今週の櫻田8/9更新(夏休み中)

脂漏性皮膚炎で毛穴どころではない。。

スポンサーリンク

真っ赤なお鼻の櫻田さーんは、いっつもみんなーのわーらーいーものー♪

クリスマスも近づきトナカイ気分で落ち込む櫻田こずえです、ごきげんよう!

脂漏性皮膚炎、頭皮はかなりおさまってきたんですが、

一番気になる鼻の頭が酷くなってきたので、

おじいちゃん先生のところに駆け込みました。

炎症なんてしてたら、角質培養どころではないので。。。

櫻田:鼻の頭の炎症が最近酷くて。。。
先生:あー、うーん、脂漏性皮膚炎ね、これは治らないよ、はーははっ(笑)
櫻田:えーん(泣)

すっきり、ばっさり、無理だと言われました。

でも、でも、このままじゃ困るんです。

クリスマスは接近戦なんです。恋人はサンタクロースなんです。

脂漏性皮膚炎は、原因も治療法もこれといって明確なものが確立されていません。

脂漏性皮膚炎 -Wiki-
皮脂中に含まれるトリグリセリドが、真菌(主に癜風菌というマラセチア属真菌)によって
分解されて遊離脂肪酸が生じるが、それが皮膚を刺激して接触性皮膚炎を生じるのが
一番の原因と考えられている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E6%BC%8F%E6%80%A7%E6%B9%BF%E7%96%B9

ビオチンを飲みつつ、生活改善しつつ、体調を整えつつ、

気長にお付き合いするしかない、っていうか遺伝、と言われても。。。

そんなことは言ってられません。恋人はサンタクロースなんです。

櫻田:クリスマスもこのままでしょうか。。。
先生:はっはっはー。(10分ほど無駄話)じゃ、抗生物質出し、、
櫻田:飲むんですか?カンジダになるから嫌ですっ!
先生:塗るやつだから、大丈夫。

あくまで対処療法として以下のものを塗るのが、脂漏性皮膚炎のセオリーらしいですね。

 ステロイド(皮膚の抵抗力が落ちる)
 抗生物質(アクロマイシン等 耐性ができやすい)
 抗真菌剤(ニラゾール等)

抗真菌剤と抗生剤の比較とアトピー接触性皮膚炎に効く薬 - 保団連 健康相談サイト

おじいちゃん先生はアクロマイシンを処方して来ました。

抗生物質はもう、気持ち的に大っ嫌いだし、本当に身体に良くないと思うのですが、

背に腹は代えられぬ(KSPに手を出した時もそう言っていたような。。。)

ということで、アクロマイシンを塗り始めました。

ごくごくうすーく、夜だけ、鼻の頭と痒みが酷い眉毛だけ。

炎症は減りましたが、所詮対処療法。

クリスマスまで(36歳ですが、拘ります。)かなぁ。。。

ところで、最近肌の常在菌にフォーカスした美肌論を良く聞きますが、

ちょっと大げさ過ぎる気がして、あまり信じていません。

でも、根本的な思想「Let it be」が一番!という発想には同意です。

お肌は何も手を付けない状態で複雑かつ絶妙なバランスを取り、

美肌を勝手に実現するものであり、殺菌という名のもとに、

そのバランスを崩すのは止めた方が良いと思います。

その視点から考えると、抗生物質を肌に塗るなんて、言語道断です。

長く続けるべきではないのは明らかですが、でも、恋人はサンタクロースなんです。

また、薬局の薬剤師さんがとても親切な方で、

おじいちゃん先生の言葉足らずをいつも補ってくれます。

 抗生物質だからってそんなに毛嫌いする必要はない。
 ビオチンは気長に摂取してみるとよい。2-3ヵ月分お願いしてみたら?
 脂漏性皮膚炎は完治が難しいし、酷い訳ではないから、あまり思いつめずにね。

ということで、年内は抗生物質+気長にビオチン。

年明けは対策を変えて行きたいと思います!

