鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

「お〜い毛穴俳句大賞」課題:洗面所等で大きな角栓を見つけた時の女/男心 投稿作品紹介

      2018/10/22

そういえば、俳句を作るなんて小学生か中学生の頃の宿題以来だった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

開催してから気づいたのですが、季語がないなら「川柳」の方が正しかったかもしれません・・・俳句を愛する皆さま、ごめんなさい、次回は考えます!←次があるんかいっ!

ということで、皆さまからいただいた沢山の毛穴俳句達をご紹介して参りたいと存じます。

ご応募くださった皆さま、ほんとーにありがとうございました☆

本日は課題の部に投稿してくださった6句をご紹介いたします。

課 題:洗面所等で大きな角栓を見つけた時の女/男心」

エントリーNo.1:20代女性

1「毛穴には 夢と希望は 詰まらない」

はじめまして。
櫻田さんのブログを拝見して角質培養を始めちょうど20日たちました。
私は汚毛穴…というか肌全体が汚肌です。
中2の時からひどいニキビ肌で今は顔全体+あごにニキビが広がっている感じです!
全体的に顔が赤くて、かつ毛穴に大きな角栓がバンバン詰まってます。

KSPも謎のピーリング剤も皮膚科通院も顔脱毛もフェイシャルエステもやりました。
一時的に良くなることはあっても、劇的に良くなることはありませんでした。
爪でポリポリと角栓を取るのが癖になり、化粧はリキッドべったり塗って、オイルクレンジングでしっかり落とし、更にピーリング効果抜群の石鹸で洗ってました…。

何しても駄目なので諦めてましたが、角質培養を始めたらまず赤ニキビが激減しました。
白ニキビは日々たくさん出てきますが治るのが早いし、長年痛くて腫れるニキビに悩んできた私からしたら可愛いもんですw
やっぱり肌を苛めすぎてたのかもしれません。
前のスキンケアではお風呂から上がる前から肌がつっぱり 、翌朝には自分でも引くほど油でべっとりしていましたが、今はこちらのブログを参考にし、基本的に日焼け止めにポイントメイクで、夜はサッポーのクレンジングで洗い流すだけ。朝はぬるま湯洗顔です。
全然つっぱらない!油もおそらく普通の人よりは出るけど以前よりあきらかにベタベタしてない!びっくりです。今のところ乾燥は見られません。
肌がガサガサでモサモサなのはやっぱり気になってつい触ってしまうのですが、このまま頑張ってみようと思います。

あ、俳句は…色々詰まるものはあっても、これだけは詰まらないよなと思って詠みました。って日付け越えちゃいました。

櫻田講評

いろんなスキンケアをすすめてくれる人はいても「やり過ぎ!」って警告してくれる人って、なかなかいないですよね・・・櫻田もそれで相当お肌を炒め、いや痛め続けてしまいました。

全く何もしなさ過ぎ、は、それはそれで危険ですが「こすらないMさんの場合.2 衝撃角栓画像」毛穴が気になっていて「最新毛穴ケア製品」を見つけると、試さずにいられない人(例:櫻田こずえやこんなブログを読んでるあなた)は大抵スキンケアのやり過ぎです。皆さまもぜひ「角質培養ブログ」読んでね(宣伝)

>爪でポリポリと角栓を取るのが癖

お主、仲間だな・・・これできる人って、わりと上級者ですからっ!←嬉しくないよね

それにしても、うら若き20代の乙女に、こんな絶望的な俳句を作らせてしまう毛穴って罪なヤツ・・・・でも、そんな俳句を投稿しちゃうあなたが好きっ☆

あまりにも好きなので、この先ブログで「毛穴には夢と希望だけを詰めておきたい43歳櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!」とかパクっても許してください!

エントリーNO.2:男性 30代

2「鼻潰し まなこに映るは しらす丼」

鎌倉旅行を妄想しました。

櫻田より

さすが男性、それも、社会の荒波に揉まれている30代男性、コメントが粋に一言で、ハードボイルド毛穴俳句と言っても過言ではありません(もはや何を言っているのか分からなくなってきた)

鎌倉〜江ノ島辺り、しらす丼美味しいですよね。

ところでみなさん、この毛穴俳句、きちんと味わって頂けました?噛めば噛むほど味わい深く、まだ味わい切れていないくらい。

多分、大したことない毛穴の人にはこの毛穴俳句はすぐ理解できないと思いますし、つまり作者は大した毛穴の持ち主とお見受けします。

櫻田解釈:鏡の前でギュッと毛穴を絞ると、まるでしらすのような角栓がにゅるっと・・・櫻田のまぶたにはそんな情景が広がりました・・・想像力を刺激してくれる、豊かでミステリアスな一句ですね。

エントリーNO.3:女性 30代

3「角栓め ここで逢ったが 運の尽き エイッ!」

字余りなので最後のエイッは勢いでつなげて読んでください。角栓を抜いた効果音です(笑)
あえて「逢う」という漢字を使ったところがポイントです。
辞書によると親しい人に巡り合うという意味があるそうです。
毛穴と私たちは相当親しい仲だけれども見つけたが最後、一気に退治するぞ!という毛穴に対する冷酷非道な一面を表現しました。

櫻田講評

字余り過ぎるんだけど、なんか全体的に可愛いから許す!

