今週の櫻田4/11更新

頭の「こぶ」摘出手術で剃毛を避ける病院の選び方★脂肪腫ではなく毛髪(毛包)嚢腫った

スポンサーリンク

頭の「こぶ」を摘出して、組織検査報告を聞きに行った櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

これにて一連の治療は終了となりました。

診察:手術の必要性の相談と日程決め
手術:トータル30分くらい
消毒:翌日必ず
抜糸:一週間後に抜糸
結果:(摘出した組織の)病理検査の報告

・手術翌日からシャンプーOK
・剃毛はごく一部でほとんどなし
・1ヶ月で傷跡はほとんど気にならなく

【2020.10.30】頭の「こぶ」は脂肪腫?粉瘤?脂腺嚢腫?神経線維腫?手術で摘出することにした
【2020.12.11】頭を手術して「こぶ」を摘出★脂肪腫?粉瘤?脂腺嚢腫?

手術前:

手術後約1ヶ月

若干赤い線が見えますが、ほんとキレイに戻ったし、なにより、周辺の髪の毛を剃ってないから、自然で全く目立ちません。

さらに拡大図

多分、シャンプーとカットだけなら、もう美容院行っても大丈夫かと。

カラーはもう1,2ヶ月くらい待った方がいいかな。

頭のこぶ摘出手術で「剃毛なし」にする病院の選び方

実は知り合いも頭に「こぶ」があるらしく、取りたいと相談を受けたのですが・・・今回手術をした虎ノ門が遠くて、5回も通院できないと。

ということで、先生に詳しく聞いてみたところ、

・外科は剃ると思います、髪の毛は汚いものと考えていますから
・形成外科は剃らないところが多いと思います
・形成外科でも高齢の医師の場合は剃る所が多いかも

最近の形成外科の教育現場では、なるべく剃らないで治療することを教えているとか。

先生:広範囲剃ったら、伸びるまで相当かかるし、大変でしょ?

お医者さんからそう言ってもらえると嬉しいけど、ワガママって怒られそうで、こっちからは言えない・・・。

外科と違い、形成外科は、機能的だけでなく「形態的にも改善」を目指すので、手術の成功だけでなく、その後の患者のQOL(Quality of Life)もケアする医療っぽい。

なお、整形外科は主に手・足・背骨などの骨・関節の異常を扱うそう。

あくまで参考まで!

「脂肪腫」ではなく「毛髪(毛包)囊腫」だった

おでこは「脂肪腫」でしたが、

脂肪腫:皮膚の下に脂肪細胞が増殖してできた塊

一方、頭に出来たのは「毛髪(毛包)囊腫」でした。

毛髪(毛包)嚢腫:毛穴の入り口で皮膚が角化異常を起こし、袋状構造物ができて中にいろいろ溜まったもの、らしい

いろんな日本語の病名があって、よく分からんのですが、英語名「Pilar cyst」だそうです。

毛穴が中心になってるワケなのね。

ひとまず、キレイになって一安心。

これで、髪をとかすたびに、髪洗う度に、ドライヤーかける度に「大丈夫かな~」とちょっぴりだけ不安に思うという、小さなストレスが消えました。

あぁほんと、手術して良かった!

手術して頂いたのは、宮田先生@虎ノ門
みやた形成外科・皮ふクリニック

脂肪腫の話はこちら:
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ1★摘出編
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ2★抜糸編
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ3★2ヶ月半経った
おでこに出来た脂肪腫とおさらばしましたレポ4★摘出2年後・傷跡や再発は?
おでこの脂肪腫を手術で切除した件のQ&A★何科?病院選び等