鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

ご質問にお答えします:ディフェリン本来の使用目的/オイルクレンジングと角栓

   

2018年8月になっても、このブログを書き始めた2009年1月から、毛穴について、少なくとも1日3回は考えている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

いやまあ、実際、1日5回くらいは、いや、鏡を見た回数だけ「この毛穴どうにかなんないのかな・・・」って思ってますけどね。

【宣伝】【JJULY】$20オフ!新規限定@アイハーブ〜8/2まで:リプライセル3,921円が1,503円!

でも、8/2の午前2時までなので、あと3時間くらいですが・・ご新規さんはめちゃくちゃお得で、リプライセルの試し買いにはおすすめです!

さて、まずは、引き続きMMさんからのご質問にお答えして参りたいと存じます。

ニキビに何年もディフェリン系の薬を塗ることについて

ニキビができ始めたローティーンのお嬢さんが、皮膚科でディフェリン治療を勧められたそうで、半年ほど使用されているそうです。

>何年もディフェリン系の薬を塗る事についてこずえさんはどう思われますか?

櫻田が「ディフェリンは痛めつける系だ」と記事(ご質問にお答えします:毛穴カバー方法と婚約破棄・どうしたら良いのかもう全くわかりません )で言っていましたが、その表現がMMさんの恐怖心を煽ってしまったように思い、反省しました。

MMさん、ごめんなさい。

(毛穴の)ディフェリン治療は「本来の使用目的から外れたもので、かつ、肌に負担がかかる可能性のあるものなので、おすすめしません」と書き直しさせて頂き、ディフェリンの記事にも以下追記しました。

ディフェリンはそもそもニキビ治療のための医薬品で、角質の生成を抑制する機能があり、角質層が薄くなるなど、肌には乾燥や赤みなどの副作用をもたらすことが多いなどのリスクがあります。むやみにニキビの治療以外に独断で使用するものではなく、医師の指導の元に使うもの、です。

さて櫻田は、ディフェリンのような、レチノイド様作用を有するこの医薬品の、正式な利用方法であるニキビ治療について、皮膚科医先生の指導をあれこれ言える、知識も経験もありません。

あるのは、ディフェリンを毛穴に使い続けたトンデモ経験だけです(最初は美容皮膚科医の処方でスタートしましたが)

ニキビ治療としてのディフェリンはこのサイトがとても詳しいと思います。ご参考まで。

疑問や不安があれば先生に直接ご質問されるか、ご心配・言いにくいならば、他の病院にセカンドオピニオンを求められることをおすすめします!

また、オイルクレンジングについて、Rさんからこんなメッセージを頂きました。

オイルクレンジングで角栓に悩んでいない母娘は特殊でしょうか?

私の母は、鼻に黒いポツポツ(しつこい角栓でしょう)が沢山ありました。本人も悩み、贅沢しない人なのに「エステかか何かに行ってみようか」など言ってました。私も正直「酷い・・・」と思ってました。

しかし、アトピーの友達に勧められ、H社の基礎化粧品を使いだしたら、不思議なほど黒いのが消え、何年たってもキレイなままなのです。母は「オイルクレンジングが効いたのだと思う」と言います。

私も、オイルクレンジングを含め、H社の製品を使い続けていますが、有り難いことに角栓で悩まずに済んでいます。

そこで疑問なのですが。こちらでも・他の角栓についての情報でも、
「オイルクレンジングは、角栓を悪化させる」
とあることです。

H社でも特に「角栓に効きます」と宣伝していないし・「効きました」コメントも見かけないですし。

私の母娘が、特殊なのでしょうか??

そんなことないですっ!・・

#H社の宣伝方針や、コメント欄については分かりませんので、あくまでネットの情報についてお話しさせて頂きます。

いや、むしろ我々が特殊です

えぇ、むしろ我々が特殊 なのであって、むしろそんなRさん母娘に嫉妬してるわけで!