角栓を退治しようとする勇ましい立ち上がりでありつつも・・・・最後は可愛く「エイッ!」と抜かれてしまう角栓!きっと角栓も喜んでいることでしょう。

さらに、複雑で説明し難い、毛穴と私たちの関係を、敢えて「逢う」という漢字を使うことで悩ましく表現するという上級テク・・・素晴らしい!

親しき仲にも毛穴あり、エイッ!←勢いだけで言っていて全然深くない

エントリーNO.4:女性 30代

4「憎いのに 大きかったらば 我れニヤリ」

自分で取れそうな大きな角栓やモサを見つけると、どうやって退治してやろうか・・・とニヤついてしまう瞬間を詠んでいます。

取ってはいけないとわかっているのに、気が付けば毛抜きを握りしめている私がいます。

取った時の爽快感を想像しながらニヤついてる自分を表現した気持ち悪い句となっております。

櫻田講評

毛穴に悩める老若男女の、基本あるある!

そうなんです、毛穴も角栓も憎いのです。

なのに、なぜ私たちは大きな角栓を見つけると快感を覚えてしまうのでしょうか。

今回の投稿の中で、一番共感係数の高い、いやしかし凡庸に終わってしまう可能性も高い、諸刃の剣テーマでしたが、そこを字余りでリズミカルに揺さぶってくるあたり、上級者!

おおきか っ たらば←うまく表現できないけど「っ」を休符のような感じで詠むととてもリズミカルです。

そして、日頃使わない文語的な「我」と、カタカナの口語的表現「ニヤリ」を組み合わせ、気持ち悪さに昇華させるテクニックは、やはり上級者ですね。

あなた、結構大きいの、持ってますね。

エントリーNO.5:女性 40代

5「そっと出し 指で潰して 匂い嗅ぐ」

はじめまして。櫻田さんのブログを読み始めた頃は途上国でバリバリ働く30代だった私もイギリスに住む40代半ばの専業主婦になりました。5歳のハーフの息子に至近距離で「ママ、お顔に穴がいっぱいあいてる」と心配されるごとに、ちょっと嬉しくなる自分に最近戸惑っています。

角栓って酸化した脂なだけあって臭いです。だけれど自分のものだからか、そのコクがクセになっちゃいます。誘惑に駆られてピンセットで取った日は指先に数粒つけてからしっかり潰し、伸ばして嗅いで、たそがれてます。小箱に角栓を貯めて、好きな時に匂いを嗅げるようにすることも考えましたが、虫が湧きそうな気がしてやめました。

毛穴の会、ロンドン開催を心待ちにしています。

櫻田講評

今回、しらす丼を超えてマニアック!と興奮したのが、こちらの句。

あらこういうの久しぶり!グロ好き30代男性かしらと思ったら、同年代の女性というからびっくり、毛穴なか〜ま〜。

匂い、します?

多分、サンプル数というか、サンプル量が少な過ぎて、よくわからないんですよね・・あと、櫻田の角栓は皮脂成分が少ないから、匂い抑えめなのかな、とかどうでもいい推測をしたりして、昼下がりをぼーっと過ごしたりします。

ちなみに昔「角栓を食べたら酸っぱかった」というコメントを頂いたことがありますが、櫻田は味を確認したことはありません、勇気のないチキン野郎です。

個人的に、「小箱に角栓を貯めて」の「小箱」という表現に、作者のキラリとテカるセンスを感じました。

そして、昔からブログを読んでくださってありがとうございます!もう、人生ともに生きてるようなものですね!毛穴に幸あれ!

そして、角栓を携えてロンドンでお会いしましょう!

エントリーNO.6:女性

「一年中 雨後のタケノコ 何故生える」

季節を問わず、雨でも晴れでも、気温にも左右されないのは角栓だけなのか…。この生命力め…取っても取っても…
あ、竹林から、特大のヤツが…わぁーい…

櫻田講評

わぁーいたけのここwww

ちなみに櫻田はたけのこの里派です。

確かにKSPで根こそぎ剥がした角栓たちなんて「雨後のたけのこ」という表現がぴったりですね。

そして、皮脂の分泌や角栓の出来具合についてなんですが、夏は酷くて冬は全然、とか言ってるヤツラは大したことないヤツだと思っています。

確かに夏は暑いんで暑っ苦しいから、皮脂分泌の不快度は高まりますし、確かにその量は気温にも関係するとは思うのですが、本当に皮脂の分泌が激しい人は、そのほとんどがホルモンバランスによるものだと思うので、夏だろうが冬だろうか、関係なくじゃんじゃん湧き上がる油田なんです。春とか夏とか関係ないし、100年で枯渇とかいう石油とかの比じゃないワケです。(100年も生きられませんが)

あなたも結構なたけのこ、お持ちなんですね・・・そう、取っても取っても生えてくるたけのこ・・・これからもお互い大切に育てて参りましょう!

以上が「課題:洗面所等で大きな角栓を見つけた時の女/男心」を詠んだ毛穴俳句でした。

「お〜い毛穴俳句大賞」フリー:毛穴にまつわることなら何でも 投稿作品紹介

 - 天下一毛穴武道会