鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?

鼻の毛穴の黒ずみや角栓と戦い、毛穴写真でレポし続けるアラフォー女のブログ。皮脂と涙の7年目。

毛穴にビタミンC誘導体

      2015/10/29


毛穴にぶちぶち吹き出物ができた櫻田こずえ26歳、おっと願望的ミスタイプ、36歳です。

10代の皆様のぶちぶちは、ニキビ、と呼ぶらしいですけど、皆様ごきげんよう。


先日事実上給与カットがあって落ち込み、上↑に広告貼らせて頂きました。。
ちらちらしたりして見にくかったらごめんなさい。本気で生活苦しくなりそうです。。。



ところで、脂漏性皮膚炎って、皮脂が分泌しまくるから良くないと。

  1.皮脂大量分泌→2.油分が酸化とか刺激とか→3.反応しやすい肌質→4.炎症→5.悲しい

ステロイド等のお薬は、3.反応しやすい肌質の、感度を下げるって感じだと思うのですが、
それだと、ほんと、対処療法なわけじゃないですか。
ということは、元々の原因となる1.皮脂大量分泌が止まればいいんです。

で、ビタミンCのイオン導入すると、皮脂の分泌が抑えられるって言うじゃないですか。
美容系のデータは怪しいものが多いけれど、ビタCの導入は学会での発表も実例も多い。
信頼している吉木先生もビタミンCのイオン導入推進派。
毛穴のケアでもビタミンCのイオン導入はよく使われますよね。

よっしゃ、それはやってみるべし♪

「ねぇ櫻田さん、そういえばプラセンタのイオン導入レポが1回で終わってません?」

痛いところ突いて来ますねぇ。。。ええ、そうです、1回で終わっています。
ちなみに、イオン導入自体は4-5回はやりました。
結果としては、イオン導入するたびに、鼻の頭の炎症が増えた、以上。

プラセンタが悪いのか、イオン導入の電子的?な刺激がいけないのか、
ぷつぷつぷつぷつ、湧き出るように鼻が炎症を起こしてしまったんです。
その度にローテンションになって、レポどころじゃない、という事態に。(言い訳)

そういう結果こそ、皆様に晒すべきなのに、今まで隠蔽しておりました。。。

で、ビタミンCは肌が乾燥しやすいというので、更に遠慮していたのですが、
テッカテカの鼻だったら、油溶性ビタミンCより、水溶性がよいかなーとか。
ヤフオクで落としたイオン導入器はあるし、とりあえずやってみることにしました。

皆さんきっとこう思っていらっしゃるはず。。。いや、櫻田も。。。

・ビタミンCは肌に刺激になるので、炎症中のお肌には禁物では?
・イオン導入器は肌に刺激に、、以下同上。


そんな心配を全力で置き去りにして、ビタミンC誘導体を購入することに。


化粧水や美容液に入っているビタミンCは、なんでもイオン導入できる訳ではありません。

・リン酸アスコルビル酸

この「リン酸型」がイオン導入できるビタミンCの基本です。
で、最近話題になっているのが、

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS:アプレシエ)


リン酸ナトリウム塩とパルミチン酸が結合しており、水溶性と脂溶性の両方の特性を持つ。
そのため浸透性が従来のリン酸型ビタミンCよりも高いらしいです。

いろんな成分に反応する櫻田のお肌なので、なるべく何も入っていないもの。。。
っていうことで、こちらに決めました。
自分で溶かすのだったら、何が入っているか明確だし、足し算引き算もできますよね♪

手作り系で一番気になるのは、肌に良かれと思って手作りしたのに、
防腐剤が不十分で変質してしまい、むしろ肌に刺激を与えてしまうこと。

ということで、こちらのキットを購入。300円だし。

手作り化粧品の保湿剤でおなじみグリセリンと、
櫻田の愛する美容液にも入っている、安全(だけど1ヵ月くらいが限界w)な防腐剤兼保湿剤、ヘキサンジオールが入ってます。
愛する美容液:モイスチャーマトリックスN

vitaminc1.jpg作成前のセット♪

vitaminc2.jpgボトルにしっとり補充液を入れて、

vitaminc3.jpg粉末のビタミンC誘導体を入れて、
(入ってねーよ、手にかかってるよ。。。)

vitaminc4.jpg精製水(ドラッグストアで100円で売ってます)を入れて、
シャカシャカするだけです。
常温で1ヵ月位持つので安心です。


えーっと、この先はまた次回。お腹すきました。。


 - 毛穴にイオン導入