今週の櫻田5/24更新

お鼻リフォーマーは黒歴史ではなかった?★鼻の軟骨の可塑性について

スポンサーリンク

櫻田が、こんなにも鼻の毛穴を気にするようになったのは、毛穴自体の大きさもさることながら、鼻自体が大きいことも、大きな理由だと思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

私の鼻、大きいのよとにかく。

今日は鼻の毛穴の話じゃなくて、鼻全体のお話です。

鼻が大きいから鼻の毛穴が気になる説

♪こ~ずちゃん、こ~ずちゃん、お~鼻がでかいのね
(ぞうさんの歌の替え歌)

と、小学生の時に男子に歌われた過去を持ちますキリッ!

これ、コーディネート撮影時の写真ですけど、引いて見ても、やっぱり鼻がデカいのよ、目立つのよ。

【美人ブログ】 コーディネート~自作レースのワイドパンツ~
#最近、櫻田の中で洋裁が大流行しています

黒歴史:お鼻リフォーマーハナハナ

で、そんな櫻田の黒歴史が、これまた美人ブログで赤裸々に語られております。

【美人ブログ】 団子鼻コンプレックス黒歴史:お鼻リフォーマーハナハナ

なぜこれを毛穴ブログに書かなかったのかしら。

えぇ「お鼻リフォーマーHana Hana」という、絶妙なネーミングの器具があるんですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハナハナ お鼻 リフォーマー ピンク HanaHana 〈 鼻 高く する 器具…
価格:880円(税込、送料別) (2020/4/6時点)

楽天で購入

 

で、それを買ったわけですね、鼻を小さくしたくて。

↓装着したところ

#ちなみにこの器具は「鼻を高く」というのは謳ってますが、「鼻を小さく」とは謳っていません。でも、筋が通ればシュッと見えるよね、という流れです。溺れる者は藁をもつかむよね、という流れです。

でもね、こう明記されてるんですよ。

「一時的なもので時間とともに戻ります」と。

そりゃそうだよね。

で、デート前にやったところで、

と分かり、泣き笑いしながら捨てたのですが・・・

黒歴史じゃなかった?鼻の軟骨は可変なのか問題

貴子先生の「鼻の軟骨は「圧」の影響を受けやすい」発言にざわつく

先日、マリソルを読んでいたら、あの有名な美人形成外科医の貴子先生が、こんなことおっしゃってまして。

幼少期から競技をしているアーティスティックスイミングの選手は、ノーズクリップでずっとつまんでいるので鼻がキュッと締まっていることが多い。
Marisol 4月号

その因果関係、ほんとですかーい!

「多い」っていう、ぼやかし表現がちょっと気になりますが、そうですよね、全員が全員とは限らないし。

そして、

1日10回、小鼻をくっつけるように鼻呼吸を意識し、鼻を引き締める習慣づけを。
Marisol 4月号

と、提唱されています。

とりあえず、あなた今やってみました?(笑)

櫻田も今、鼻から息を吸い込んだり、引き締めたりしながら、変顔でこの記事を書いています。

年齢高めのマリソル世代には難しいとしながらも、鼻の軟骨は「圧」の影響を受けやすいとおっしゃってまして。

↓お鼻リフォーマーの説明

「比較的柔らかい軟骨部」を補正サポートするプチリフォーマー・・・

あら、ハナハナ お鼻リフォーマー、黒歴史とか言わないで、続けておけばよかったの!?

ごめんなさい、もう鼻にティッシュは詰めません!

また、貴子先生、こんなことも警告されてました。

鼻の穴にティッシュや指をぐっと入れるのは小鼻を広げる原因に。
見えないからとマスクの下で鼻にティッシュをつめているなんてもってのほか。Marisol 4月号

いや、ここだけの話なんですが、お風呂に入った後、ティッシュで鼻をかんだあとに、残存感があれば、「こよりティッシュ」で残りを一掃し、スッキリー♪ してたんですよねぇ。

とりあえずこの日から「こより」は禁じ手にしました。

Marisol4月号の「鼻」も老ける、って本当ですか?特集

Marisolの特集、櫻田の考えとはかなり違う部分もありますが、何を選択するかは自分次第!

「週1の酵素洗顔で毛穴をつまらせない」、とか、もう聞き飽きてるし、やり飽きたし、

そんなんでつまらなくなる毛穴だったら、とっくにすべすべになっとるわ!というツッコミを入れつつ、参考になることもありました。

もしよかったら、そろそろ5月号出ますけど、どうぞ!

鼻を整える系のグッズの進化がスゴイ

ちなみに、アマゾンにはよりすごそうなのが売ってました。

他にも、鼻の穴に装着して、中から「高い鼻」にしていくという、拡大のリスクも伴う気がするデンジャラスな器具も。

やべぇ、そのデンジャラスなもの(左上の黒い細かいやつ)も含めてフルセットになってるの発見しちゃった、しかも880円・・・。

なんか、この「おまとめセット」って、どれも効かないことを、図らずも匂わせている気がしますが、鼻コンプレックスに取りつかれた乙女は、そんなことどうでもいい、一縷の望みにかけたい、鼻がすっとすれば人生変わるはずって思っているわけで。

ほんと、コンプレックス産業は永遠に不滅ですね。

「Center of the FACE!」という鼻の賛歌を発見★ガールズバンド:CHAI

いつかCHAIのライブ行きたいと思ってたのですが・・・またいつか!