクマ子さんのお悩みを。
私は、毛深い遺伝子の為に…中学生に上がった時からずっと…3日に一度のペースで毛深い顔を剃り続けてきました。しかも、電気シェーバーでは弱いので、普通のカミソリで…。
そいえばピンクのカミソリ、家にあったな・・・これ、肌荒れするんですよね、ガードも何もなくて。だから深剃りできる。


そう、女性用電気シェーバーって、太い剛毛に複数当たると、絡まって止まっちゃったりするんですよね・・・深く剃れないからすぐチクチクするし!分かるよ、分かり過ぎます。
顔の医療脱毛も10回以上ほどもうしており 、ほとんど薄くなりました。しかし毛深い女なので…まだ、濃い部分の鼻下の髭や鼻毛の部分は濃くあるので…それはまだこれから脱毛をする予定です。でないと、まだ毛を剃り続けなければならなくなるので、早く脱毛を終わらせ、肌を剃らないようにしなければいけません。
あーもう、そうなのよーーーーっ!

顔の医療脱毛も10回(弱めのレーザーも合わせて)以上やってるけど、相変わらずアゴ下のヒゲは毎日チェックしないとヤバイです。針金みたいなのとか、1cmくらい長いのとか、気付くと生えてて、泣きそうになります。

↓実際にチェックし忘れて伸びてしまった櫻田のアゴヒゲです。

私は本当に毛深くて…(泣)鼻の毛・小鼻周りの濃い毛は小学高学年から気にしており大きいコンプレックスでした 、女なので…(泣)
ですよね・・・ほんと、ほんっとに、つるっつるの人が羨ましかった。いや、今も羨ましい!あんたよりどれだけ毛に金かけたと思ってんのよ!
なので、鼻のてっぺんの毛や小鼻周りの毛も、カミソリでガリガリ剃ってきました (剃毛クリームを塗って)
わーん、わーん、そう、一度やり始めると、もう、後には引けないんですよね。彼氏がいたり、女友達の目線があったり、毛深いなんて絶対に思われたくないし、実は毛深かったの?なんて言われたらもう、もう人生終わりくらいに思ってしまって、強迫観念。

そう、お肌に悪いことは分かっていて、クリームやら何やら塗ったりして保護しようとするんだけれど、何より大切なのは、毛が見えないこと

それ以上に優先すべきことはなかったんです・・・それに比べたら肌なんてどうでもよかった。若くてキレイだったしね。

お悩みその1★お肌が極度の乾燥砂漠

無駄毛や産毛と共に、肌も削り続けてしまったクマ子さん。
結果→それを10年以上続けてきたわけで…若い頃は気づきませんでしたが…お肌の曲がり角という年齢 を超えてから…本当に、ふっと気づいたら 化粧ノリが悪いとはこの事か!!!というのと・肌にスキンケア用品が入っていかない!!!化粧水を二度三度入れても、、乾燥…。肌は砂漠です…(T_T)
これは、角質層がもの凄く薄くなってしまったのだと思います。俗に言う「ビニール肌」ってものだと思います。

櫻田は毛穴すっきりパックのやり過ぎでなりました、はい。

#ちなみに角栓がポロっと取れてますが気にしないで下さい。

カミソリを肌に当てて毛を剃ると、お肌の表面である角質層の角質も一緒に削り取ることになります。(毛穴すっきりパックで剥がすのと一緒です)

お肌の潤いは、表面的には角質層にどれだけ水分を保持できているかにかかっていますが、その角質層が薄くなればなるほど、保持できる水分量は少なくなってしまいます。

↓このオレンジの層が減ると青い水玉(水を抱えてくれる物質)も減っちゃうじゃない?