その他毛穴ネタ等
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

コメント

  1. 名無し より:

    櫻田様

    今晩は、名無しでございます。
    私は鼻のかみ過ぎで鼻が赤くなっております故、
    『AKH35』でぜひユニットをお願い致します。
    (AKH=赤鼻、35は年齢)

    脂漏性皮膚炎。
    婦女子には手ごわい相手でございます。
    しかし、体内から湧き出る皮脂。という事は、
    『ほぼ完全100%天然オイル』かも知れません。
    この際、指先でちょちょいと取り、
    いっそ目周りなどの乾燥エリアに塗ってみてはいかがでしょう?
    いや、やはり衛生面での懸念ありでしょうか。

  2. りぃ より:

    こんにちは^^
    上の名無しさんのコメントに思わず笑ってしまいました(笑
    ほぼ100%天然オイル・・・なんか納得です。

    さて、私も先日脂漏性皮膚炎と診断されました。
    いきなり鼻の下(ほうれい線あたり)からあご下にかけてぷつぷつひりひりの真っ赤っかになったのです。
    こんなことは初めてでした。
    紫外線アレルギーもち且つ多くの化粧品にかぶれる肌質なので、何かにまけちゃったのかと思ったのですが・・・

    ニゾラールを処方され、薬剤師の方からも「長めに続けて塗ってください」と言われましたが一向に回復せず。
    ニゾラールにまけることもあるという情報を得て、塗るのをやめ、市販の皮膚炎の薬(抗生剤かな??)を塗ったら3日ほどで落ち着きました。

    肌が弱いって本当に大変ですよね;;
    旅行やお出かけでも、いつもと違う生活をすると肌が荒れるんじゃないかといつもびくびくしながらです・・
    化粧品も、合わないものが多すぎて本当に泣けてきます。
    合うものだけ使っていたら昔より肌が良くなってきましたが。。

    なんか意味不明なコメントですが・・
    もうすぐクリスマス!今は私は肌の状態はいいほうなので、このままもてばいいな><
    こずえさんもあと1週間ありますから!
    がんばってください^^

  3. さとぴー より:

    こずえさん、こんにちは。

    脂漏性皮膚炎という病気をこずえさんのブログを拝見して初めて知ったのですが、私も同じ皮膚炎なのかもしれません。鼻やその周辺がところどころ赤く炎症しているような気もします。。私も若いころのKSPのやり過ぎで、あの形まんまで毛穴が開いた状態です。そして私の場合はわざわざKSPを切って加工して、眉間の部分にも使っていました。そのため、眉間の間の毛穴も全開のまま形が残っています。

    ひどい時は、サングラス焼けのようになっていました。目の周りは白いのに、KSPの部分はまっかっか。。当時は会社の人に「逆パンダ」と実は呼ばれていたと後になって知り、ショックをうけました[絵文字:v-12]コギャルメイクだと思われてたみたいですが・・笑

    今はだいぶん色素沈着はうすくなりましたが、すっぴんだとやっぱり形がついているのがわかります。一度開いた毛穴も、なかなかふさがりませんね><

    あきらめずに地道にケアしていくしかないですね^^;

    クリスマスまでカウントダウン・・おたがいがんばりましょう~★

  4. kk より:

    こずえさん、こんにちは!
    いつも前向きに頑張っておられるこずえさんの隠れファンです。
    おすすめしたい治療法があるのでコメントさせてもらってもよいでしょうか?
    化学療法(西洋医療)で改善が見られない病気は、もしかすると精神面のケアで治療可能なものが多いそうです。
    いままで、努めて明るく、ポジティブに頑張ってこられた方は、無意識に自分の感情を溜め込みやすくなっていて、その溜め込んだ過去の感情というのが、身体に蓄積されて病気として表に出る様になる、という話を聞きました。そして皮膚炎の一部は、分離のストレスが起因などにあって、その感情(過去のトラウマなど)を癒すと症状は出なくなるそうです。

    ホリスティック医療の分野になると思うのですが、基本は東洋医学の「病は気から」に通じているみたいです。

    リズ・ブルボーの「自分を愛して!」という本には、どんな感情がどんな症状を引き起こすかが載っています。または溝口あゆかも対面セッションで感情解放をしてくれるセラピストです。
    即効性のある治療ではないかもしれませんが、失礼ながらも、こずえさんのお力になれれば、と思って紹介させていただきました。
    ステキなクリスマスになるといいですよね!応援しています。

  5. こずえ より:

    名無しさんへ

    名無しさんへ
    コメントありがとうございます★

    お身体の調子はいかがですか?

