今週の櫻田9/13更新

今日の毛穴

スポンサーリンク

結婚式が終ってからたるんでいる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
バッハ君と暴飲暴食を重ねる櫻田の毛穴もたるんでおります。

2013/3/27の鼻の毛穴画像
201304132.jpg201304131.jpg201304133.jpg

2013/3/27の鼻の毛穴マイクロスコープ画像
20130413.jpg

これから美夏クリニックに行って来ます!
このままディフェリン+レーザートーニングを続けていいのか、
相談して参りたいと存じます。

諦めません勝つまでは!

で、その後は、、、、バッハ君と共通の友人とでイタリアン飲み☆
施術後でもすぐお化粧はできるんですが、
気心しれた仲間だし、ファンデナシの眉毛かいてチーク&ビューラー程度で、
がっつりオヤジ飲みの予定です、はい。

あ、いつものメイクとそんなに変わらない・・

ファンデって、肌に本当に悪いものなのか、日焼け止めという意味も兼ねて、
パウダー状のものだけでなく、クリーム状のものも塗った方がいいのか。
パウダリーファンデならともかく、純粋なパウダー状のものって、
どう考えてもムラ付きして、紫外線が防ぎ切れていない気がする。。

というお話も先生に聞いてみようかな。

ということで、行って参ります!

コメント

  1. tacora より:

    肌を紫外線と乾燥から守ってくれるファンデが

    こずえさんはファンデはいつも塗らないのですか?

    知らなかったです。
    充分お綺麗かと(^_^)

    わたしは歳を重ねるごとに、化粧を重ねない、
    だんだん薄くして行きたいので
    せっせと美容外科に通っています。
    無駄な悪アガキではないことを信じて。

    若いお肌は綺麗だからこそ、塗りたくろうが
    素肌だろうが綺麗なんですよね。
    でも歳をとるとねえ、、
    シミやら小じわやらできるから、気持ち的には
    塗り重ねたいのに、塗り重ねたらシワのミゾにはいりこんでしまうし
    時間経つとくすむし、だからって素肌なんて絶対無理だし
    どうしたらよいのでせう(´・_・`)

    で、美容外科頼みなのです。

    今のところファンデ代わりに
    ワイルドシルクの粉に自分で紫外線よけに酸化チタンとか混ぜて使っています。

    こずえさんもずっとずっと、悪あがき?笑しましょう。
    わたし一人ではたまにくじけそうになるので、、

  2. こずえ より:

    tacoraさんへRe: 肌を紫外線と乾燥から守ってくれるファンデが

    コメントありがとうございます★

    > こずえさんはファンデはいつも塗らないのですか?

    あ、いや、この時は照射直後だったので、塗らなかったんです。
    でも、「塗る」というほど塗っていません。
    朝、ほんの軽くブラシでぱうだりーをのせる程度です。

    > 知らなかったです。
    > 充分お綺麗かと(^_^)

    お出かけの時も、薄いですけど、
    毛穴パーティーの時は、若干力が入ります(笑)

    > わたしは歳を重ねるごとに、化粧を重ねない、
    > だんだん薄くして行きたいので
    > せっせと美容外科に通っています。
    > 無駄な悪アガキではないことを信じて。

    あーーーそれいいですね、賛成!

    > 若いお肌は綺麗だからこそ、塗りたくろうが
    > 素肌だろうが綺麗なんですよね。
    > でも歳をとるとねえ、、
    > シミやら小じわやらできるから、気持ち的には
    > 塗り重ねたいのに、塗り重ねたらシワのミゾにはいりこんでしまうし
    > 時間経つとくすむし、だからって素肌なんて絶対無理だし
    > どうしたらよいのでせう(´・_・`)

    そうなんですよね・・・
    崩れがひどくなる。
    若いころはリキッドのもりもりでも大丈夫だったのにね、ほんとですよね。

    > で、美容外科頼みなのです。

    そうそう、根本からきれいにしてほしいんですよね、多少お金かかってもいいから、みたいな。

    > 今のところファンデ代わりに
    > ワイルドシルクの粉に自分で紫外線よけに酸化チタンとか混ぜて使っています。

    紫外線との戦いは、さじ加減が難しいですねー。
    最近は本当に、紫外線の威力を脅す傾向が強くて、なんか、踊らされているだけな気も、ほんの少しするんですけど。。。

    > こずえさんもずっとずっと、悪あがき?笑しましょう。
    > わたし一人ではたまにくじけそうになるので、、

    しましょ、しましょ。私もひとりじゃめげるから、ネットの向こうで見守って、応援して、叱って下さい。
    そう、悪あがき、それ自体が楽しいのかもしれません(笑)