オイルクレンジングであれ何であれ「角栓に悩んでいない」という状況が眩しいです。

さてその我々の特殊性ですが、「角栓」と一言で言っても、いろんなタイプの角栓がありまして、特に硬さ大さはほぼ比例していて、なんとなく3タイプ。

・ピンセットで「抜ける」レベルの大きな固形タイプ
・押し出すとニュルッと出てくるスライムタイプ
・毛穴自体の体積が小さく、液体というか、固形として認識できないタイプ

角「栓」と言うのは、スライムや液体タイプのことを、本来は指すものではないように思います。

ワインのコルク栓のような、こういう毛穴に蓋をするような角栓が、本来の角栓なんだと思うんです!・・・誇り過ぎですが。

このようなタイプだと、結論として何やったって、何やらなくたって大して良くも悪くもなりません。

やり過ぎケアも、やらなさ過ぎケアも、普通のケアも、それぞれ何年もやってますが・・・。

参考まで:毛穴の角栓の硬軟に関する考察★固い角栓はほぼ角質で出来ている

そんなメガトン級の角栓を持つ方は稀かと思いますが、このネットの「毛穴界隈」では、一般社会よりかなりの濃度で、メガトン角栓の持ち主の方が存在するようです。心強い!?

第一回天下一毛穴武道会★結果発表!

この毛穴ブログは、毛穴に悩んで、婚約破棄になったのは毛穴のせいだ!と荒ぶるくらいの人がその人体実験をずーっと書いていますが、そんな毛穴にオイルクレンジングは意味がないばかりか有害だと思っています(後述)

でも、もちろんそうじゃない方もいらっしゃる!

ってことはもうRさんだって重々ご承知だと思うのですが、櫻田だけならまだしも「オイルクレンジングは、角栓を悪化させる」というサイトや記事ばかりを目にされたので「私たちが特殊?」と思われたのだと推察しますが、それはこういう理由かなと思いました。

検索の仕方次第で情報は偏る

ネットでは、何をキーワードにして検索するかで、目にする情報も変わって来ますよね。

「角栓」って毛穴界隈では当たり前のように使われますが、わりと「何それおいしいの?」ってカタギの人には聞かれたりします。(ちょっと酸っぱいらしいですよ、櫻田は食べたことありませんが)

「角栓」という単語で検索をかけ、掘り下げると、ちょっとマニアックで偏った情報が集まるかな・・ということで、ちょっと検索してみたら・・・。

「オイルクレンジング」で検索したら、1ページ目真ん中くらいに「オイルクレンジングが肌に悪いは嘘!」っていうタイトルの記事が表示されました。1ページ目にも2ページにも「オイルクレンジングは悪い」という感じのサイトはなかったです。

「角栓・オイルクレンジング」検索でも、賛否両論いろいろあって、いいけど悪い、悪いけどいい、だからこれ使え(宣伝)など・・・どちらかがすごく偏っているということはないように櫻田は見えました。それは、世の中にはいろんな肌質の人がいて、スキンケアのアイテムや方法も、合う人合わない人がいることを考えると、わりと納得の状況だなと櫻田は感じました。

でも、アンチ情報の方が多少多いとも思いますし、Rさんは違う検索をされて「オイルクレンジングは、角栓を悪化させる」的な情報をたくさん目にされたのではないかとも思います。

老舗やトレンドの化粧品メーカーには、大人気のオイルクレンジングがたくさんありますよね。THR○Eさんとか、シューなんとかさんとか・・・それは、肌に良い、合う、汚れや黒ずみが取れる、とても良いと実感されている方がたくさんいらっしゃるからだと思います。

特に、エステや美容皮膚科に通われたことのない、ケアをやり過ぎていない方なら、ちょっとディープクレンジング的な効果のあるスキンケアを始められると、綺麗になる方は多くいらっしゃると思います。

検索の仕方で、目にする情報は変わって来るので、違う角度で検索されてみれば、オイルクレンジングが角栓に効くという情報も目に入ってくると思います!

アンチオイルクレンジングブーム

7,8年前かな、アンチオイルクレンジングブームがあったと思います、実際。

一方的に否定して、恐怖心を煽るだけのサイトがたくさんあり、今も残っているのも事実です。

それも、Rさんが疑問に思われた原因の一つだと思います。

その時はもっと、検索結果は荒れていたように思いますが、今は「アンチ・アンチオイルクレンジング」記事もたくさんあって、ちょっとホッとしました。

アンチシリコンとかアンチパラベンとか、最近はアンチカオチンとか・・・アンチブームってありますね・・・間違っているわけじゃないけど、仮想敵を作って煽るのは、櫻田を含めた情報発信者の悪いところです。