    > 『AKH35』でぜひユニットをお願い致します。
    > (AKH=赤鼻、35は年齢)
    制服姿で、途中までマスクしてかわいく歌う。
    途中でばーーーーっとマスクをとると皆赤鼻、さらにオバサンで観客目が点。
    そして真っ赤なお鼻の~をロック調で絶叫する。

    うー、痛い、痛すぎるっ(笑)

    > しかし、体内から湧き出る皮脂。という事は、
    > 『ほぼ完全100%天然オイル』かも知れません。
    www
    油田ですからねぇ、ピュアなセルフオイルですわ(笑)
    ま、いろいろと混じったり酸化したりで、どうなんでしょうねぇ。。。

  6. こずえ より:

    さとぴー さんへ

    コメントありがとうございます★

    > こずえさん、こんにちは。
    こんにちは☆

    > 脂漏性皮膚炎という病気をこずえさんのブログを拝見して初めて知ったのですが、私も同じ皮膚炎なのかもしれません。鼻やその周辺がところどころ赤く炎症しているような気もします。。私も若いころのKSPのやり過ぎで、あの形まんまで毛穴が開いた状態です。そして私の場合はわざわざKSPを切って加工して、眉間の部分にも使っていました。そのため、眉間の間の毛穴も全開のまま形が残っています。

    同士よ、切ない、切なすぎる同士よ!
    タイムマシンに乗ってKSPに熱中していたそいつを殴りに行きたいですよね。。。うぅ。。。

    > ひどい時は、サングラス焼けのようになっていました。目の周りは白いのに、KSPの部分はまっかっか。。当時は会社の人に「逆パンダ」と実は呼ばれていたと後になって知り、ショックをうけました[絵文字:v-12]コギャルメイクだと思われてたみたいですが・・笑

    ネタとしては最高です。次の毛穴呑みで是非披露頂きたいくらいです。
    しかし、切ないです。。。えーん。

    > あきらめずに地道にケアしていくしかないですね^^;
    ですね♪
    結局美肌に王道はなしです。

    > クリスマスまでカウントダウン・・おたがいがんばりましょう~★
    がんばりましょう~♪
    クリスマスって楽しいですよね~。ついつい飲みすぎちゃうけど(笑)

  7. こずえ より:

    りぃさんへ

    コメントありがとうございます★

    > 上の名無しさんのコメントに思わず笑ってしまいました(笑
    > ほぼ100%天然オイル・・・なんか納得です。
    名無しさんのコメントはいつも面白過ぎて腹筋がつかれますww
    でも、ほんと、ある意味ピュアですもんねw

    > さて、私も先日脂漏性皮膚炎と診断されました。
    おぉーーーのぉーーー。同士ですね。。。うーん。

    > 紫外線アレルギーもち且つ多くの化粧品にかぶれる肌質なので、何かにまけちゃったのかと思ったのですが・・・
    炎症一つとっても、紫外線なのか、化粧品なのか、ひっかいただけなのか、原因が複数だったりで、ほんと、複雑ですよね。。。敏感肌。

    > ニゾラールを処方され、薬剤師の方からも「長めに続けて塗ってください」と言われましたが一向に回復せず。
    > ニゾラールにまけることもあるという情報を得て、塗るのをやめ、市販の皮膚炎の薬(抗生剤かな??)を塗ったら3日ほどで落ち着きました。

    脂漏性皮膚炎って、お医者様にとっても治療しにくいと思うんですよね。。どんな意図で処方されたのかは分からないのですが。。。

    > 肌が弱いって本当に大変ですよね;;
    もう、とっても共感しますっ!
    ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、らーいーおーんだーっ!(分からなかったらごめんなさい)
    じゃなくて、ほんっとに辛いですよね。。。そしてどうしようもない感がせつない。

    > もうすぐクリスマス!今は私は肌の状態はいいほうなので、このままもてばいいな><
    > こずえさんもあと1週間ありますから!
    > がんばってください^^

    クリスマス、つるっつるの美肌で迎えたいわ~。
    とか言いながら、会社のデスクで食後のクッキーをぼりぼりやってる櫻田でした(笑)

  8. こずえ より:

    kkさんへ

    コメントありがとうございます☆
    お返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。。

    > いつも前向きに頑張っておられるこずえさんの隠れファンです。
    わー♪ ありがとうございますっ!
    最近は、女子から言われても、心からうれしいです(笑)

    > 化学療法(西洋医療)で改善が見られない病気は、もしかすると精神面のケアで治療可能なものが多いそうです。
    ・・・そうですね、、本当に、そうですね。。。

    > ホリスティック医療の分野になると思うのですが、基本は東洋医学の「病は気から」に通じているみたいです。
    心理学が好きなので、カウンセリングの本などよく読んでいたのですが、最近すっかり忘れていました。ありがとうございます。

    > リズ・ブルボーの「自分を愛して!」という本には、
    彼女のことは昔から知っていたのですが、なんとも刺激的なタイトルの本が多く、なんとなく敬遠してきた感があります。。。でも、まずは手にとってみたいと思います。

    > ステキなクリスマスになるといいですよね!応援しています。
    ありがとうございます!

    おかげさまで素敵なクリスマスでしたよ★