例えばですが、10層と2層の角質層では、それぞれが蓄えられる水分量には、5倍の開きが生まれますよね。

また、この何層も重なったレイヤー層である角質層は「ターンオーバー」によって一定期間の間(28日と言われていますが、個人差や年齢差が激しいようです)にどんどん作り替えられます。

(層はもっと多いです、単純化してます)

一度や二度剃ったくらいで何も問題は起きませんが、肌の回復力が衰えて来る年頃になると、ターンオーバーによる角質層の回復も衰え、水分保持能力も衰えて行きます(水を抱えてくれる成分も減る)。だから、歳をとると乾燥しやすくなるんです。
現在2◯歳。 20代半ばから…ふっと気づくと、肌がガサガサ…スチーマーで毛穴を開かせてその後に化粧水を入れても入れても乾燥します。なのに、顔からの油分は多く、鼻はテカリが凄く…化粧崩れがスゴイです(T_T)
よく植木鉢の水やりに例えられてます。

・土が少なければすぐに流れ出る。(肌が薄い)
・砂利のような土ならばいくら土があっても流れ出る。(水分保持能力が低い)

スチーマーをしようと、どんな高級な化粧品を使おうと、水を抱えてくれる角質層が薄くなり、水分を保持能力も落ちていれば、保持出来る水分は常に少なくなってしまうので、どんなに化粧水を入れても、あっという間に流れてしまうだけなのです。

肌は外界から身体を守るために存在する

身体にとって肌は、美醜の目的ではなく、「異物が身体の中に侵入しないようにバリアとなって外部から身体を守る」という役割のために存在します。(身体の水分が蒸発していかないようにする機能もあります)


表皮にある角質層は肌表面に存在して、外界と接して常に異物やらの侵入を防ぐ役割を与えられています。最前線です。

角質層の間は、セラミドなどを含んだ細胞間脂質が存在し水分を抱え込み、角質層の間を埋め、異物が侵入しないようにぴっちり「バリア」することが、何よりも大切なのです。

層はあっても、青色の水玉=細胞間脂質が十分に作られなくなることも、乾燥の原因となります。それを補う意味で、細胞間脂質であるセラミドが入った美容液が保湿に効くんですね。


潤っている肌=バリア機能の強い良い肌

潤っていない肌=バリア機能の弱いダメ肌

カミソリで削られ、年齢と共に細胞間脂質の減った、頼りない角質層のバリア機能に危機感を感じると、身体は他の方法でどうにか肌を潤おそうとします。

その緊急手段の一つが肌の表面を覆う「皮脂膜」をより分厚くすることにより、水分の乾燥を防いだり何なりで、どうにか保水力を補強しようとすることです。

はい、ここに「乾燥するのに、皮脂テカな肌。」の出来上がりです。

#ちなみに「皮脂テカ」の原因は、こうした「危機的乾燥をどうにか回避するための緊急策」でもありますが、主な要因はホルモンバランスだと思います。ゆえに、肌が潤うようになっても皮脂テカが根本的に解決する可能性は低いです。

乾燥しない角質層を育てるには?

さて、乾燥する原因が分かったところで、どうすればいいのか?それは、

角質層を育てることです。

分厚くすることです。角質層がしっかりとした細胞間脂質を自前で作るように、良質な層を育てることです。その手っ取り早い方法はなく、高級化粧品の殆どは無意味です。(粗悪な化粧品を避けることは大切ですが)

守る
・適度な保湿

・紫外線ケア

余計なことしない
・極力刺激を避ける


もう、これはスキンケアの永遠のテーマであり、一つの記事で語り尽くせるものではなく・・・手前味噌になりますが、別ブログの「角質培養ブログ」を参考にされて下さいませ。

角質培養まとめブログ

 

また、「宇津木式スキンケア」でも「サッポー美肌塾」でもいいです。


どれでもいいんですが、とにかく、

・肌に余計なことをする習慣
・手っ取り早く美肌になろうとする思考回路

を改めるような、地味なスキンケアを身につけることが肝心だと思います。

お悩みその2★クマとちりめんシワ

そして、クマが小さい頃から目立っていたのですが… 最近は、クマ(クマ部分も皮膚の薄さがひどい)&ちりめんシワがすごい(T_T)
茶グマ、青クマ、黒クマ・・・クマは昔から美容雑誌の定番ネタですが、いずれのクマに対しても大した決定打がなく、血行を良くしましょう!目の使い過ぎに注意しましょう!とか、よく寝てよく運動しましょうみたいな解決策(と、高い化粧品の宣伝)しか提示されていないと思います。アトピーや脂漏性皮膚炎と同じ、決定的な解決策がないものと考えて良いのではないかと思います。

