鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

体中の毛穴を乾燥から守る.1

      2015/10/29


北風ぴゅーぴゅー吹く今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
いつもあなたの毛穴と共に、櫻田こずえです。

本日は顔だけでない、カラダ全体のケアについて語らせて頂きます。


■ 乾燥から来るカラダのかゆみ、ありませんか?

櫻田はもともとアトピーなので、脇の下辺り、ひざやひじの裏は、
一年中何かしらの保湿剤的かゆみ止めを塗っています。

さらに、弁慶の泣き所辺り、パンツ及び腹巻エリアのお腹背中辺り、
ヒジ下から手までの部分は、この季節は特に肌が乾燥して、
サメ肌&粉吹き状態になり、かゆくなります。

乾燥肌だししょうがないのかなーと思っていましたが、
3年かかって、ようやくどうしたら良いのか明確に分かってきました。

何か薬を塗ったり保湿剤を塗ったりという、+プラスの方法ではなく、
引き算、-マイナスの方法が、櫻田には効果があったのです。

ま、これも根本的には角質培養の考え方です。

 全身のお肌を角質培養すれば、
 乾燥にも強い炎症やかゆみのない肌を作ることができるのでは?

というお話です。

<櫻田的結論>

・石鹸やボディーシャンプーはほぼ使わない。
・身体はスポンジやタオルではなく、手で洗う。
・シャンプー&リンスを使わない。
・肌に直接触れるものは、シルクかコットンのレースなし。
 (例外:勝負日)

#いきなり全部実行するのは乙女心に悪いのですし、
#さらに、櫻田には有効でしたが、他の方には有効とは全く限りません。


■ なぜ乾燥性のかゆみに角質培養なのか。

この時期のかゆみは乾燥が原因であることが多いです。
では、肌が乾燥するのはなぜでしょうか?

それは、肌のバリア機能が低下して、肌が水分を保持できないところに、
外気が乾燥していたり、風が当たったり、こすれたりするからです。


<肌のバリア機能>

お肌のお最も外側にある「角質層」が、
異物の進入や水分の蒸発を防いでくれています。

「角質層」は、「角質」がレンガ、「細胞間脂質」がセメントのようになって、
厚さわずか0.02mmの、しかし強力な肌のバリアを築いています。


「界面活性剤」を含む石鹸やボディーシャンプーは、
この「細胞間脂質」を溶かしてしまい、バリアを崩してしまいます。
乾燥しやすいお肌になってしまうんですね。

くわしくはこちら↓
毛穴と美肌と保湿 2. 5分で分かる肌の役割と構造
http://keananobaka.com/blog-entry-171.html


この「肌のバリア機能」を強化するには方法が2つあります。

 1.保湿する。
 2.バリア機能が高くなるよう肌を育てる。

保湿する、は皆さんされてらっしゃいますよね。
オイルやクリームを入浴後に塗ります。
櫻田はヴェレダのざくろオイルが大好きで全身に塗ってます。

ヴェレダ weleda :ざくろオイルレビュー(iherb)
http://import.sakuradakozue.com/weleda-pomegranate-oil-iherb/


でも、これって「対症療法」です。
塗った直後は落ち着くけれど、また乾燥して来て、、の繰り返し。

肌が乾燥する理由は「バリア機能が低下している」からだと気づければ、
そのバリア機能を高めてあげるようにすれば、原因療法、根本的な治療になります。
それが、「角質培養」です。

5分で分かる角質培養
http://kakushitsubaiyo.com/blog-entry-3.html


ちなみに、アトピー肌の人は、セラミドの生成に問題がある人がいるとか。
セラミドは「細胞間脂質」のメインキャラなのですが、
それがターンオーバーの過程で上手く生成できず、乾燥肌→痒みになるそう。

さらにちなみに、肌が乾燥する=バリア機能が低下する、と、
刺激に対するかゆみの闘値が低くなって、肌がかゆくなるそうです。


ということで、全身の角質培養って具体的にどうするの?


■ まずは、身体をスポンジやタオルで洗うのを止めてみて下さい。

皆さん顔は何で洗っていますか? 手ですよね?

このブログを読んで下さっている皆さまなら、
顔用洗顔ブラシを使ったりされないでしょうし、
洗顔後タオルでごしごし拭いたりすることもないですよね。

身体だって同じです、タオルでこすらず、手で洗って下さい。

肌をこすれば、角質をごっそりはがしてしまい、バリア機能が低下します。
ナイロン製なんて言語道断です。

皆さまの身体はキレイです。

重油にまみれて仕事をされていたり、土方仕事であれば別ですが。
汚れを落とさなきゃ、と思わせることで売れる商品が沢山あり、
そのために「清潔病」になるよう、CMや雑誌で刷り込まれているだけです。

身体はゴシゴシこすらず、手でなでるように洗えば十分汚れは落ちます。
足首より下やデリケートゾーン、汗をかく脇なんかは特に気になると思いますし、
背中の一部は手が届かないかもしれませんが、なるべく手で洗ってみてください。



ちょっぴり長くなってしまったので、次回に続く、とさせて頂きますっ!


 - 角質培養