今週の櫻田11/22更新

炭水化物を減らしたら・・・自分にとっての炭水化物の適量を知る

スポンサーリンク

かなりゆるめの糖質制限をしております櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

(炭水化物=糖質、食物繊維)

炭水化物減らしました

藤川理論に基づき、糖質を減らし(白米パン・麺類、お菓子を減らすよう心掛けようという指示)、タンパク質の摂取を増やして(主にプロテイン粉末ですが)おります。

・朝はヨーグルト、フルーツ、グラノーラ少々

・昼はパスタ70g程度+ゆで卵


(バッハ君は90gで櫻田は70g、計160gゆでてます)

・夜は白米50g程度

和食の煮物や炒め物は、砂糖やみりんの使用量多いので気持ち避けたりしつつ、イモ類も抑えるけど食べるし、糖質の多い人参やフルーツなども気にせず食べる、超ゆるゆる制限。

また、和食一辺倒でしたが、洋食は低糖質&高たんぱくだなと、洋食も増やしました。

おやつも食べますが、以前と比べたら半分くらいになりましたし、何より、プロテイン摂取の効果か、お菓子を暴食することが激減♪(つい食べ過ぎた日もありましたけど、過去の比ではない・・・)

「満腹」で皮脂分泌指令→プロテインでサステイナブルな「腹八分目」生活を!

炭水化物を減らしたら・・・約10年前のペリコーン革命二の舞?

で、先週まで2週間くらい、なんだか疲れる、疲労感が取れない、慢性的なだるさを感じていて、コロナ疲れかなと思っていました。

ちなみに、緊急事態宣言で家から出ず、運動は毎日こんな感じ。

・ウォーキング目標5,000歩(実際は今週1週間平均3,700歩w)
EZ DO DANCERCIZEを毎日20分→ラジオ体操第一&第二

ふと思い出したのは、10年近く前、3日間炭水化物を絶って、自転車乗ってたらふらふらしたこと!

【2011.04.09】ペリコーンで毛穴革命 3.2日目

懐かしい!ペリコーン!ペコリーン!

極端は禁物~♪

いや大して炭水化物を減らせてないんだけど・・・

食卓ブログを見れば、そんなに極端に減らしていないでしょ?ってなると思います。

櫻田こずえの食卓

そもそも夜ご飯にお米はあまり食べていなかったので、それほど劇的に減っていないはずですが・・・夜の白米50gも、その半分位しか食べていない日も多かったし、洋食の日のパンはフランスパン薄いの一切れ、ランチのパスタもバッハ君により多く盛っていた説も(笑)

実際、体重もちょっと減っていて、体脂肪は落ちるという、筋肉もちょっと落ち気味に。

美人の体型管理 2020年5月~ダンササイズでウエストが細くなってるはずだったのに

体重が44.1まで行った日もありました。

で、ここ2,3日、炭水化物の量を少し増やしたら、変な疲労感が取れて、エネルギーが戻って来たような気がしています。

糖質や炭水化物と身体の良い関係を築いて行こう!

炭水化物を極端に減らすことが良くないことは確かですが、摂り過ぎが身体によくないことも確か。

その適正量は人それぞれで、また、ホルモンバランスや運動量、ストレスなどによっても変わってくると思います。

だから、やっぱり炭水化物は必要なんだ!と元に戻すのではなく、

・これくらい減らすと良くないかも

・減らし過ぎるとこんな体感がするな

という、自分の身体についての学びを得た!と考え、微調整しながら、これからも炭水化物を控えて行きたいと思います。

砂糖は麻薬のような依存症を引き起こしますし(いや実際すでに引き起こされてます→過食嘔吐歴)、「糖化」によって体内から老化していきます(活性酸素や終末糖化産物の生成)。

これを機に少しずつ「砂糖中毒」から足を洗いつつ、たまにはアフタヌーンティーやパンケーキ屋巡りを楽しんで人生を謳歌する!

砂糖の言いなりになるのではなく、上手に砂糖とお付き合いできるようになろうと、決意を新たにした、という話でした。

毛穴をキレイにしたいなら、全身健康になるしかないのかも?