毛穴ケアにも同じことが言えるのですが、「毛穴対策アイテム」や「毛穴専用スキンケア方法」ではロクなことになりません。大抵、一瞬はキレイになりますが、肌を痛めたりして、反対の方向に働くだけだと思います。


クマも同じで、クマ対策用アイテムやスキンケア方法が提案されているならば、あまりそれはしない方がいいような気がします(クマ対策をしたことがないので推測の域を出ません)

そういったものは、ミクロの視点で、短期的にすぐ結果が出るものものになりがちですが、その多くは「未来の美肌を捨てて、明日の一時的な美肌」を実現しているだけに過ぎないことが多いと思います。

肌全体として、身体全体として、不自然なことをしても、長期的に肌はキレイにならない。

もし、【肌の乾燥肌の治療(顔の肌の保湿がすごい!!!)】【クマ(クマ部分の皮膚を厚くするのにはこの治療法がすごい!!!)&黒い色素のクマを肌色にしていけるような治療法】

で、知っているものがあれば… 櫻田さんに教えて頂きたく思っております…。

ということで、オススメできるものはありません。

また、クマ子さんのご期待を否定するようで申し訳ないのですが、「この◯◯がスゴい!」とか「一週間で驚きの変化!」とか、そういうものは基本的に信じない方がいいと思います。

どうしてもと言うならば、まずは信頼できる美容皮膚科の先生に相談されるのが良いと思います。(そのご予定ということで!)

でも、ご自身でも「皮膚を厚くすること」と書かれていて、原因は分かっていらっしゃるのだと思います!



なお、ちりめんシワの浅いものなら、乾燥に起因する場合が多いので、紫外線対策をきっちりして、保湿を心がけることで多少は改善すると思います。

真皮層まで食い込んだ深いシワを改善するのは、こちらも自力では無理で、美容皮膚科のテリトリーになってしまうと思います。

シワをなくすというより、肌がすくすく育つ環境を整えること、が何より大切で、紫外線対策、保湿、そして肌に刺激を与えないこと、しか方法はないのではと思います。



櫻田は医者でも何かの専門家でもないので、お話ししたことは、あくまで今までの自分の体験とネットや本でかじった情報からの推測に過ぎないこと、ご了承下さい。

ガサガサクマ子さん、きちんとお答えできていない部分もあると思いますが、何かご質問があれば、またご連絡下さい!



ちなみに、偉そうに「すぐに結果を求めるな!」みたいなこと書きましたが、夫のバッハ君からは、

バッハ:こずちゃんはいつも「正解」を「すぐに」手に入れようとするよね。

と言われます(笑)

・【美人ブログ】ある日の装いより

でも、何でこうも肌って不公平なんでしょうね。

世の中には、タバコすっても、夜更かししても、安いクレンジングでも、ポテチが夕ごはんでも、SPF40の日焼け止めを顔に塗っても、美肌な人がいますよね。

恐らく遺伝的理由で肌の汚い人は、どんなに肌の勉強をして頑張ってお手入れしても、毛穴は開きっぱなしだし、乾燥する・・・。それで、やれ食生活が悪いんだろうとか、汚い手で触ってるからだとか、前髪が刺激になってるからだとか言われる・・・。

えぇ、世の中はいつも不公平!

いつか歳とった時に真面目なスキンケアの差が出るさ!なんて思いますが、若いうちにキレイな肌だった人は、歳とってもキレイな気がします。それに、お金持ちなら、美魔女として(美容皮膚科の力で)一生美肌かもしれません。

えぇ、世の中はいつも不公平なのです!

でも、世の中の不公平さを嘆いていると、愚痴っぽくなって顔がたるんでシワが増えます。

それって、自分で不公平を増やしてるだけだなと思って、あまり愚痴らないようにしようと思っています。

ま、いっつもここで汚毛穴愚痴ってますけどね★

 - ご質問にお答えします