当時の勢いで書いたアンチオイルクレンジングの記事には、過去に訂正追記したり、合う人わない人もいるなど、そういった言葉も加えるようにしています。

角質培養ブログですが:クレンジングアイテム

でも、一記事だけ読まれた方に、櫻田の特殊性とか、あなたにとってはベストな情報じゃないかもしれないというのが、伝わらないな・・・とも思いました。「すべての人に当てはまるわけではありません」と、書きまくるのもどうかなと思うので、そういった表記についてはこれからちょっと考えたいと思います。

振り返るきっかけをくださってありがとうございます。

ご質問のお答えは以上になります。

ちなみにもし、お母様の角栓が「ピンセットで引っこ抜けるタイプの角栓」をお持ちでいらっしゃって、それがオイルクレンジングで目立たなくなったのなら、前のめりでお話を伺いたいですっ!

蛇足ですが・・・・なぜオイルクレンジングをすすめないのか。

なぜ我々にはオイルクレンジングがダメなのか

体質的、ホルモンバランス的に皮脂の分泌が多く、肌も固く乾燥しがちで、ニキビや毛穴に若い頃から悩んでいた、というのがスタートラインにあります。

さらに、「毛穴すっきりパック」を乱用し「黒ずみぽろぽろ取れるオイルクレンジング」でも解決せず、バリバリ・くるくるし過ぎて肌が弱り・・・・ありとあらゆるやり過ぎスキンケアをされて来た、ま、櫻田のような肌の持ち主って、ブログを書き始めて知りましたが、結構いらっしゃるんです。角栓育ってます、肌弱ってます。

体質&ケアし過ぎ

そういう方たちが角栓を取ろう(ケアしよう)とオイルクレンジングを使うと、大抵、1分も2分もくるくるとさせ(ま、どんだけ「クッション」成分が入ってても、こすってます)肌を余計に痛めているところに、オイルクレンジングに入っていることが多い、強めの界面活性剤で肌はダメージを受けます。

指先に角栓の凸凹が当たり、たまにそれが「ポロっ」と取れる感覚があると、我々はそこで「くるくる」するその手を止められなくなるのです。(むしろグッと指に力が入る

パチンコ中毒でパチンコ屋の前を素通りできない的なビョーキです←共感しにくい

まぁ、使い方が圧倒的に悪いよね。

なので櫻田は、どんなに高級な、素晴らしいと言われるオイルクレンジングでも、鼻の毛穴に悩む方にはオススメしません。あと、ついつい、レーザーとか、酵素とか、トレチノインとか、そういうのやっちゃう、スキンケアやりすぎ系の方にもっ!

ついでに言うと、大御所シュ○なんとかさんのも、人気のTH○EEさんのも、どんなに優しく使っても櫻田は肌にはハードだと感じるので使いませんけどね。皮脂持ってかれる感?なぜこれが人気?と思ってしまった・・・それは、櫻田が元アトピーで、敏感肌に寄ってるからかもしれませんが、それが好きという方もたくさんいらっしゃるのです。

それで肌が綺麗なら、その方にとってそれがベスト!

正解はいつも、自分の肌が知っているのだと思います。

毛穴と生存バイアス

いろいろ書いてたら書きたくなった・・・この記事実は10時間くらい書いてるんですが・・・半分僻みっていうか、愚痴になっちゃいますが・・・

角栓が何かしらのケアや薬、レーザーで本当になくなった方って、別に何も書かないし、人にも言わないんですよ、多分。以前そういう話が、毛穴パーティーでも出ましたけどね。

櫻田とか悩み続けている人が「レーザー当てても無駄だった」と言っても、そのレーザーを同じ回数当てて毛穴がきれいになった人はきっといるはずで、でもそういう人は、他の人にそれを言わないし、毛穴が凸凹だった時の自分を忘れたいから思い出しもしないで、毛穴界隈からいつの間にか去っていく・・・

残るのは「何も効かない毛穴を持った猛者」のみの情報という、生存バイアス地獄!

なので、毛穴に有効な情報は出回っていないだけで、本当はそういう方法とか手段があるんだ!まだ出会っていないだけなんだ!そして櫻田もひっそりこの業界から足を洗う日が来るって信じている・・・信じたい、毛穴猛者櫻田こずえでした。

あ、でもちょっと良さそうな情報もいただいたんですよ、ありがとうございます!

またご報告させてください!

 - ご質問にお答えします