今週の櫻田9/15更新

毛穴を小さくしてください@皮膚科

スポンサーリンク

先日皮膚科に行って参りましたレポです。

診てもらったポイント3つと、その回答を簡単をまとめると以下。
長いので、興味のない方は、ここだけ読んでください。

1)指先のしつこく治らないアトピー
 →合成洗剤をとにかく避けろ。

2)おでこのニキビ
 →髪を石鹸で洗え。

3)鼻の毛穴
 →毛穴は小さくならないけど、ビオチンで皮脂分泌は抑えられる。

-----

近所の大人気の皮膚科は2時間半待ち。
アトピーで2,3度診てもらったことがあるが、対処療法的であまり印象は良くない。
近所にお友達がいるわけでもないので情報もないから、とりあえずウェブ検索。

家からチャリで20分程の所に、小さな皮膚科を発見。
町の商店街の共同HPが一枚あるだけで、口コミも見当たらない。

でも、この文章にピンと来て。

 例えば、患者さんが『シミ』が原因で来院したとします。
 通院して治療を重ねれば元の素肌に戻ります。

 ただし、それでは完治したことにはならないのです。
 しっかりと原因を追求し、その原因を取り除かなければ、
 しばらくすると肌にトラブルが起き、また通院してというように、
 同じことを繰り返してしまうということになってしまいます。

 肌の悩みをお持ちの方、一緒にがんばりましょう!

これなら、とりあえずステロイド、みたいな診察はしなそうだし、
シミのことを書いている位だから、少しは美容にも理解があるかもしれない。
建物は古くて小さいけど、若めの先生だったりするのかな。。

ドアを開けると、そんな期待を裏切る、おじいちゃん先生が登場。
っていうか、受付がいなくて、あ、あなた先生も兼ねてるんですね、みたいな。。。
「病院」というより、「診療所」的雰囲気で、患者は診察室に一人のみのよう。

櫻田、不安になる。非常に不安になる。

ほどなく呼ばれて診察室に。
私の住所をカルテに書くも、何度も聞き直すので、ペンを奪って自分で記入。

櫻田、不安倍増。もう帰っていいですか。

1)指先のしつこく治らないアトピー

全身の発症から現在まで軽く説明して、質問タイム。

・シャンプー使ってる? →NO
・化粧水使ってる? →NO
・ボディーソープ使ってる? →NO
・食器洗洗剤使ってる? →YES

先生:シャンプー、化粧水も使ってないのは優秀だねぇ。
先生:ボディーソープは?(と質問しながら私の肌を触って)
先生:これは使ってない肌だね。石鹸だよね?

あー、言わなくても触れば分かるんだ、とちょっと信頼度回復。
それから、一通り皮膚の構造について、説明を受けました。
こうやって説明してくれる先生、好き。

先生:指のアトピーが治らないのは、指だけ合成の洗剤に触れているから。
先生:揚げ物屋じゃないだろう?これからは食器も石鹸で洗いなさい。
櫻田:えぇ。。。。。

そこに受付担当の奥様とおぼしき方が診察に割って入って来る。

奥様:手袋すればいいのよ、洗濯のときもね。石鹸じゃなくていいのよ。
櫻田:そうですよね、あー、よかった。ありがとうございます。

女性同士で一致団結、おじいちゃん先生若干しょんぼり。

・石鹸の知識

石鹸の分類には脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムとがあって、
カリウムはあんたには刺激になるだろうから、ダメだと。
で、IVORYはカリウムだからNGだそうで、(よく皮膚科で紹介されますが。。。)
普通の日本の石鹸はナトリウムだから大丈夫だそう。

ふ~ん、と、気になっていろいろと調べたところ、、

脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)固形や粉の石けん
脂肪酸カリウム(カリ石けん)液体の石けん

確かに食器洗い用液体石鹸や石鹸シャンプーには、脂肪酸カリウムと書いてある。

カリウムよりナトリウムの方が肌に優しいという記述は確かにあるが、
ナトリウムよりカリウムの方が肌に優しいという記述も同時にある。
さらに、肌への刺激は製法や脂肪酸の種類で決まる、との記述も。

うーぬー。

とりあえず、櫻田が大丈夫な石鹸「なるせのせおと」はナトリウムだし、
結局頭皮に刺激だった石鹸シャンプーはカリウムだったし、
ここはおじいちゃん先生を信じてナトリウム、というか固形を選んでみます。

そして、炊事・洗濯は、使い捨てビニール手袋100枚入りを、
以前よりも惜しみなく、どんな短時間の洗いものでも使ってます。

2)おでこのニキビ

先生:髪は何で洗ってるの?
櫻田:小麦粉シャンプー。
先生:は? 
櫻田:あーえー、お湯で洗ってます。シャンプーは使っていません。

おじいちゃん先生に説明するのが面倒になり、お湯でごまかす。

先生:石鹸で洗いなさい。そしたらおでこのニキビも減ります。

確かに、顔の皮膚と頭皮は一枚皮であり、
頭が脂ぎっていたら、顔にもじわじわ皮脂がたまってくると。

小麦粉シャンプーの洗浄力と、石鹸の洗浄力だと、そりゃあ石鹸の方が大きいだろう。

液体石鹸シャンプー(カリウム)じゃなくて、
固形石鹸(ナトリウム)なら大丈夫なのかなぁ。
うーん、信じるとかいいながら、半信半疑。

1週間とか10日とかで、固形石鹸シャンプー、実践してみたいと思います。
実は固形石鹸でシャンプーって、やったことないんです。

3)鼻の毛穴

櫻田:鼻の毛穴が詰まって広がっているのが気になるのですが、小さくなりますか。
先生:あー、そんなの気にしない。小さくならないから。
櫻田:そうですよねぇ、でも、皮脂分泌が盛んなのか、炎症もひどくて。。。
先生:ああ、皮脂分泌は減らせるよ。

櫻田:まぢですかっ!!!(ガタッ)
先生:ビオチンっていうのを飲めば、分泌は抑えられます。(きっぱり)

あまりにきっぱり言うおじいちゃん先生に、正直ホントかよ、、と思いつつ、
アトピー全盛期に、もし漢方が効かなかったらこの先生に賭けてみようと思った、
ドクター牧野(http://www.drmakise.com/atopy/)
もビオチンプッシュしたことを思い出し、多少納得。

ビオチン摂取時のいろんなことが、ドクター牧野のサイトにあって、
改めてサプリメントを見直してみようかと画策中。こちらも記事にしますね。

Wiki情報ではありますが、
「ビオチンにはコラーゲンやセラミド(細胞間脂質)などの生合成を高める働きがあり」
というのにも期待。基本欠乏することはないみたいなんですが、いろいろ奥深い、栄養学。

-----

ということで、ビオチンだけ頂いて帰りました。
いわゆる「お薬」的なものは一切出さず、ビタミン剤と指導だけっていうのも、
櫻田的には高感度大です。ちょっとよぼよぼ過ぎるのは気になるけれど。。。

しばらく通って、いろいろと質問、相談させてもらいたいと思います。
また、帰るときは、待合室に4,5人待っていたので、ちょっと安心しました(笑)

家に着いてHPを見直していたら、、

 近頃は、『化粧品』『石鹸』『薬』『日焼け用品』など、皮膚に直接触れたり、
 つけたりする商品が多くなっているのは確かです。

 それらの製品の良し悪しは言えませんが、
 使用する人の皮膚質によって結果が違ってきます。

今回の診察内容も、櫻田の肌質に基づいてのことなので、
誰にでも当てはまることではないこと、改めて記しておきますね。

ビオチンの効果や、石鹸シャンプーやら、次回の診察内容やら、
またご報告させて頂きますね。

その他皮膚科
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鼻の毛穴の黒ずみつまりに本当に効く対策とは?